FC2ブログ
  • 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

回憶的大排(牌)[木當](當)


下に投稿した、蕃蛋を見ていたら、香港への思いがむくむくと。

ああ、大排(牌)[木當](當)のごはん、ごは~~~~~んo(>_< *)(* >_<)o ジタバタ

大排(牌)[木當](當)

ちょっとわかりにくい表記ですが、()のところは、この字を使って表記されることもあるという意味、[]のところは、日本にない文字なので、木偏に當、で1字だと思ってくださいね。
だいぱいどぉん、って感じに聞こえる発音です(相変わらずわしの耳では、なのでいい加減です)。

バラック?プレハブ?みたいな大雑把な作りの固定式屋台(でもテーブルも置かれている)のことを、香港ではこう言います。
餃子の○将、なんて比にならないほど小汚いですが、メニューも豊富でお値段も食材を選ばなければお手頃、場所によれば、日本人なんて滅多に来なくて空気がかなりローカルでしかもちょっと危なげ?な感じにディープで、わしのようなイチビリにはもってこい(汗)のお食事処であります(爆死)。



結婚前、仕事の絡みで単身香港に行くことになり、ふらっと入ってみた、旺角はネイザンロード西側の大排(牌)[木當](當)。その前に相方との旅行でこういうところでの食事は既に経験済みだったけど、あまりに食べたものが美味しかったので、前回の店ではなかったけど、それらしかったので行ってみたら、やたら雰囲気が違っていて、勢いでだーっと入店はし、そこのにーさんに言われるままテーブルに座っちゃったけど、正直「しまった!!えらいとこ来てしもた!!」とものの1秒で後悔。

どっから見ても日本人旅行客、しかも女性単身、突き刺さるような視線を一斉に浴び、いや~~な汗を3年分ぐらいどっとかきつつ、メニューを見ながら2、3、食べるものを注文。香港での食事で、わしには欠かせない『油菜』も、当然メニューに載っておらず(これはどこでもそんなもんす)、持っていたメモ帳に『油菜』と書いたら、

「あぁ?油菜?何の油菜がいいんよ?」

てな顔をするにーさん…。まぁ、香港の人は、菜っ葉の種類を指定して、油菜をオーダーするから、こういう対応はアリなんだろうけど…、心臓ばっくばく。頭真っ白になりそうになりつつ、「わし、頑張れ!!超がんばれ!!」と自分に言い聞かせ、『西生菜』とメモ帳に書いてみたら、


あっそ、レタス?( ´,_ゝ`)ヘイヘイ


っつー顔で、厨房らしきところに引っ込んでいくにーさん…。
寿命が縮むかと思ったですよ(ああ、わしもたいがいヘタレやのー…)。

その時頼んだのが、蕃茄炒蛋(下にも書いた、『蕃蛋』のこと)。映画で見かけていて、ずっと食べてみたかったのです。たまたまメニューにあるのが目にとまり、指を指して注文。そして頼んだものがずらずらとテーブルに運ばれてきました。お腹も空いていたし、どれも美味しそう!!さっきまでの緊張は一旦横っちょに置いておいて(ゲンキン)、早速いただきます。

お、美味しい~~!!
レタスの油菜は、どこで食べてもまあこんな感じに美味しい、って感じでしたが(それでも好物なので嬉しい)、蕃茄炒蛋がこれほど美味しいとは!!先にもらっていたサンミゲル(香港でポピュラーな安いフィリピン産ビール)をぐびぐび、ひととき幸せでございましたヽ(´ー`)ノ

さっき注文を聞いてきたにーさんがすぐ近くでずっとわしの様子をうかがっておりまして(珍しかったのかな?)、「好味!!」と言ってみると、ニヤニヤしつつどっかに行っちゃいました。

食べ始めると、ずいぶん気持ちも落ち着いてきて、食べながら、店内の様子をうかがう余裕も出て来ました。すると…。

とっても露出度の高いファッションのお化粧濃い目の小姐が、入れ替わり立ち代り、出たり入ったりしているのです。しかもその誰もが、とてもこの場に慣れた雰囲気で、ふら~っと来ては、テーブルに座り、お化粧を直しながら、携帯で誰かとしゃべってたり、小姐同士も顔見知りのようで、しばしうだうだと雑談に興じていたり。別に何か食べ物を頼むわけでもなく…。

すぐさま、ピンと来ちゃいました。
どうやら日本で言うところの風俗嬢のようですね(;´Д`A ```
お客の相手をしてない間はどうやらここの店でひまつぶし?待機?しているようです。

はっと気付くと、女性だけの客ってわしだけ。普通に一般のお客もいましたが、女性のみってのはいない…。


そりゃ「けったいなのキター」ってな感じで、ジロジロ見られるはずだよぅヽ(`Д´)ノ


しかし食欲にはしっかり従って(自爆)、食べられるだけ食べました。
1人で来るには、この手のお店って、ポーション多めってのはわかっていたけど、まあ食い散らかしてもアリな土壌というのもあって…。

食べたかった『白灼蝦(エビをボイルしたものをちょっと辛いタレで食べる←すっごい美味しい)』にはありつけなかったけど(メニューになく)、なんかすごい貴重な体験したかも?と思いつつ、お会計し、店を後にしました。

後で、香港人のサムにその店のことを話してみると、やっぱりそういう店でした(汗)。

「旺角で、ネイザンロードの西側??そういう店(=ピンク営業)多いよー。なんで澪佳、そんなところに1人で行くの?」

逆に聞かれて困ったです(ノ∀`)アチャー

念押しで、「ってことは、あの辺りにいた小姐は『鶏』ってこと?」と聞いてみると、

「澪佳~、なんでそんな言葉知ってるのー、でも、そういうこと。」ですと。
あちらのスラングで風俗嬢のことを『鶏(がい)』って言うんです。でも映画にあったからなー、それ。

ちなみにいわゆる『ホスト』のことは、『鴨(あっぷ)』ですよん(←これも映画から知ったけど)。



ヒヤヒヤしたりドキドキしたりしても、やっぱり香港は楽しい!!
うう、香港が不足しておりまする(´ヘ`;)

Theme: - Genre:

| My Suitcase | 07:40 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

イチビリがゆえ、こういうことになってしまうんです(恥)。
でも屋台系は食べ物がすごい充実してるんです。
根が食いしん坊なので、つい興味が出てしまい…。
とってもチープなものから、その辺のレストランばりの値段のものまでいろいろで、怖気づいてるんですが、食欲に勝てず…、なのです。
ちびさんもぜひ次回香港に行く機会がありましたらお試しくださいね!
連れ回される観光ツアーにしか行ったことない人に、かなりえばれます(爆)

| reika_kazykazy | 2004/08/07 19:13 | URL | ≫ EDIT

すごいっすねー澪佳さん。。そんだけできたらヘタレちゃいますよ、充分勇者ですわ。
いいなぁいいなぁ、この投稿は読んでるとおなかが減る。
一緒に香港に行く機会があったらそういうお店に是非連れてってくださーい

| hohocha | 2004/07/27 12:42 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/745-c3dca741

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT