• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港5泊6日、11月24日~29日(№16)

■第3日目/26日(金)その1■
~マイケイ、マイネイの国へ行く前に~



マイケイ、マイネイ、とはなんでしょう?

さすがに昨日マカオに出かけて二人ともぐったり疲れていたようです。起きたら何と昼回ってら!Σ(゚皿゚) ガビーン

今日の予定は、ゴンピン(後で詳しく記事にします)に行き、帰りに香港に出来てまだ1年目のあるテーマパークへ行くつもりでした。

今回の旅行は、かなり天候に左右される予定を組んでしまったので、雨が降ると台無しなアクティビティばかり…。

今日の天気は?慌ててテレビとネットとにらめっこ。うーむ、雨は大丈夫っぽい?しかしもうこんな時間。ゴンピンへ行くのは今日は無理。日程の中にこんなこともあろうかと、"予備日"を組み込んでいたので、ゴンピンへはこの予備日で行くことに急遽予定を変更して、「ま、どーせ私らそんなファンシー好きちゃうねんから。これぐらいの時間でまあええでしょ。」と、先述の『マイケイ、マイネイの国』へ行くことにしました。

身支度してホテルを出て、まずはごはんを。
昼なら私らでも大丈夫よね?と、中環(セントラル)の

記酒家 YUNG KEE RESTAURANT

日本語ページも用意されています。とっても美味しそうですよ!


へ行ってみました。説明不要な有名店ですね。何せここのお店は看板が派手。セントラルからちょっと坂を上がって蘭桂坊(ランカイフォン)方面へ行くと目立つこと目立つこと。

普段その辺の食堂で食事したりしている私らにはちょっとお値段高めなので今までスルーしていたのですが、お昼ぐらいなら話のネタに一度ぐらい行ってみても?ということで今日の遅いお昼を食べることにしました。

事前にネットなどで「階によって値段が違う。1階でどんぶり飯でも食べる分には臆する値段ではない。」との情報を得ていたので、入店してすぐ寄ってきた店員が当たり前のように「上へどうぞ。」と言ってきたのだけど、そこはあえて、「この階で。」と伝え、席に案内してもらいました。

メニューをどれどれ…。あは、確かに普段食べに行ってるような茶餐庁(町の食堂)とかと比べちゃだめね(^^;;

ヨンキーと言えば、グースとピータンが名物なのでやはりここは初めての入店だし、これでいきますか!

このグース、香港の焼味(シゥメイ/ローストもの)の中ではとてもポピュラーなものの1つですが、特にヨンキーのローストグースは世界中で有名になり、香港土産に買う人が後を立たなかったので、飛機鵝(空飛ぶガチョウ)、フラインググースと呼ばれるようになったんだとか。華僑の人たちも、帰省して、移民した先へ戻っていく時、帰りの飛行機の中、これで地元の味を名残惜しんだとか。

…なんてエピソードを知ったら食べるしかないわけです(笑)。

それと、ピータンも、ヨンキーで出されるものは、軟心という、とろーりとした黄身が特徴のとても美味しいやつだとかで。

はい、ではいただきまーす!


おお、なんとツヤツヤなピータン…。

ちょっとわかりにくいですが、これ手のひらサイズのお椀です。夫はカレー皿ぐらいのサイズのをいっちゃってました。


このピータンですが、添えられているほんのりピンク色のもの、これ甘酢生姜なのですが、これがまた何とも言えない取り合わせ!
日本で言うとお寿司のガリに似てるのですが、ガリよりもっと繊細な味わいで、ガリがあまり好きでない私もきれいに食べられちゃいました。

こっくりねっとりうまみの濃いピータンに、このさっぱり甘い生姜。引き立てあってさすがでした。

よくある固ゆでたまごみたいなピータンじゃもう物足りなくなりました。

そしてガチョウのローストが乗っかったごはん。先に付きだしとして出されたピータンを「ああ美味しいなぁ。」と味わってるうちにさっさと出てきました。焼味のごはんは、既に焼いてあるものなので、ぶったぎってごはんに乗せて出すだけだから、急いでいる時なんてとても早くてよいのです。

それと、こういうぶっかけごはんはどこでも大抵サイズ(いわば大小)があって、碗(ウン/わん)で頼むと私のような小さなお茶碗、碟(ディプ/さら)で頼むと夫の(写真はないですが)みたいにカレー皿みたいな量で運ばれてきます。

もし香港に行かれることがあったら、胃袋と相談して碗か碟か決めてくださいね。

確かにここヨンキーのピータンとローストグース、評判どおり、とっても美味でした!店内はとても高級な感じなのに、1階部分の端っこでは、お持ち帰りもやっているので、手軽にヨンキーの味を楽しめますね。

香港では、どこかお店で食べるだけが食事の楽しみじゃないと私は思います。日本で言うホカ弁みたいな感じで、発泡スチロールのボックスに雑につっこまれたどっさりごはんに骨ごとぶった切ったローストされた何か(チキン、ポーク、ダック、グースなど)を乗っけたもの。人混みの多いところを歩いてみると、この香港スタイルホカ弁をデリバリしているおにーさんをいっぱい見かけます。

大抵30ドル前後と安いし、量も女性だと食べきれないぐらいあるので、お手軽に済ませたい時とてもいいです。大抵どれ食べても美味しい。

…書いてたら、激しく食べたくなりました(^^;;

さてこのヨンキーの甘酢生姜添えピータンとローストグース乗せごはん。美味しかったので黙々と食べてしまいました。ふーぅ、空きっ腹も落ち着いた!さあいよいよ『マイケイとマイネイの国』へ向かおうと思います。
Theme:香港 - Genre:旅行

| My Suitcase | 05:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/489-7afa3cae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。