FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

My Dream baton

バトン量産しているあつぞうちゃんからまた来ましたー。
今度は夢バトンですってー。
それではイッテミヨ!щ(゚▽゚щ)

Q1.小さい頃、何になりたかったですか?

■幼稚園の卒園アルバムにはどういうわけかスチュワーデス(もはやこんな言い方しませんね、FA(フライトアテンダント)とかCA(キャビンアテンダント)とか表向きには言いますな)と書いてある私…。多分周りの大人から聞きかじっていただけと思われる。

■ピアニスト
…と書くと大げさだけど、ソロコンサートをやるとかそこまでのレベルではなく、例えばホテル、式場その他での演奏者ぐらいなら私でも出来るんじゃないか?もし叶うならそれだけでメシが食えたら言うことないが、せめて副業ででも、ピアノを弾いていくばくかのお金がもらえたらなんてステキだろう…小学校高学年辺りの頃は、結構本気で憧れていた。なぜそんな妙にちんまりと具体的だったのかというと、一流の演奏家を目指そうものなら、超裕福な家庭でないと到底無理な話なのだと、当時で既に理解していたから。

■サンプルメーカー
ピアノに対する情熱が薄れてきたのと同時にアパレル業界への憧れがむくむくしてきた10代半ば。ヘタの横好きで自己流で普段着るものなどを作ったり編んだりすることが楽しいと思えていた当時。そこで、きちんと洋裁、縫製について習えばおのずと道が開けるのではないかと夢見ていた。しかしそれも叶わず、結局アパレル業界としては底辺である販売という職に就く。それでも進みたかった業界のはじっこぐらいは踏み入れられた!と当時は狂喜乱舞であった。

ちなみにサンプルメーカーとは、デザイナーの起こしたデザインをパタンナーが製図し、裁断士が仮縫い用生地をカットした後、仕立てる人のこと。サンプルを作る上では、一番面倒とも言える(デザイナーの思った形になっていなければいつまでも仕立て直し)。

Q2.その夢は叶いましたか?

■恥ずかしながらどれも叶わず。

Q3.現在の夢は何ですか?

■『夢』レベルでの話でよいなら、今一度何かをきっちりと学びたい。具体的に深く知りたいことは、PC関係と、金融・経済辺り。

現実的なレベルの話なら、今の平穏な暮らしを死ぬまで維持していくこと。今の住まいを建替えして、愛猫たちと休みのたびに居心地のいい部屋でゴロゴロすること。

Q4.宝くじで3億円当たったらどうしますか?

■風呂屋の従業員を雇う
■それで空いた時間で大学とか行けたらいいな
■家と店を建替え。支払いは一括w
■それでも多分2億ぐらいは残っているだろうから、勉強した金融とPCの知識でもって、1億ぐらいデイトレードで遊んでみる。結果、収支が黒なら一日中ゲラゲラ笑って過ごす(下品だなー…)
■世界一周旅行に小型ジェットをチャーターして出掛ける
■自分のメインPCをフルカスタムで作ってみる。無論本体ケースはオリジナル、職人の手作業、アルミ削り出しとかで作らせたい


んー、夢っぽいようなただの欲望のような。書いてみて妙に生々しいような気になってきた(^^;


Q5.あなたにとって夢のような世界とはどんな感じ?

■好きな時に寝て、好きな時に起きて、好きなことをしていられれば、じゅうぶん夢のような世界かと

Q6.昨晩見た夢は何ですか?

■あるデパートの屋上に巨大トランポリンが出来ると聞いて、夫と妹の3人で出掛けたは良いが、いざ行ってみると、屋上全部がまるで遠目にまんじゅうでも載せたようなものになっていて、屋上に上がると、足元はまるで羽毛布団の上を踏んでいるような感触。しかし屋上全てが覆われていて、手すりもなければ何の柵もなく、ここでジャンプして遊べば着地に失敗し、落下するかもしれない形状。しかしあまりに踏み心地がよいので、つい、ボヨヨーン!と遊んでしまう私。そばにいた妹や夫には、「ごめんごめん、しっかり捕まってて。」と言いつつ、自分も羽毛布団の端っこに捕まり「危なかった…。」と思っていると、

ぎゃあああああ!

耳をつんざく複数の悲鳴が真上の方から聞こえてきたかと思うと、少年が数人空から降ってきて、デパートの屋上には着地せず、そのまま地上へ落下してしまう。

そう、私がここでさっきピョンピョン跳ねて遊んだ振動で、少し離れたところにいたその少年たちが放り上げられ、そのまま犠牲になってしまったのだ。

一瞬頭が真っ白になり、気がつくと場面は一変していて、ある事務所に私は連行される。そこにはヤクザのような身なりの成金丸出しの社長と、秘書なんだか愛人なんだかよくわからない頭の悪いギャルが1人。ワケがわからないまま、「なんてことをしてくれたんだ。」と詰め寄られ罵られひどく脅される私。「うちの事務所のもんを…。」と言われるが、どう見てもヤクザ系事務所ではない。どうにかその事務所を逃げ出すも(なんとこの事務所はさっきのデパートの中にある)、CD売り場を通りかかり、店頭の目立つところに山積みのCDと大きなポスターを見て、さっき飛んでった少年たちがどうやらユニットを組んで売り出し中のミュージシャンだと知り、さっきさんざん罵ってくれた社長と少年たちの接点がわかり理解出来た途端、急に怖くなり、デパートの中を必死で逃げ回る。

階段を急いで駆け下りたところでさっきのギャルと対面。逃げようとすると、さっきの社長が背後に。イヤアアアア!!!と叫んだところで目が覚めました。


……あまりにへんてこすぎ。誰か夢判断だか夢診断だかやってくれませんか。もしかしてどっか壊れてるんじゃなかろうか。

Q7.この人の夢の話を聞きたいと思う5人は誰にしますか?

( ̄ヘ ̄)ウーン
バトン回す相手ももう思いつかなくなった~。
と言うわけで、ここを見た人はバトン取り放題、セルフでどぞということにさせてもらいますm(_ _"m)ペコ


ヽ(  ̄▽ ̄)ノ〝" ゚ ⊂●⊃ バトンどぞー♪
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 15:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/52-a8ecaee0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT