FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

My opinion

猫飼い初心者なのにも関わらず、最初の猫、靚靚を迎えてから、3ヵ月ほどで2匹目の猫、阿龍を迎えたことで、あちらこちらで、つがいにするの?と言われました。

…とんでもない。

確かに雌と雄なので、深く考えずそう思われた人もいるでしょうし(そう言われたことを何も気に留めてないです)、ちょっと猫種のことを知っている人など、

スコティッシュフォールドとロシアンブルーのミックスってどんな仔になるかしら?

と興味半分で言ってきた人もいました(これも別に気に留めてないです)。実は正直、最初に来た靚靚があまりに可愛くて、「この子の子供が見てみたいな。」なんて誘惑にも駆られたこともありましたし、阿龍を迎えることにした時も、何も考えず、のほほんと、

この子たちの仔だったら、ロシアンフォールド??

なんておバカなことを考えたりしておりました(恥)。ブルーの被毛に折れ耳?まぁなんて可愛らしいのかしら、と、単純に無知なまま、そう思ったりもしました(否、今も無知には変わりないですが)。

でも、仮にこの2匹のカップリングがうまくいって、仔を成したとしましょう、彼らの本能に任せておけば、この先何年もの間で何十匹もの仔が生まれるわけです。その仔猫たち全員の命にとてもじゃないですが責任持てません…。だからと言って捨て猫にするなんて考えも全くありません。もしつがいにしてしまえば、生まれた仔は里親を探して引き取ってもらう方向になるでしょう。でも、その里親になってくださった方全員が、引き取ってくれた仔の一生の責任を持ってくれるのかまではこちらでは把握しきれないでしょう。結果、結局無責任だったりするかも…。

じゃあ、1度だけ生ませて、後は避妊手術、去勢をすればいいのでは?

一瞬そういうことも考えました。でも、一度でも自然の摂理を知ってしまった彼らからそれを取り上げるのはどうでしょう。膨大なストレスに思われるのです。全ての猫がそうではないそうですが、避妊、去勢をしても、発情する猫もいるんです。発情しても、体が機能しない。彼らにその理由はわからなくても、何か自分の体が不自然だぐらいは感じるのではないでしょうか。

避妊や去勢はただの人間のエゴだ、そう言う人もいます。
でも家猫です、彼らは。野良育ちならまだしも、人間の家で生まれ育ったのですし、家猫となった以上、野良として生きていけないのですから、確かに人間の都合なんでしょうが、その代わり、その猫の一生の責任を負うのは飼う側としては当然かと…。

ここは心中複雑なのですが、彼らには、生まれて初めての発情期が来る前に、処置する予定です。病気でもないのに麻酔をかけられて、確かにとても気の毒です。でも、この処置をすることで、かかりにくくなる病気もありますので、飼い主としては気を確かに臨みたいと思います。



まだ、同じ猫種で雄と雌を飼っていたら、もしかしてこの今の考えは、もっとぐらついていたかもしれませんが…。

素人が安易に純血種同士かけあわせるものじゃないと思います。どんな仔が生まれるか予想もつかない繁殖は危険すぎますし。交配に関しては、その道のプロ(ブリーダーなど)がいるんですもの、お任せしないとね。
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 20:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/887-63d0b2b7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT