FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

May I help you?


もう日付は昨日のことになりますが。

いつものようにお店番をしていると、外国人のオジサンが1人でご来店になりました。
うちの銭湯は場所柄観光地なため、通年、外国人のお客様も時々お見えになります。

ひとまず「May I help you?」と。すると初見で日本語は全くダメ、って感じがしました。うわー、ドキドキします。大丈夫かな、わし。

するとオジサン、入り口の下駄箱を指差し、

「財布はここに入れるのかな?」

と聞いてきました。さすがに下駄箱をセーフティボックスと勘違いした人は見たことありません。これにはこちらもビックリ。

「Sorry, That locker is shoes only.」うーん、テキトーだけど通じてくれるか?ドキドキしつつ言ってみると、「あ、靴だけなのね、わかったわかった。」と財布を下駄箱から取り出すオジサン。「350yen, one person.」と言いながら、発音に全く自信がないので、手元のメモに「¥350」と書いて見せつつ。オジサン、コインでぴったりお支払い。ふー、ひとまずOK。

その後、脱衣場のロッカーの空いている1つの扉を開けて、「ここ使ってください」というジェスチャーをしつつ(もうパニクっていて、何て言ったらいいかわからなくなってるわし)、脱いだものをまとめておけるカゴを「Your basket, please.」とか言って渡してみたり。どこまでも緊張しまくり…。

一旦そこで番台に戻りました。冷や汗出まくり、心臓ばくばく。

すると、バスタオル1枚になったオジサンがまたこちらに来て、「このタオル、持ったまま入っていいのかな?」(多分そういう内容)と聞いてきました。うーん、困ったぞ。何て言ったらええんやろ。困った顔してると、どうやら「あ、だめみたいね。」と悟ってくれたようです(゚Д゚;)。でも、「持って入れるタオルがないよ。」らしきことをおっしゃるので、「This towel is 40yen.」ともう半ばヤケクソで、貸しタオルを差し出してみると、「It's OK.」と受け取って、風呂場の方へ入って行かれました(;´Д`A ```

ふーっ(´ヘ`;)
しばらく番台で一息ついてると、サウナに入ったさっきのオジサンが、いつもうちに来てくださる常連客の1人とおしゃべりしてる様子が見えました。おお!あのお客さん、英語達者なんだ…、思わず自分の不勉強を自覚する瞬間です。サウナの中の物音は、外には一切漏れることありませんので、どういうお話しをされていたのかはわかりませんが、表情だけ見てる分には、談笑、って感じでした。ひとまず(´▽`) ホッ

やれやれ…としばらく番台に座っていると、またオジサンがやってきました(ドキドキ)。
「石鹸もシャンプーも持ってないんだけど、ある?」みたいなことを言っています。1回分使い切りの石鹸とシャンプーを持って行き、「どちらも30円。」と言うと、またもや「OK, OK.」と言って、風呂場の方に戻って行かれました。

ううう、こういう時のための、カンニングペーパーが欲しいな、作らなきゃな、なんて、番台であれこれ考え事をしていると、またオジサンが!Σ(- -ノ)ノ エェ!?コンドハナニ?

「トイレはどこかな?」(多分こんな内容)ですって。
ああ、トイレね、はいはい、Bathroom...と言いかけて( ゚o゚)ハッ!!
待って待って!英語圏の人には、トイレ=Bathroomだけど、


うち、ぜーんぶBathroomやんか!!_| ̄|○だって風呂屋だもん


一瞬とんでもなくパニクって(激焦)、アワワワ!ってなったけど、ええいままよ、開き直るしかないぜ~、と、

「Restroom?」

と言ってみたところ、「そうそう、それ。」とおっしゃるので、「Follow me, please.」と手招きし、トイレのドアを指差して、「This way!」と言ってどうにか事なきを得ました。

もう心臓が口から飛び出そう(-_-;)
しかも他の常連のお客さんが、「お、若奥さん、頑張ってまんな。」とかチャチャ入れるもんだから、余計テンパっちゃってもう倒れそう!

そうこうしてるうち、義母さんと交代の時間になり、「今外国人のお客さんが来てはります。後で100円もろてくださいね。」と申し送りをしていると、そのオジサン上がってきて、「さっきの全部でいくら?」と財布を手に番台へ。すると義母さん、

「わんはんどれっど えん!」

やっぱ義母さん場数が違う(-_-;)
おかんイングリッシュは強烈なのでした。

オジサン、急に番台に1人増えてるので、「あれ?」って顔してはりました。なので、「She is my mother-in-low.」と言うと、にっこりと、「また来ますって言ってね。」ですと。

あうー、番台に座ってて、こんな緊張したの初めてかも~。
もっと英語の勉強しとかなあかんわ~_| ̄|○ナンテコッタ

Theme: - Genre:

| Incidents | 06:54 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

でも、すぐ頭真っ白になってます_| ̄|○
英語は元々そんな得意じゃないんですが、ネットをするようになって、ずいぶん復習する機会が増えました。
英文サイトなんかを見てるだけでも、「ああ、こんな表現習ったよなぁ。」って。
でも翻訳サイト(エキサイトとか)でカンニングしまくりですよー、実情は(^^;

| reika_kazykazy | 2004/04/29 19:45 | URL | ≫ EDIT

そんだけしゃべれれば充分じゃないですか。
確実に私より英語力上ですね。。。

| hohocha | 2004/04/28 12:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/670-28be9ea4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT