FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

7月28日(三)標殺令


いきなりおっかないタイトルです。biu saat ling、ビルを殺せ。

そう、KILL BILLです。久々に水曜の休日、レンタルビデオ屋で、DVDを借りて観ました。
去年の映画ですし、もう観た人もかなりいるんじゃないでしょうか。既に第2作目もとっくに封切られてましたし。

実はいろいろと予定していたことがあったこの休日だったのですが、前回のわしみたいに今度は相方がバテていて、結局昼間の予定は何も出来ず。双方、ここんとこ疲れが溜まってるのでは?と、夜になってから焼肉屋にて食事を取ることに。久しぶりにしっかりお肉食べました。うまかったぁ。

その後、ここんとこ休日のお約束で、銭湯にてさっぱり。今回は以前も行ってみてなかなかよかった、某スーパー銭湯へ。露天風呂そばに置いてあったデッキチェアの居心地がよすぎてつい、うたたね。かなり相方を待たせてしまいましたです(6 ̄  ̄)ポリポリ

その後、帰りがてら、TSUTAYAに寄り道して、数本適当にレンタルしてきたわけなのです。

久しぶりのカウチポテトっつーわけで、コンビニにも寄って、おやつとかも買い込み準備万端。さあいよいよ鑑賞タイム。

ひとまず借りてきた中から「踊る大走査線~レインボーブリッジを封鎖せよ~」を観ました。ドラマと変わらず、見やすくて楽しめる内容で、これはまず、まあまあよし。やっぱ深津絵里は、ふにゃ~っとしたキャラより、こういうシャキシャキきびきびしたキャラ(冷めた顔して、眉毛つり上げつつ、『青島君~?』みたいな感じの)がわし好みだのぅ…などなど思いつつ、終了。

さて時間的にもう1本観れそう。てなわけで選んだのがこれ、標殺令。KILL BILL。

うーん、R指定ってのはよーくわかりました(汗)。残酷なシーンばっかだよぅ。
スプラッタ映画か?と思えるほどの流血シーンが大量(ネタバレですな…)。

でもさすがタランティーノのオナニー映画(爆死)っつー内容もよーっくわかりました。
自分の好きなものを「これでもか!」と詰め込んであります。嗜好丸わかり(爆)。

一昔(ニ昔?)前の香港アクション映画が好きな方は、オープニングでノックアウトでしょう(笑)。

そういう出だしなのに、やれ深作欣ニだの、そういうこれまた日本の少し昔のヤクザ映画からもネタをもらった、ってシーンもてんこもりで、よくまあここまでやらかしてくれたな、っつー印象です。

観終わって、エンドロールを眺めていたら、製作スタッフ、アジア人ばっかり!(日本人らしき名前もいっぱい!)
そんなに日本人スタッフがいるのに、なぜルーシー・リュー演じる『オーレン・イシイ(日本人と中国人のミックスでなおかつアメリカ育ち?っつー設定)』の衣装があんな滑稽なんだよー!
誰かチェックしたれや~、言うたれや~。

だって、襲名?シーンでの衣装は、日本人の目にはどう見ても喪服(本来なら、留袖じゃなければいけないハズ、なのに黒い着物に黒い帯、黒い帯締、なのにどういうわけか、裾の方にちょっとだけ柄アリ←多分いろんな映画観てごっちゃになったと思われる)、ユマ・サーマン演じる『ブライド』との決闘シーンでは、何と昔の死装束(姐さん、のはずなのに、どういうわけか、白一色の『中振り袖』←わしの中ではアリエナイ)。はてなマークがわしの頭の上に飛びまくりました。

着物をあまり着ない人にはイマイチわかんないかもだけど、ルーシー・リューの着物ったら、なんと中振り袖に関わらず、着流し!!!もっとアリエナイ(爆)

正しく言うと、着流しというよりは「着尺」で着付けられておりました。着尺とは、女性の場合、必ず「おはしょり」と言って、腰の辺りでで一旦着物をだぶらせて着るのですが、これをしていないってことです。なので着流しみたい、っつーわけです。

日本人製作スタッフの中のだーれもが、そこにはつっこまなかったのですね(汗)。
うーん、もしかしたらタランティーノも何かしら意味があって、そういうふうにしたのかもしれないけど、こんだけ日本のいろいろ、を押し出していた映画だったんだから、惜しいな。

てなわけで、近々「ラスト サムライ」を観てみたいと思います。

Theme: - Genre:

| Movies & Dramas | 07:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/748-90df60f3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT