FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

食ロ左飯未呀?

急にふとサムに電話してみたくなりました。サムは香港からやってきた留学生。

理由?ただ思い立ったから。

もうずいぶん連絡取ってなかったし、今一体どうしてるの?と思ったら勝手に電話しちゃってました。

サムとはもう知り合って4年経つのか~、時の経つのは早いのぅ。携帯にかけてみると、すぐ出て、「ああ~!久しぶりー。」と元気そうな声。「今、時間大丈夫?」と断って、「食ロ左飯未呀?」と言ってみると、学生の傍ら、広東語会話の先生よろしく「せっじょーふぁんめいあー、ねー。食ロ左。」と即座にお答え。

「食ロ左飯未呀?」とは、「ご飯食べた?」って意味で、そういう意味があるのだけれど、ちっともそういう意味じゃない香港人独特の挨拶の言葉。会話を始める時、出だしに言うお決まりのフレーズなのです。慣れてしまうと何とも思わなくなってしまうけど、日本人からすれば、

「あ、もしもし?○○だけど。ご飯食べた?」
「うん、食べたよ。そうそうあのね…。」

こんな感じでさらっと冒頭に出てくるだけなので、ちょっと面食らうかも。こう言われたら、返事は「「食ロ左。」か、「未呀。」と答えるのがお約束。意味は、「食べたよー。」「まだだよー。」ここで日本人(聞かれた側と仮定して)だと、「ご飯食べたか聞いてくると言うことは、食べてなかったら、これからご飯でもどう?って誘ってくるの?」とか思いそうになるのだけど、これが全くそうじゃなく、ただただ話しの出だしに使うだけ、なのです。

学生として、毎日大学に通いながら、趣味のギターも日本に来てからもずっと続けていて、時々プライベートなオリジナルCDなんかも作ってる彼。時々その様子は彼のHPで見られるので、たまに見ては、「どんどんギター小僧になってってるな…。」と本文である勉学は大丈夫なのかしらと思っていたら、それは杞憂でした。

つい最近、車の免許も取得し、もう3年生の課程は無事修了したとのこと。春からはもう4年生か!就職もちゃんと考えていて、春からは就職活動も頑張らなくちゃ、ですって。

つくづくサムはすごいと思ったひとときでした。ちゃんとやるべきことをやって、趣味にも打ち込んでいたなんて、真面目だわ、全く。わしにゃ無理だなー(苦笑)。

そのうち車でも買ったら、京都に遊びにおいでね~、サム。
Theme: - Genre:

| Incidents | 22:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/982-64a46336

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT