FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7/4(Wed)Brazilian foods


さて、この前の休日、映画を観た帰り。

ムエタイつながり(爆)、ブラジル料理で晩ごはん。
なんでブラジル?タイ料理じゃなくて??

ブラジルは格闘技王国なのです。カポエラ(Capoeira)っつー、ブラジル独自のマーシャルアーツもありますが、ムエタイを極めてる人もいーっぱい。相方が必ずテレビ観戦するPRIDEにも、ブラジル人でムエタイやってる人、かなりおります。格闘技が好きな人なら、細かい説明などせずとも、すぐさまピンと来るでしょう(笑)。

ブラジル料理は、わし、何度か食べに行ったことあります。もう10年以上前になるのかな?シュラスコ(CHURRASCO/ほんとは『シュハスコ』、と発音するんですよ~)とか流行ったような気がします。あっという間に定着せずブームは終わってしまいましたが、これも何度か食べに行った記憶が。

以前友達にブラジルからの帰国子女っつー人がいたので、その人と食事をする時、よく食べに行ったんです。暮らしていた頃のエピソードや食べ物いろいろの話しを聞いたりしながら。

てなわけで、ネットであらかじめ見つけておいたお店へ。

この手のお店は多分盛況じゃないだろうな~と思いつつ入店すると、やっぱりそうで(汗)。まあ今日は水曜だしね、と意に介せず店内を進んでいくと、日本語の上手なブラジルのおにーさんが「お好きなところにどうぞ。」とご案内。適当なテーブルに座り、ブラジルつーたら、やっぱこれでしょう、の『カイピリンニャ』をオーダー。さとうきびで作ったピンガっつーお酒のカクテル。甘くて口当たりいいんだけど、調子乗っちゃうと腰砕けになりそな、ラテンなお酒です。

相方と、「トニー・ジャーの肘に乾杯!」とまずは一口。うひょー、ライム効いてて美味しい!
やばい、気をつけなきゃ飲み過ぎそう。

さて食べ物もいろいろ頼みます。



ひとまず出だしはパルミットのサラダ。パルミットとは、椰子の芽のこと。見てくれは、何だか白い魚肉ソーセージみたいですね。食感や味は、ホワイトアスパラみたいかな。



これはパステルという、いわばブラジル風揚げ餃子。ここのお店、中の具をトマトやひき肉、チーズと選べてこれにはびっくり。以前いろんなところで食べたパステルは、そのどれもが一緒くたになったものだったんです。でもここのお店に来て、その一緒くたになったものが、『パステル ミスト』っていうものだとわかりました。ミスト=ミックス、ってことなんですね。揚げ物だし、たくさん食べられないので、このミスト、の状態のものをオーダーしました。



これはブラジル風スパイシーポークソーセージ。友達は確かこれのことを『リングイッサ』と呼んでたような…(もううろ覚え)。シュハスコだと定番ですね。
シュハスコ専門店ではないので、ここのお店では、カットされてお皿に盛られた状態でしか、シュハスコは味わえなかったのですが、専門店ですと、このソーセージ、長ーい串にぶすぶすぎっちぎちに刺されて、テーブルに運ばれてきます。で、持って来た店員さんに、「いくつちょうだい!」って言うのが楽し。ラテンなおにーさんだと、ここで、「えー!!まだ食べるの?」とか「はいはい、どんどん食べて(やたら皿に入れてくれたり)」とノリもよく、冗談言われたり、ちょっと遊んでくれたりします。
今回いただいたソーセージも、以前食べたものと同じように肉汁たっぷりで美味しかったです♪

ソーセージの写真だけ、妙に明るいのは、これだけフラッシュを焚いたからです。
かなり薄暗い店内でして、次々来る食べ物を毎回フラッシュ焚くのはかなり勇気が要りますわ(トホホ)。なので先の2枚がやたら暗いですが、ご勘弁くださいm(_ _"m)ペコリ

あと、ブラジル料理だと、有名なのがフェジョアーダ。ご存知の方も多いかも。フェジョンという黒豆のシチュー。見た目全くおぜんざい(笑)。カレーライスのようにご飯にかけて食べる一品。初めて目の前にした時の衝撃は忘れられません。

「ええ!おぜんざいをご飯にかけて食べるの?」

でも食べてみるとあっさりしてるんです。豆にご飯、そしてブラジルではポピュラーな、芋の粉(タピオカでんぷん)を振りかけて食べますから、そりゃもういともあっさり満腹になれるメニュー。あと、大抵のメニューに共通しているのですが、お酢、岩塩、唐辛子を漬け込んであるオイルで味付けするだけのものばかりですので、味わいはとってもシンプルです。

他にも、もっちりもちもちのポン・デ・ケージョ(ポンがパン、ケージョがチーズ、すなわちチーズパン)もまさか焼きたてが食べられるとは思わず感激。美味しいんです、これ。あちち、あちち、と言いながらぱくぱくいただきました。

いやー、思いのほか、かなり本格的なブラジル料理をいただけて満足。
まさかここ京都でこんなお店があるとは思っていなかったのでびっくりです。

しかしさすがにもしあるならぜひとも食べたかった『ピラニア』はなかったのでした。
見た目結構怖いんですが(尾頭付きで丸ごと出されるので)、すっごい美味しいんです。やっぱ神戸に行かないと食べられないのね…。っつーかまだあるのかしら、そのお店(^▽^;)

Theme: - Genre:

| Incidents | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/756-b1e3a75a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT