FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

出発!

いつもの旅行なら時間ギリギリまで支度に手間取っていたのが、今回は自分でも気持ち悪いぐらいあっさりさっくり済んでしまった(なのでバゲージの写真とか撮ってる余裕があったのです)ので家を出る時、何だか落ち着かず。

9時から診察のいつもの獣医さんに9時ぴったりに靚靚を預けるために、是が非でも8時半までには家を出なければ。

8時過ぎ、いともあっさり車に全てのものを積み込む。

やばい、なんかスムーズすぎる。わしのことや、絶対どこかで何か重要なことを忘れてるに違いない!!(焦)

何度も何度もパスポートのありかを見る。むむ、ちゃんとある。現金は最悪どっかにやってしまったとしてもクレジットカードさえあれば!!むむ、これもちゃんとある。

ええい、これらさえあれば最悪の事態は免れる。もう開き直るか!

キャリーケースに入れられて、いよいよどこかに連れて行かれる靚靚が「んにゃぁぁぁぁぁ」と鳴き続ける中、出勤ラッシュでそれなりに混雑している京都の街を一路獣医さんのところまで。時間に余裕を持って出たおかげで、途中コンビニに寄ることもできました。いつもならそろそろ夢の中な時間ですが、今日はこれから飛行機に乗るまで寝られないのでひとまず朝ごはんを調達し、海外ATMでも使える新生銀行の自分の口座に現地で現金が足りなくなった時のため、残高を追加し、これで(自分の中で思いつくだけの)旅の準備が終了しちゃいました(でもまだ不安)。

さて無事獣医さんとこに到着。9時には少し早かったですが、看護士さんがそろそろあれこれお仕事を始められた様子がうかがえたので、ちょっと時間の早いのを丁重に詫びて、靚靚をお願いしました。看護士さん、さすが猫の扱いにも慣れていて、動物病院ってだけでますます落ち着きをなくしていた彼女をヒョイと抱き上げ、首根っこをぐりぐりぐりぐり。途端に靚靚はなんだかおとなしくなりました。ここは病院なので預ける時、一切何も不要なのですが、それでも念のため、食の細い彼女のために、普段食べているフードと、お気に入りのおやつを小さいタッパーに入れ、万一トイレの粗相があるかもしれないと、彼女のトイレの砂を一掴みビニール袋に入れておいたやつをひとまとめにして、託しました。

さあこれで後は空港に向かうのみ。急いで車に戻り、いざ関空へ!でも靚靚の鳴き声が耳についてしばらくこっちも泣きそうでした(^-^;

相方が一番懸念していたのは実はここから。
道路状況は日によって違います。なので渋滞が読めないから、時間の決まっている飛行機の場合、今回のような場合、ちょっとタイトじゃないか?相方の考え、とってもわかります。

確かに普段ガラガラな道だとしても、事故渋滞なんかもあり得るわけですし、正直これは賭けでした。今まで何度もバスやタクシー(結局車ってことでほぼルートは同じ)で関空と自宅を行き来しましたが、いつもほぼ定刻に到着してましたので、きっと今回も大丈夫なはず、と…。

ヒヤヒヤしつつも、無事名神に上がれ、どうにか阪神高速も流れておりました。大阪市を過ぎた辺りで道もガラガラになりました。すいすいといいペースで関空に向かい、到着したら、11時!やったー!

あー、ひとまずこれで一段落。駐車場も青天かと思ってたら屋根付き駐車場に停められたし、事前に手配しておいた連絡橋と駐車場代のセット割引もちゃんと出来ていたし。チェックインしてちょっとヒヤリ。予定よりフライト時間が早まっていたのです。今回は所詮、結果オーライに過ぎないですが、予定通りに着けてほんとよかった…。飛行機って時々時間が早まることがあるのが難儀ですよね。遅くなる分には乗り遅れることはまずありえないけど、「何時の飛行機だから~。」とギリギリの駆け込み搭乗だったりしたら、ヘタすると間に合わないこともあるわけで。

そんなこんなで、セキュリティチェック後、出国カウンターを抜け、ついに搭乗ゲートへ。
今回のキャリア、ノースウェスト航空は初体験です。楽しみだなぅ、ワクワク。
Theme: - Genre:

| My Suitcase | 11:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/850-08f6780f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT