FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

On my shoulders

今天的阿龍。

なぜだかわからないけど、どうも相方よりわしの方に懐いてくれてるようで(これはこれで嬉しいけど)、わし一人、部屋にいたりすると、「んなな、んなな。」としゃべるしゃべる。

だ~か~ら~!
おまいさんの言ってること、わしわからへんてば(^^;;

んでもって、わしの場合ですと、阿龍は靚靚の時より抱っこを嫌がらず、むしろ肩の辺りとかに頭をぐりぐりこすりつけてきたりするので(ヒゲが鼻の辺りをサワサワしてこそばいのなんの)、「おうおう、そうかそうかヾ(^^ )ヨシヨシ」とひとしきり、阿龍のナデナデしてぇんポイントの、ほっぺたや耳の後ろをしばらくさすりさすりしてやりますと、うつろな半目になって、のどの辺りがぐるぐるごろごろ。

…と、ここまでは猫とその飼い主の平和なワンシーンなのですが、阿龍は気分がよくなると、もう人間のナデナデだけじゃ我慢できない~!!状態になってしまい、途端に靚靚めがけて一直線。

なぜ靚靚?
阿龍は今じゃもう靚靚チュキチュキ大チュキ猫になっちまったのであります。

大抵その頃靚靚は人間のベッドでまったりくつろいでいたり、うたたねしていたりするのですが、そんなのおかまいナシに、靚靚のお腹に顔をうずめ、

おっぱい!おっぱい!ちぅちぅしたい~ヽ(`Д´)ノ

となってしまうのです(-_-;)。よく飼い猫の中にはいくつになっても、感触のよいぬいぐるみや毛布などを前足でふみふみし、ちゅうちゅう吸ってしまう猫がいますが、一説には、「かなり早い時期に母猫と引き離された猫がよくやる。」と言うんですね、この行為。確かに前足でふみふみして、ちゅうちゅう吸うというのは、仔猫が母猫のおっぱいを吸う時の仕草です。

しかし…、阿龍の場合はどうなんでしょう。
我が家の事情もあり、うちに迎え入れた時は既に5ヶ月でした。ブリーダーさんから譲っていただいた仔だったので、それまでの間、ずっと母猫の元にいたのにも関わらず…。

5ヶ月と言えば、とっくに離乳して、仔猫用と言えど、普通にドライフードもカリカリ食べてる頃です。

阿龍の生まれたブリーダーさん宅でも、迎え入れる直前まで、しょっちゅう母猫のおっぱいをちゅうちゅう吸っていたらしく、しかし阿龍のママはキャットショーがあるので、ブリーダーさんもいつまでも一緒に置いておくわけにいかず、やむなくケージに入れていたりしたそう。

ブリーダーさん、阿龍を向かえに行った時、「ママがすごく消耗するので仕方なく…。」と言ってたっけ。

うーん、愛情不足からくる行動とも思えないのだけど…、一体阿龍には何が足りないのかしら。健康的にも問題ないとはかかりつけの獣医さんもおっしゃってくれてたし。謎だー。

飼い主1年生のわし、時々不安になるですよ。

それはさておき、甘えん坊ぶりはもろストレートな阿龍。そこがとても可愛らしくてわしとしてはたまらないのですが、この頃、新たな甘え方を覚えやがりました(;´▽`A``。

それはわしがしばらく部屋を留守にしていて、そしてわし1人で戻ってきた時、じゃないと見せないのですが、部屋に戻ると、まずトイレのチェックなどをするのですが、そこでトイレを使った形跡があると、その場にしゃがみ込んで片付けていると、「んななな~。」と鳴いたかと思うと、ひょい、としゃがんだわしの背中に飛び乗ってくるのです。

や、いいんです、そんなことぐらい。ああ、懐いてくれてるなぁ、と思ってますから。

しかし飛び乗った後、頼むからそこで香箱を組むな!

猫に詳しくない方に補足しておきますと、香箱を組む、と言うのは、猫が前後足を体の下にきっちり折りたたんで座るスタイルのことをそう言います。箱座り、なんて言ったりもします。
この香箱、足を全てたたんでしまうので、咄嗟の時にすばやく動ける姿勢ではありません。なので外敵のいない、安心している状態の時にやる動作なのです。

や、安心してくれてるのも嬉しいです。飼い主としては。

けれど、そんな余裕なポーズ取られたら、わしが動かれへんっての!!

「おい、阿龍、わし隣のトイレ片付けたいねん、ちょっと降りてーな。」懇願したところで意に介せず、ご満悦に「うなな?」

結局阿龍を乗せたまま、中腰でそろーりそろーり隣のトイレへ…。

ただでさえ腰痛持ちなわしの腰はそのうち阿龍に壊されそうな気がします(-_-;)
結局、無理やり降ろせず(降ろしてもまた飛び乗ってくるから)、阿龍の気が済むまで、中途半端なおんぶ状態でいるはめに。

今日もやられました。今日なんて後頭部の辺りにしがみつき、前足をおでこに食い込ませる有様。爪を出してこないだけまだいいんでしょうけど、さすがに顔周辺はヒヤヒヤします。

そのうち阿龍を肩車とか出来るかもしれません。その時は急いで相方に証拠写真を撮ってもらうことにします(´ヘ`;)

それにひきかえ、靚靚のマイペースなことったら。
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 07:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/950-ebba0c35

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT