FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

香港5泊6日、11月24日~29日(№3)

■第1日目/24日(金)その3■
~Elysium Bad 臨時香港出張所開設!~




出掛けにオタオタしたけど、空港からここホテルまでは全く問題なく、ロスタイムもほとんどなく順調にたどり着けた私たち。そりゃそうでんな、3年ぶりと言えど、私は8回目、夫は7回目の香港なんだから。しかもこんな(狭い)繁華街の中だもの、ね。

先にちょっとこのホテルの印象その他を。

ここはラマダホテル カオルーン(九龍華美達酒店/RAMADA HOTEL KOWLOON )。場所は香港の九龍エリアの南端、尖沙咀(チムシャァツィ)からやや東に位置する、安宿お手頃ホテルです。

住所:香港九龍尖沙咀漆咸道南73-75號
    (73-75 Chatham Road, Tsimshatsui, Kowloon, Hong Kong)

外観ファシリティその他は、ここでも参考にしていただきましょう。

とにかく、必要最低限は一応揃えてあるよ程度のホテルですので、ビューの良さとか、アメニティのリッチさとか部屋の広さなんて期待しちゃダメです(笑)。その辺は予約した時点で把握してましたし、とりあえずお風呂に入れて安全に眠れればそれで十分だったので、バスタブあるのに2人で1万でこの場所ならアリかな、そんな感じのところだと私は思いました。

去年の台北のスイートルームはそりゃもう気分良かったですけどネ…

さて、休憩がてら、ネット環境のチェックをしましょう。一旦フロントに行って、IDとパスをもらってきます。

なんか、指がたらこみたいだ…('A`)
これがここのホテルのネットアクセス用バウチャです。


一応見えないように(見えてももう使用不可ではあるけど)カードの右上の方を指で隠してる辺りにアクセス用のIDとパスワードが書かれていて、スクラッチして読むようにカバーされています。コインでカリカリやって、早速接続だー。

TRさんでブラウザを開くと、このホテルのログイン画面が出て来ました。

大抵ホテルでのネットってこんな感じですね
今はこんなお手頃ホテルでも便利になったものです。


北京語はわからなくても、まあニュアンスでわかります。おや、国旗のアイコンが並んでる。ここ行くと、その国の言葉になるかな?ポチっとな。

モアレ出てて見づらいですね、すみません
おや…?何やら表現が可笑しなことに…。


お、日本語だ。こりゃいいや。ちょちょいとログインっとな。え、ちょっと待った。

ID入れて、パス入れて、送信ボタンのところ、

"入りなさい"?!

いきなりやってくれました。さすが香港だ~(笑)。命令されちゃったよアタイ。ボタンのすぐ上のチェックボックスのところも結構オカシイw

まあ日本語的表現なら、ここは『了承します』とかかしらん。しかしわからないなりに頑張って日本語ページ用意してくれてるんだからありがたいよね。

さて難なくログインも出来て、ネットが使えることも確認出来ました。持参した、コンセント変換アダプタと海外用延長電源コードを出して、カメラたちとTRさんを同時に充電出来るようスタンバイして、これでしばしElysium Bad 臨時香港出張所、開設!

そしてまたもやプチ失敗発見(^^;;
空港でいつものように海外用FOMAをレンタルしたので、私は自分のFOMAのメモリカードを差し替えようとしてみたら(どちらもSDカードだったので)、残念、レンタルした方はちょっと機種が古くて、私の持ってる1Gメモリは対応してなかったのでした。あらら。

ちょっと古め(N900iG)だけど、割とカメラの質が良い感じだったので、出先での画像つき投稿なんかガンガンやっちゃえ、って思ってたのにな。PCあるから帰る前に、レンタル機で撮った画像も全部ささっとデータも移して…って皮算用してたのに。サーチ不足だった~。

ま、しょうがないですな。気を取り直して近所を散策&おやつを食べに行こう!
Theme:香港 - Genre:旅行

| My Suitcase | 04:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/466-a66331c9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT