• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Exchange New Year's greetings

当湯は本日より営業で~す!

しかし昨日の元日ほど天候に恵まれず(ややおしめり@京都)、思っていたよりはやや客足少な目…、だったかな。

風呂屋に嫁いで来て毎日いろんなことに驚いている日々ですが、お正月も驚いたことがあります。常連さん達の中には、年が明けると、『お年賀』をくださる方がいらっしゃること。

ま、お年賀と言ってもいろいろで、ちょっとしたお品物だったり、現金だったり。私は風呂屋の嫁とかそういうことの関係ない次元で、人からあれこれ何かをいただいたり、してもらったりってのが実は苦手で、自分から何かをほしがることとかも好まないので、正直最初面食らったのですが、今は、「そうやってお正月だからとうちの風呂屋も気にかけてくれてはるのね。」と思うと、ただただありがたく、こういう習慣も、まあ悪いことではないのかなぁ、と受け止めています。

しかしながら、もう親戚縁者以外へのお年賀を配る習慣は、この地域でも廃れつつあるようで、去年のことを思うと、いただいた数は、ざっと半分ぐらいでした…。大抵くださるのはかなりのお年の方ばかりだから…。

くれぐれも誤解のないよう。別に欲しいんじゃないですよ。あくまで気持ち。気にかけてくださってるというのが伝わると嬉しいじゃないですか。

私もこういう町の風呂屋みたいにしょっちゅう顔を出すようなお店とか、お世話になっているところはないのだけど、そのうちそんなお付き合いをするところが出来たら、「今年もお世話になります」的な意味で、ちょっとしたお年賀をさりげなく渡せるようになりたいなぁと思います。
Theme:新年の挨拶 - Genre:日記

| Incidents | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/509-e8b5721c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。