FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Urinalysis

まったくもって、普段と様子の変わらないうちの阿龍ですが、やっぱり気になるので、かかりつけの病院に連れて行きました。

前日、「かくかくしかじか。」と電話で先生とはちょっとお話してありましたので、受付に行くと、「今日は阿龍ちゃんの尿検査ですね。」と看護師さん。

「おしっこを採って、持って来てもらうだけでもいいですよ。」とのことでしたが、病院が開いている間におしっこを取れるか確実でなかったので、阿龍には可哀想で申し訳ないのだけど、病院で採ってもらって、即検査、という運びでお願いしてありました。

私は女だし、いわゆる尿道カテーテルは入れたことがないのもあって、今一つピンと来ないのですが、うちの夫はやはり男同士?というのもあってか、股間がゾワゾワすると言っておりました。

さていよいよ順番が来ました。まずは体重チェック。順調にじわじわ減量できていて、現在ほぼ4キロ!おおお。いい感じ。体重チェックしてくれた看護師さんも、「わぁ♪くびれてきてますね(*^-^)b」と嬉しいお言葉(や、元々太ってはないし、寸胴でもないんです、阿龍は。でも少しダイエット出来てきてて、なおさらくびれてきた感じなのです)。

今日は院長先生が診てくださいました。先生は阿龍の胴体部分を丁寧に触診し、「あら、あんまりおしっこ溜まってない感じですね、でも一応やってみましょう。」と言い、準備が始まりました。

まずエリザベスカラーをつけて、看護師さんが下半身を、上半身は夫が保定した状態で、股間に局部麻酔をして、カテーテルを入れていきます。思いのほかさっさと処置は済み、みるみるカテーテルにおしっこが流れてきます。先生が、「あ、もうこれぐらいですね、やっぱりあまり溜まってないみたいです。」とおっしゃって、ここで採尿はおしまい。管を抜き取って、早速検査です。どうも今日は待合室に猫の患畜がいたせいか、阿龍、やたらと気が立ってます。よしよし、よう頑張ったなーと、なでなでしてみますが、今日の阿龍はすっごいイライラしてるみたい。

しばらくして、先生が戻ってこられ、検査結果を教えてくださいました。

ガーン…。
ほんのちょっぴり、結石が見られました…(´Д⊂グスン。
ですが先生曰く、「これぐらいですと、結石持ちの猫の溶解後、って感じの程度です。」とのことで、今早急に、何かしらの処置をしないといけない状態ではないらしく、食餌に関しても、別に専用の療法食を出さねばいけないほどでもない、そういう診断結果が出ました。

今慌てて何かしてあげないといけない、そういう状態ではないとのことですが、やっぱり飼い主としてはショックですね…。

空腹時のおしっこのペーハーチェックでアルカリに傾いていないので、じゅうぶん健康な状態と言えるみたいですが、気は抜けない、そういう状態が、今の阿龍…。

もうこれで確定です。いつも欲しがるし、とても美味しそうに食べるので、時々あげていた、猫用煮干も猫用カニかまも、あげることはできないですね。海のものはいくら猫用に処方されていても、やっぱりマグネシウム(結石の原因の1つ)が結構な量、含まれているので、あげないに越したことなさそうです。

先生曰く、「これぐらいの結晶なら、雌猫ならば、放っておいても、尿道が詰まることはまずないです。」とのことで、同じようにおやつをあげていた靚靚が何ともないのは、納得できます。

猫トイレの砂にほんの少し、「キラっと光ったもの」があったのは、どうやら私の見間違いではなかったようです。

しかしごはんさえ気をつけていればこれ以上ひどくなることはなさそうなので、これではっきりしたわけでもあるし、飼い主としてはかなり気持ちが楽になりました。

阿龍、もうお前の好きな煮干は食べられないけど、その分、代わりに体に負担をかけないおやつを考えるから、我慢してね。
Theme:動物病院 - Genre:ペット

| Mew Mew | 20:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/83-3c69c85c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT