FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Coffee shop

携帯の機種変をした後。
ちょっとうろうろあちこち回ったので、一休みしたくなりました。

四条に来ている時は、決まって行きたいお店があります。

場所は四条寺町、藤井大丸の脇。ここ寺町は京都のプチPCショップタウン(プチ以前の規模だけど)で、京都駅そばのソフマップに行けない時はよく来ていたのです。ある日、お店とお店のすき間にレトロな看板が出ているのに気付きました。

御多福珈琲

書体も懐かしい、むかーしその辺にちょこちょことあったようなたたずまいの喫茶店。
路面店でなく、お店とお店の間(本当にすき間、みたいなのです)に狭い階段があり、ここをとんとんと降りていくと、そのお店はあります。

出来たばかりのお店で真新しい内装ですが、全体的に昔からあるような純喫茶そのもののつくり。雰囲気は昔の電車の座席のような。さりげなく網棚なんかあったりして。

昨今流行りのカフェ、ではありません。あくまでも純喫茶。同世代であろうと思われる、もみあげがトレードマーク(笑)の若いマスターとその奥さんとの2人でちんまりやっておられる、すごくすごく狭いけど、すごくすごく居心地のいいお店。

いつだったか初めて行ってみた時、そのマスターの感じの良さがすっかり気に入ってしまって、以来、時間があると、ちょくちょく行っちゃいます。

最初行くようになった頃は、行くたび、狭いのに、あまりに空いていて(要はヒマそう)で、オープンしたてなんだろうけどすぐなくなっちゃわないかな、なんて余計な心配をひそかにしてたら(失礼なわし)、何度か足を運ぶうちに、だんだんお客さんも増えてきて、どうやら軌道に乗ってるんでしょうな。でもすごく居心地がよいので、あまり繁盛されてもなー、なんてチョトわがままなこと思ってしまったり。

今日はカウンターに座ったので、マスターの淹れるコーヒーの手つきが一部始終よく見えて、すごく勉強になりました。メニューにもよるけど、その場でさっと豆を挽いて、丁寧にドリップしてました。うちも早速いろいろ真似させていただこ。

んでもって、ここのコーヒー、なかなか美味しいのです(ノ∀`)

しかも今日は、すぐそばに座っていた常連さんらしきおにーさん(もちろん面識なかったです)が、フィナンシェを焼いてきて(お菓子屋さんなんだそうで)、その場にいるお客さん全員にどうぞ、との嬉しい申し出が。わしらもありがたくいただきました。美味しかったー。

今のところ、お休みの水曜にしか行けないけど、ここのお店はなくなっちゃったら寂しいなー。
今度はいつ行けるかな~。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 20:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/974-e4410a89

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT