FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Pedigrees

相方と牛丼で遅めのランチを取っていますと、「ピンポーン。」あら、何かしら。

自営の方ならおわかりでしょうが、商売柄何かといただき物も多い上に、自宅が職場というこの環境で、個人的な買い物も通販やネットショッピングの多い我が家ですので、「郵便局でーす。」とか「宅配でーす。」とインターホンで言われても、心当たりのない時なんか、内心実は時々結構めんどくさかったりします(6 ̄  ̄)ポリポリ

相方が受け取りに玄関に出ますと、配達の人にも「お宅ってお荷物多いですね。」とか言われたらしい。ま、しょうがおまへんな。

手にしている物を見ると、何だか大きい封筒。ん???何それ。

「えらい偶然!靚靚とこと阿龍のとこのブリーダーさんから血統書送って来たー!」

うわー、そや、そんなん送るて言うてはったわ。せやけどすっかり忘れてたがな。靚靚を迎えに行ったブリーダーさんと阿龍を迎えに行ったブリーダーさんとこはもちろん接点はありません。いやしかし、同じ日に一度に届くとはなー。まぁ面倒なくて結構やけども。

早速中を拝見。むうう、やっぱ阿龍の方は立派ですのぅ。猫関係の団体で一番権威のあると言われているCFAに登録(世界中で通用するナンバーで、事実上、猫の戸籍と言ってもいいぐらいの確かなものです)してあると、こんな大層な血統書なのなー。ほえー。

ロシアンブルーですと、TICAという団体も有名ですね。阿龍もここの登録ナンバー、あります。

血統うんぬんより、元気で健康でいてくれるのが一番です。血統書の見方としては、向かって左から順々に、両親、祖父母…と続き、上に書いてあるのが父猫、下が母猫。赤字で書いてあるのはチャンピオンホルダーということ。阿龍を迎えた時点でブリーダーさんから散々聞かされてたけど、阿龍ママ側の方…全部赤字だよー。

阿龍パパもCFAナンバー持ちだけど、差は歴然…。

まるでどっかの姫君がちょっとワルな下男とかとうっかり出来てしまった、みたいな感じですのぅ、阿龍の出自。

ぱっと見、こちらの方が豪華に見えますが…。んでもって靚靚の方。聞いたことのない団体発行の血統書だけど、あら意外。ショーに出してた子がいたのねー、しかもグランドチャンプホルダーやないですか。ここのブリーダーさんから全くそんなこと聞いてなかったぞ。いわゆる素人ブリーダーさんみたいだったので(ショー目的とかでない、繁殖させては仔を売るのみの)、内心、どういう親猫なのか心配だったのです(耳折れなど身体的特徴のある種は、先天的に異常があったりすることも多いと後から知ったので)。でも血統書の内容を見て、ちょっと安心しました。

阿龍の方は、発行団体がCFAだけに最初から額入りで送ってきたけど、靚靚の方は普通に折りたたんで封筒に入ってたから、こっちもフレーム買って来て額入りにしてあげよっと。
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 17:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/972-67f80607

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT