FC2ブログ
  • 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

6月17日(四)去到牙醫


投稿出来てるうちに、連投しときます(自爆)。

昨日も、例の歯医者への通院日だったので、ちゃちゃっと行って来ました。
どうもここんとこ、治療中の歯が、じんわり痛む気がしていたのです。激痛ではないにしても、物を食べたりしている時、その箇所がなんとなく痛む、そんな感じで。

もうほとんどこの頃では痛みを感じなくなっていたのでホッとしてたのにな。

ここでこれを黙ったまま今までの治療を続行してもらうわけにもいかず、先生に「やっぱりなんか、ちょっと痛い気がします…。」と申し出てみると、

「あ~らぁ、痛むの?いい感じにお薬効いてたみたいだったのにねぇ、ひとまずこれ、ぐーっと噛んでみて。」

と、脱脂綿を丸めたものを患部に当て、言われたとおりに噛み締めてみると、やっぱりじんわり痛い。「痛む?あー、やっぱ痛いの(´・ω・`)」先生、ちょっとしょんぼりしつつ、「また根っこにお薬入れていくね、今度こそこれでいけると思うんだけど。」と相変わらずの優しい口調。なんか妙に申し訳なくなってきたり。

今回は、先生お取り込み中だったようで、急遽代わりの先生が続きをやってくれました。見ると助手さん?って感じの若い女の人。でも助手さんたちと違い、この女性は白衣を着ています。今までこの歯医者さんでお会いしたことなかったので、もしかしたら新人の先生なのかな。

しかし、この歯医者さん。女性陣はみな、変な意味で丁寧なのね(゚Д゚;)
前回の助手さんの時もそうだったけど、今回の女医さん?も、

「はい、風当てまーす。」とか、「はい、ちくちくしまーす。」←さっぱり意味不明

何かをやる前に上記のような言い方をなさる。いやそれがだめとかやめてって言ってるわけじゃないけど、妙に脱力するんですなぁ、大口開けたままやけども。

今日も前回同様、歯の根っこにお薬をぷすぷす注入しておしまい。
聞くと、そこに通ってる神経を殺す薬なんだとか。これって虫歯治療なのかしら。

イマイチ虫歯治療がどういうものかいまだ理解出来てないまま通院を続ける澪佳なのでした。

Theme: - Genre:

| Incidents | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/723-f8e7974a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT