FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

香港5泊6日、11月24日~29日(№14)

■第2日目/25日(金)その7■
~別世界、その名はカジノ~



夫の言うことはあまりにもっともだったので、マカオ圏を出て、メインランドへの入国は諦めることにしました。

このとんでもない人混みをくぐり抜け、どうにか建物を出ました(ふ~ぅ)。この時点で夫婦ともどもぐったりです。細かいことを考える余裕もないぐらいに。じゃあこれからどうしようか。

事前に予定していたのは、珠海に行ったらまたすぐ戻ってきて、その後最近流行っているカジノへ行って中を見物するつもりでした。昼にリスボアには行きましたが中を見なかったのは、ネットで「もうリスボアは旬を過ぎた。」とちょくちょく見かけたので、違うカジノの中を見るつもりでいたのです。

珠海はもう行くのやめたし、じゃあカジノへ行きますか。そのカジノまではどうやって行こう?もうクタクタなので出来るだけ楽な方法で。

タクシーが一番楽だけど、あんまりお金も使いたくないしなぁ。となるとバスだなぁ。バスのロータリーはあそこか…。

などと辺りを見渡してふと目に付きました。

カジノ○○へは無料バスで!乗り場はこちら⇒

なんとステキな看板。しかも乗り場はあちらと矢印まで明記。
これっきゃねぇ~~!いそいそ乗り場を探しました。さすがに宣伝も兼ねているのでしょう、すぐ見つかり、そこにいたおっちゃんらに「カジノ行く!」って言ったら「ほらよっ」みたいにバスを示しました。いそいそと乗り込んで、は~ぁっとため息出ました。これでカジノまで一直線(しかもタダ)だ!

さっきの路線バスとは違い、空席があっても、時間が来ると発車するので到着まで座っていられてこれがいい休憩になりました。

ゲート以後、写真がないのは、ゲート周辺の人たちの様子がちょっと怖かったのと、カジノでは写真撮影禁止だからです。ご了承を。

向かうカジノは今マカオで一番ホットと言われている、

Sands Macau 澳門金沙(サンズ マカオ/オウムン ガムサ)

とにかくね(写真でお見せできないので)ここのサイト見てやってください。アホちゃうか?これでもかってなゴールドライタンぶり(ほんまにくどい)。

下品やでこれー、って思っちゃうぐらいギンギンギラギラピッカピカのどでかい建物(遠くからでもすぐわかる)の車寄せへバスは入っていきます。たかだか車寄せ程度の場所でもまばゆいのです。ギンギンギラギラで。

スケールのデカさったらないです。カジノってこんなに大掛かりなんだ?!のっけから「うわーうわー!」となりながらバスを降り、入り口へ向かうと、まるでそこは飛行機に乗る時の手荷物検査みたいな小さいゲートがいくつも並んでいて、来客が物騒なものを持ってないかチェックしているようです。私ら善良な一般市民ですので、臆せず進みますと、

「シャシン、ダメ!」「シャシン、ダメ!」

とそこのスタッフがこちらに繰り返してそう言いました。そりゃカメラは持ってますが、ダメなのを盗撮する気もないので、「OK!」とゲートをくぐったら、

「デモ、ニホンジン、ダイジョーブネ」

あらま、日本人ってバレてますやんか(当たり前か)。とりあえず入店チェックはクリア、ってことで、さあ入るぞ!

入ると、ここサンズは、外観を損なわないゴージャスな内装で、とても広々としていました。入ってすぐ、ゲームテーブルがずらりと並び、スロット台もたくさん見えました。よし、ちょっと見学させてもらお。

このだだっ広いフロアをうろついてみると、あれ?何だか雰囲気が…。

ゲーセンみたいなんですが。


あれれ、あれれ?かのカジノってこんなもんなの?二人してやや拍子抜け。来ている人たちもぱっと見普通の観光客って感じ。

天下の鉄火場がこんなんなんて~~!

と思ったら、ちょっと離れたところ(なんせアホみたいに広いので)にエスカレーターが。ああ、上にもあるんだ。よし上がろう。

ツツーっと上がったら、さっきの1階とは別世界でした(^^;;

見た目こそ、同じようなカジノ場でしたが、いる人の雰囲気が違う。漂う空気が違う…。ああ、確かにここは鉄火場でした。なるほど、1階は『まあカジノいうたらこんなもんなんでっせ』的なところだったのね。

私らはバクチ系一切アウトな夫婦ですので、ひたすら眺めているだけ(それでもじゅうぶん面白い)。込み合うゲームテーブル(バクチ台)の合間を縫って、小姐が飲み物をゆらりと運び、小姐が通るたびに四方八方から手が伸びてきて、飲み物を取っていき、ステージでは金髪のおねえさんが腰をくねくねさせて踊っていました。

まんま映画とかで見る光景そのものでした!

で、もっと上にもフロアがあるのですが、上へ行けば行くほど、ベットが高くなるっつー仕組みのようです。ミニマムベットが100ドルから、ってフロアもありました(怖)。

大陸から全財産持ってきて、ここで全部すっちゃう人とかもいるんだろうなぁ…。どのテーブルにも熱いドラマが繰り広げられているようでした。身なりだけじゃわかんないからすごい。見た目普通のオッサンやがな、って人がばんばん札ビラ切ってたり。こえーよこえーよ。あいつらヤクザかよ。

さて十分カジノを堪能しました(見ただけw)。そろそろ帰ろうかな。さっき入ってきたエントランスの車寄せに行くと、客待ちタクシーがずらり並んでいたのでささっと乗り込んでフェリーターミナルへ。

はー、ほぼ半日、駆け足でマカオを見て回りました。疲れたけど面白かった!ターミナルに着いて、行きも乗ってきたターボジェットのチケットを買おうとしたら、あらまエコノミーシートは売り切れ。仕方なく上位席のスーパーシートってやつを買って乗ったら、


内容は、サンドイッチにケーキ一切れ、ちょびっとフルーツ、ゼリー、そしてオレンジジュース。


なんと軽食が出ました(@o@)。
事前の情報で、ターボジェットの上位席では軽食が出るとは聞いていましたが、ほんまに出るとは。画像がこれ以上ないぐらいブレブレですが、乗船中ですのでこれが限界でした。

評判最悪のターボジェットの軽食でしたが、まあ確かにビックリするほど美味しいもんじゃなかったけど(^^;;、ビックリするほど不味いもんでもなかったです(私が貧乏舌なのかな~)。

さすがに今日はかなりくたびれたので、さすがに食後はいつうとうとしたかわからないぐらいぐっすりでした。
Theme:香港 - Genre:旅行

| My Suitcase | 05:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/487-26e38107

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT