FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

英雄

もう民放で放送されたんですなー。早っ。

映画館にも観に行ったし、DVDも観たけど、やっぱりまた観ちゃいました。

民放、しかもゴールデンタイム。大物映画はまず間違いなく吹き替えになります。
映画を観る時は、オリジナル音声+字幕なのがお約束のわしですが、テレビで放映する分にはしょうがないわけで。

でも、吹き替えの時の声優さん(役者さんだったりもしますが)のイメージも、結構楽しめますよね。むしろ吹き替えのイメージの方が先行してしまって、それしかもうイメージが浮かばない、ってパターンもあったり(刑事コロンボとかジャッキーチェンとか)。

というわけで、ストーリー的にはじゅうぶん既に堪能済みだったので、吹き替えを楽しもうと見入りました。



はぁ(ため息)。マギー・チョン(←チャンともチェンとも。発音的には『チョン』かな?いろんなメディアで表記バラバラ/張 曼玉)、やっぱり美しい。アジア女性の白い肌に赤い紅、っつーコントラスト、たまりまへん(この前観た、『LOVERS』でのチャン・ツィイーでもそうでしたな)。

何度見てもきれいやわぁ…。

さて、吹き替えの声なのですが。
わし、声優さんって疎いので、その世界では有名な人なのかもしれないけど、主演の『無名』や、鑓遣いの『長空』、剣を極めた書家の『残剣』、秦の軍によって殺された趙の国の将軍の娘、『飛雪』は、まあそんな感じかなぁ…と思ったけど、残剣の侍女、チャン・ツィイー演じる『如月』の吹き替えは…、正直萎えました(-_-;)

コムスメですよっっ、如月も中の人のチャン・ツィイーも!!

なのに熟女ばりのしっぶい声。実際のチャンの声とはずいぶん遠い感じで、全然乙女ぽくなかったのが、ひっじょーに残念でした。

ただ、民放で放送するにあたって、ずいぶん字幕とは台詞回しが変えられてるのは、全体的に、まあよかったと思いましたです。特に、歴史物、皇帝が出てくるようなお話しですと、皇帝の物言い、周辺の人間の物言いなど独特なので、字幕の時より、特に秦王のしゃべりがかなりスムーズに耳に入ってきたですよ。

ほんと、この手の映画の字幕や吹き替えのせりふ付けって、訳すの大変だと思う(^^;)

しかしエンディングの映像が苦手なので、終了5分前ほどでテレビの前から退出しちゃいました。

あかんなぁ、わし、やっぱ尖端恐怖症やわ(-_-;)

Theme: - Genre:

| Movies & Dramas | 23:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/807-a497f558

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT