FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

香港5泊6日、11月24日~29日(№2)

■第1日目/24日(金)その2■
~初めてのJAL~



今まで海外旅行に行くのに、何となく日本のキャリアは避けておりました。日本の飛行機より安い飛行機はいくらでもあるし、何より空港からすぐに、「これから海外旅行に行くんだぞー!」って旅情めいたものを感じるのもあって。

しかし何となく自分のパターンも見えてきた昨今、日本のキャリアもいいんじゃないの?と今回生まれて初めてのJAL。国内線ですら未だ乗ったことないです(=私。夫はあるらしい。)。何だかすごい珍しい人みたいです。

所定のシートに座ったけど、天候かな?何らかの理由で予定の15分遅れで機は出発。ああ、機内アナウンスがするする耳に入ってくるってストレスなくていいなぁ(*´д`*)。

しばらくしてドリンクサービス。いつも思うのだけど、エコノミーなんかでも、ちゃんと名入りのプラカップだったりするのよねぇ。こういうのをどこにでもあるカップにするとかで(どうせ使い捨てなんだし)、もっとコストって落とせないのかしら。出来るだけ何にでも名前を入れておくことがアイデンティティなのかなぁ。

ノートPCは私の旅行にはもはや必需品
さっきも行きの特急でビール飲んでたのにまたビールです><


サンミゲルも悪くないけど、プレミアムモルツ( ゚Д゚)ウマー
ひとまずここまでの出来事をささっとメモにつけておきます。

バタンバタン動くギミックについ見入ってしまいます
JALの翼。機内から外を撮った写真って、誰が撮ってもこんな感じになりますね。なんでだろう?


いやー、日本語でCAたちが動いている様子って、何てストレスないんでしょう(笑)。いつもだと、だらーっと座ってるようで、耳だけダンボのようにしてたりするのがウソみたい。

ビールを飲み終える頃、はいお食事。なぜかいつもお楽しみな機内食。JALのごはんはどんなだろう?


これは夫の分。お献立は、
白身魚のフライ カレー風味ソース
シーフードとパスタのマリネサラダ ビーフパストラミ添え
フレッシュ サラダ オリーブオイルビネガードレッシング
マロンケーキ
コーヒー/紅茶/緑茶

飲み物はダイエットコーラを



こっちが私の分。お献立は、
鶏の柚子胡椒焼き
以下夫の分と同じ

何となく白が良さそうに思えてワインにしました。



運ばれてきて気付いたのだけど、海外キャリアのことを思うと、プレートが小さめ。このサイズだと、海外キャリアなら朝ごはんサイズじゃないですか?しかしいただいてみたら、ちょうどいいポーション。やっぱり日本の飛行機は日本人の胃袋サイズを把握してるのだなぁと妙なところで感心。

食後、イミグレカードを書いたら、やっぱり眠くなってちょっとうたたね。私ったら、ケータイのアラーム切るの忘れてて、機内で鳴り出しちゃって、寝てるところをCAに起こされる&注意されるのコンボ技を食らっちゃいました。すんません。

その直後、夫は夫で、借りたケータイの電源を入れたら起動音をCAに聞かれてまたCAに注意。CAからすれば「またアンタらかい!」てなとこかしら。ほんまにすんませんすんません。うとうとしてたからわからなかったけど、ちょうど着陸直前だったのです。そりゃCAも気ぃ立ってるわね。

とにもかくにも、無事機は香港国際空港に着陸しました。

飛行機を降りると、途端に湿った空気がまとわりついてきて、「ああ香港に来た!」と実感しました。

昼過ぎのイミグレ周辺は何だかガランとしています


イミグレ通って、コンベアで荷物を受け取り、まずはこの失敗ラゲージをどうにかしたい。とっととホテルに放り投げなきゃ。

先にも『失敗』と書きましたが、既に感じていた失敗ポイント。今回もいつもの私の旅の友、Y'saccsの5WAYキャリーバッグに、サブとして、これもY'saccsのセミショルダーを持参してきたのですが、このセミショルダーがダメでした。私は旅にいつもデジタルギアを持って行くのですが、精密機器なのでハンドキャリーするわけですが、このバッグ、小さすぎました。デジ一眼のD50とTRさんを入れるのは、このバッグはぎゅうぎゅうすぎました。でもこれで来ちゃったからもうしょうがない。

空港と特急への乗り口はつながっているので便利です


さて空港を出たら、街へ行くには、バスかタクシーか、機場快線(エアポートエキスプレス/AEL/空港特急)を使うわけですが、香港リピーターなので、一番早い方法のAELへ手持ちの八達通(オクトパスカード)で行くのがお決まり。しかし3年前の八達通、とりあえず使用期限はまだ大丈夫なはずだけど、読み取りエラーが気になる。まずは機械に通してみよう!

写っているのは夫です
この増値機にカードを通してお金を入れると追加できます。


ありゃ早速夫のカードはエラーが出ました。私の方は…っと。あ、利用履歴もまだちゃんと見れる!100ドル以上残ってる。よかった、このまま街に行けるな…と思ったけど、念のため、入金しとこうと思ったらやっぱりエラー。

仕組みはSonyのFelicaなんだから互換性持たせてほしいもんです
こんなふうに残高もチェックできます。


インフォメーションセンターに持っていって、修正してもらいました。これでもうバッチリ。さあ電車電車。

いつ来ても機能的な電車です


ここで案内を見て、泊まる予定のホテルに一番近いところで停まってくれる無料シャトルバスをチェック。まん前で停まってくれなくても、九龍や香港島は狭いので、いちいち地下鉄や路線バスを乗り継がなくてもこのバスに乗ればお金かけずに移動出来ますから、これは使わなにゃ損損。

今回は九龍サイドにホテルを取っていますので、空港特急九龍駅で降りて、無料シャトルバス乗り場へ向かいます。

オフシーズンだからこんな空いてますが…
今回はKラインの5です


タダで連れてってくれるんだから太っ腹だなぁ、香港。しばし待ってバスに乗り込みます。道中、あの大きな看板がいっぱい見えてきて、しみじみ「ああ、香港に来たんだ。」と嬉しくなります。

とーれとーれぴーちぴーち
一瞬何??って思いました。


バスの窓からこんなものが見えました。香港の秋は上海蟹の季節なのです。タクシーのルーフまで、こんな宣伝しちゃってるんですね。いやしかしリアルなのでちょっとキモい…。

店先がすっかりきれいになってました
日本での店舗展開は高島屋の子会社が運営してます。


お、この頃日本でも時々食べに行っている、『糖朝』の看板が見えます。今回は多分行かないだろうけど。

ぬん???
ネットでこのお店を検索すると、みんな『誤字がw』って書いてるんです(笑)


糖朝のそばに確か…と思ってたらありましたありました!あれだ~!場所柄、日本人観光客がやたら多いので、この辺りはどこも大抵、へんてこ日本語の看板を出している店ばかりなのですが、このお店もこれで有名なんです。

お店の名前を無理やり日本語で読んだのはいいですが、

ぬん

めん、ですよー、おーい(^^;;
面白そうなので、今晩はここでごはんを食べよう!

さあバスを降りて、ホテルへ行くぞー。

チェックインして部屋に入ると、あれまなんとも狭い部屋。さすがに大人2人で1万切る部屋じゃこんなもんですな昨今。しかしチムシャァツィ(地名)で、バスタブつきの部屋ならこれ以上ゼイタク言っちゃいけません!です。さすがに去年行った台湾で泊まったスイートのことを思うと天と地ほどの差だけど、寝れてお風呂に入れりゃOK!

狭いながら(ベッドしかない、って感じの狭さ)もどうにか荷物を広げて、ちょっと休憩~。ふ~ぅ。
Theme:香港 - Genre:旅行

| My Suitcase | 04:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/465-2fdc6689

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT