FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Cat fight?!

時間を追うごとに、阿龍はその持ち前の?図太さを露呈し始めています。

猫種の違いをまざまざと見せ付けられているのですが、本当にスコってばスコってば…、

運動神経悪いですね(-_-;)

阿龍は男の子というのもあり、なおさら活発なんでしょうが、靚靚が行けそうにない高さをいとも軽々とヒョイヒョイ飛び上がって、こちらをビックリさせてくれます。

初対面だった10月初旬でも驚かされたのですが、靚靚と違い、とっても筋肉質。あ、靚靚に筋肉がないわけじゃないんです。普通猫って、触ってみると、筋肉のすぐその上の皮膚がたるんでいるので、捕まえる時など、背中をむぎゅ、と掴んで抱き上げられるのですが、阿龍は、その皮膚のたるみらしいものがあまりなく、つまめないのです。

全身、みっちりと密度の高そうな筋肉で覆われていて、とても締まったシャープですらっとした体格。その動きは豹やチーターのようにしなやかです。抱き上げると、見た目のわりにずっしり重たいです。

阿龍を抱っこしてから靚靚を抱き上げると、それはもうふわふわのふにゃふにゃに感じられて、本当に靚靚の方がお姉ちゃん(実際生まれたのも1日早い)なのかなぁ?って感じがします。まだまだ仔猫っぽい。

心配の種だった、阿龍の排泄行為も、今のところどうにかクリア。環境の変化という、大きなストレスの真っ只中の彼なので、とても心配だったのです。大も小もばっちりでした。猫はおしっこが止まると、あっという間に具合が悪くなりますので、やきもきしておりました。


で、時々靚靚のいる部屋に連れて行くのですが、今日ついに、

大運動会&決闘

をやらかしてくれました(-_-;)。ある意味、阿龍はかなり精神的に余裕が出たとも言えるのですが、これがウワサに聞く「猫の運動会」なのかー、と半ば唖然としてしまいました。

お前らしまいにゃバターになるぞてな感じで部屋をぐるぐるおっかけっこ、立ち止まったかと思うと、「フギャアアアアアアアア!!!!」と猫ボクシング。バっと互いの体が離れたかと思ったら、またぐるぐるおっかけ(以下同文につき省略)。

人間の家生まれの猫同士ですし、ケンカ傷のせいで何かしらの病気になる可能性はほとんどありませんし、双方の爪はちゃんと切ってありますからそう深い傷になるとも思えません。ですが万一、猫パンチがどちらかの顔面にヒットして、目でも怪我したら…と思うと、当面とてもじゃないですが、人間の目の届かないところで彼らだけにしておけないです(汗)。

しかし靚靚のように日頃おとなしくて、人間に対して凶暴なところを見せない猫でもやっぱり野生が残っているんですね。どう見ても体力的にかないっこない阿龍に果敢に猫パンチを繰り出し、飛び掛かり、口を横にニ~ィっと開けて犬歯をむき出しにして、フギャアアアア!シャアアアア!と、それはそれはおてんばなこと。

相方がそれを見ながらずーっと実況解説しておりました(爆)。

靚靚、すっごい見直したぞ!
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/877-c5277fe1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT