FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

He is bloodshot

あ、阿龍…(;・∀・)


昨日夜、夫が阿龍と遊んでいて、右目に異変があることに気付きました。
よーく見てみると、目じり側の瞬膜(猫にはまぶたと眼球の間にもう1枚まぶたみたいな白い膜があります)が充血して真っ赤!Σ(・ω・ノ)ノ!!ナント!!

もっともっとよく観察してみると、その目じり側の周辺の皮膚も何だか腫れているみたい。
しかも何ともない左目と比較すると、右目は開けにくそうに、時々パチパチしていたり、目を細めていたり、たまに目頭側の瞬膜も出っ放しになっていたり。そしてじわっと涙が。

もっともっともっとよく観察してみると、いつもはおしゃべり(と言うより独り言好き)で、ケージから出してあげると、はしゃぐ阿龍が何だか無口だしおとなしい…?!

何となく、頭のあたりがいつもより熱いような感じも…。

阿龍さん、こりゃ病院やな。

しかしもうかなり時間も遅かったのもあり、食欲があるのか、排泄行為はいつもどおりなのかをチェックして、次の日連れて行くことにしました(ありがたいことにかかりつけの動物病院は、日祝開いています)。ひとまず、食欲とトイレ関係はいつもどおりでした。


というわけで今日、午後の診察の時間に合わせて連れて行きました。
到着し、ハーネスを取り付けた阿龍を抱きかかえて病院の玄関に行くと、すらっとしたダルメシアンがちょうど飼い主さんに連れられて出て来たところで、病院から出て来られた開放感からか?ハイテンションにぴょんぴょんスキップしておりました。横を通ろうとした私のお尻にも前足でちょいちょい。

途端に阿龍ったら、腕の中で石のように固まってぶるぶる震え出しました。

ああ、ごめんごめん怖かったね、ヨシヨシ。小声でそう言いつつ、受付を済ませてカウンター前の椅子に腰掛けますと、今度はお隣にチワワファミリーが。若いご夫婦がつがいとその子犬2匹を連れて順番を待っておりました。

そしたら阿龍。
今度は目を吊り上げて、口も斜めに開けて、「シャアアアアアアア!」

くすっ。ダルメシアンには初見で「負ける。」と思ったのに、チワワなら「勝てる。」とでも思ったんかい(爆)。わかりやすい子だのぅ。

お隣の若夫婦には一言すみませんと言い、万一のこともあるので、つないだリードをもっと短く持ち、しっかり阿龍を抱きかかえて順番を待ちました。


さあ診察。今日は院長先生が担当。先生は一見しただけで、「あら、阿龍どうしたのー、顔が腫れてるねー。」とおっしゃいました。やっぱりそうかー。ううむ心配心配。

先生にあれこれ詳細を話した後、いろいろチェックをしてもらいました。瞬膜の充血、出っ放しというのは、いろんなケースが考えられるそうで、目周辺だけを見ても、何が原因なのか一概には言えないんだそう。まず体の方をあれこれ調べた後、以前靚靚にもしたのと同様の検査をして、先生がおっしゃるには…、

いわゆる外傷からのものと考えられますね。どこかにぶつけたんでしょう

そっかぁ、右目のあたりをどこかにごっつんこしたのかー。阿龍なら大いにありうるな、それ。
お薬出しますから様子を見てくださいと言われた時、「しきりに目の辺りをいじろうとしたらエリザベスカラーをつけてください」と注意が。ふむふむ。この時、「目をやたらパチパチしてるのは…?」と聞くと、「ああ、痛がってるんですね、じゃあ今日の分のお薬は注射にしましょう。」と、抗生剤と痛み止めを2本、ちくっと打ってくれました。

注射をした後だし、帰宅後、今日1日ぐらいはケージでおとなしくしてくれろと、入ってもらいました。

しばらくして、注射が効いてきたのか、「出してー!出してよぅヽ(`Д´)ノ」とんなんな鳴く阿龍でしたが、我慢してもらいました。

向こう1週間、毎日お薬あるから、頑張って飲もうね<阿龍
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 18:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/563-ccf31b4d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT