• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港5泊6日、11月24日~29日(№10)

■第2日目/25日(金)その3■
~セナド広場周辺~



マカオのフェリーターミナルから歩いてすぐのところにあったバス乗り場。すごい列が出来ていて、「乗りたいバスにすぐ乗れるのだろうか?」と不安にさせました。

しかししばらく様子を見ていると、行列はほぼ同じ場所にあるタクシー乗り場への列で、バスを待つ人はほとんどなく、拍子抜け。行き先を見て、ええい出たとこ勝負!とある1台に乗り込みました。

見ると、運賃2.5HKドル(マカオではマカオ専用通貨"パタカ"という単位がありますが、ほぼ同レートの香港ドルでも大抵問題なく使えます)。5ドルコインを入れながら、「2人分ね。」とジェスチャーで。


何の変哲もない、やや古ぼけたタイプのバス


とにかく乗り込んだぞ!行きたいところへ行けるのかーーーー。

外はしとしと雨。さすがの夫の神通力も今日は効果ナシ?!マカオも香港同様やたらめったに冷房効いてます。雨のせいもあって、バスに乗ってる間、ちょっと寒いぐらいでした。

初めて来たところだけど、まあ最悪バスを乗り間違えてたとしても香港以上に狭いところらしいし、どうにかなるさ。そう思って、マカオの風景を眺めました。


雨に濡れたウィンドウ越しなので見辛いですが、キンキンキラキラ、ど派手で大きな建物がいっぱいあります。


マカオと言えば東洋のラスベガス。売り上げではもう本場ラスベガスを越えたとかどうとか。街の方へ向かう間に何軒ものカジノの建物が見えました。以前のようなネオンギラギラ、だけじゃなく、建物全部を金色にしてあるのがこの頃のマカオカジノの流行りらしく、まるでゴールドライタンを彷彿とさせるのです。ゴールドライタンなんて言ってる辺り、ヤバげかしら?(゚∀゚)

ゴールドライタンをご存じない方のために参考まで

とか何とかしてるうちに、だんだんそれっぽい風景が見えてきました!


香港からほんのちょっとの距離で、こんなに南欧風です。


よかった、思っていた方面に来れたみたい!よし下車!



マカオで一番有名なスポット。セナド広場。古くて可愛らしくていい雰囲気です。


おおー、ここがセナド広場かー。おや?雨が小降りに。ダンナの晴れ男パワーがやっと効いてきたようです。すげーなダンナ。

ポルトガル領だったから、こういう建物や地面は石畳だったりするのですが、やっぱヨーロッパってシックですなぁ。新婚旅行の時のミラノを思い出しちゃいました。さすがに観光名所だけあって、いろんな人種の人でいっぱい。ちょっとこの辺りを歩いてみます。


黄色やピンクの建物が並んでます。雨じゃなかったらもっとこの街を堪能できたんでしょうが…。

粥屋さんだってこんな建物です。

マクドナルドのキュートさったらなかったです!


セナド広場周辺はざっと見て回ったので、そろそろここいらでお昼ごはんを食べることにします。マカオって面白い街。長い間ポルトガル領だったから、上記のような欧風建築物が固まって建ち並んでるかと思えば、ちょっと外れるとやはりここに暮らす人の大半は漢民族。中華風味な路地もあったりして、何となくほっとするのはなぜかしら。


今から向かうのはどんなお店かな~?



さりげないエントランス。とても目立たない入り口。一瞬「入っても大丈夫?」と不安になったり。



セナド広場からしばらく(10分強?)歩いた辺りの1軒のお店。佛笑樓(Fat Siu Law)といいます。夫が事前に調べておいてくれました。鳩料理で有名な老舗レストランなんだそう。一見さんだけど何ともないかな?ええい入っちゃえ!

入るとすぐ、店員さんにテーブルまで案内されました。照明落とし気味、100年も営業してるらしいけどきちんとしたシックな内装。私たちの感覚では、「結構よそいき」な感じのお店です。


入店時、私たちのいた奥辺りは空いてましたが、あっという間に観光客で埋まりました。


こんなお店だと呑み助な私は飲みたくてしょうがないわけですが、お昼だし、この後もいろいろ動きたいところがあるのでひとまず我慢。さてメニューを拝見。ほー、なるほどポルトガル料理の流れを汲むレストランなのですね。ちょっと中華とフュージョンしてる感じの。

普段香港で食べているお気楽食堂のことを思うとちょっとお値段します。でも、こういうお店なら妥当なところでしょう。

名物料理は鳩ってことで、やっぱりまずは鳩を頼まなきゃ!せっかくこんなお店なんだし、香港らしくないものを食べよう。かたつむりと、レタスのガーリック風味、あと、ポルトガル風チキンライスをお願いしてしばし待つ。


おお、こんがり美味しそう!これが石岐焼乳鳩という小鳩料理です。

んでもってこちらがかたつむり。かたつむりと言えばフレンチのイメージですが、実は好きなんですw


レタスとチキンライスはつい貪り食ってしまったので写真撮るの忘れてました…(ノ∀`)

よくよく見たら!!この鳩のローストってば!

己の腕(=っつーか手羽)で首関節キメられてます!!ヒイイイイイ(゚ロ゚;)

ひえー、グニっとひねるようにして、鳩の首が手羽の下をぎっちり通されていて、その状態でローストしてあるようです。しかも丸焼きなので、鳩の向きによっては、目が合っちゃったみたいな錯覚したり…。ゲテモノとかの食わず嫌い系の人はちょっと絵的にダメかもねー、これ。

しかし食いしん坊夫婦なので意に介せず食らいます。ナイフとフォークも置かれてたけど、これはもう手でいくしか!わしわしと鳩のあちこち引きちぎり、ワイルドにいただきました!肉汁たっぷりで旅行前にきっちり仕込んできたネイルをダメにしちゃったー(^^;;

でも美味かったから許す!(゚∀゚)こりゃたまらん。

食後、フィンガーボウルを出されて指先を洗うも、おっつかず、お手洗いでがしがし手を洗ったほど肉汁まみれでした。げふー。

ふーぅ、満腹ーヽ(´ー`)ノ
腹ごなしにまた散策しつつ、やはりマカオと言えばこの風景!のところに行ってみることにします。
Theme:香港 - Genre:旅行

| My Suitcase | 05:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/493-6ffc3826

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。