• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

香港5泊6日、11月24日~29日(№1)

■第1日目/24日(金)その1■
~出発~



もう出発と言うに、相変わらず準備がはかどりません。毎度毎度、学習能力ないな、私。

おまけに、家を出る前から、靚靚が鳴いて鳴いてうるさいのです。最近設置したケージに入れたから、出してほしくて鳴いているのです。ほんとなら去年みたいに部屋で好きにさせておきたかったけど、今年に入り、謎の粗相をするため、やむなくケージに入れることにしたのです。

「留守番させてごめん。」という気持ちと、「これぐらいどってことない、初めに猫ありきの生活に傾きすぎるのもどうなの?」という気持ちが交錯しまくります。

結局時間ギリギリ。慌ててタクシーを拾い、JR京都駅まで。ほんとなら、もっと早めの時間に出て、関空特急より安い空港バスで関空に行くはずだったのに。結局、一番時間はかからないが、値段の高い関空特急に乗ることになっちゃった。あきまへん。

この時間だとひと気もまばら
早朝まだ薄暗いJR京都駅、みどりの窓口。


チケットを買い、時刻表を見ると、発射時刻までの間に駅弁を買う時間ぐらいはあるみたい。しかし乗りたかった時間よりちょっと遅い。まあ、公式サイトからオンラインチェックインは済ませてあるので、いつもよりやや遅めでも大丈夫なはずなんだけど。

ホームで靚靚の鳴き声が聞こえ(もちろん空耳)、どうしても後ろ髪を引かれてしまう私。なんて私はワガママなんだと自分でも呆れるばかり。

どうか無事に留守番してくれてますように。阿龍はケージ生活に慣れているのであまり心配はしていないけど、靚靚はこれが初めて。
明日昼過ぎ、お願いしているシッターさんが来てくれるので、夕方にでも電話で様子を聞こうと思います。

鬱々していても始まらないしもう出発してしまったのだから、頭を切り替えないと。私たちを乗せた関空特急『はるか』は順調に空港に向かって走り出しました。

商売柄そろそろ寝る時間なのだけど、今日はもう寝ずに向かうので、ここで朝食代わりの駅弁をいただきます。ほんとなら出発前、準備を済ませてぐいっといくはずだったアレと共に。

3年ぐらいじゃ味も変わってませんでした
3年前の香港で買ってあまった1本を持ち帰ったサンミゲルっていうビール。香港ではとてもポピュラーなものです。


手頃なサイズで朝ごはんにぴったり?!
これ、私の方。秋の味覚を堪能しました。

最近の駅弁は見た目もとても可愛らしいのです
こちらは夫の分。何だか旅行の時の『はるか』では駅弁をいただくのがお約束になりそう(笑)


出発直前に自宅でオンラインチェックインしていたので、空港ではちゃっちゃっちゃ…と手続きが済むかと思ったらそうでもなく、普通にカウンターに行き、荷物を預け、磁気の紙チケットをもらい、出国の列に並んでようやくゲートにたどり着きました。

ここでいつもなら免税で自分土産の化粧品を買うのだけど、時間がないので泣く泣く諦めました。既に搭乗時間は始まっていたので、何も寄り道せず休憩もせず、ダイレクトにそのまま搭乗するしかないようです。直前のカフェにあったソフトクリームを見て、夫が「ソフトクリーム~!!」とやや欲しそうにつぶやいたけど、そこは華麗にスルー。

とにかく既に「ああ、失敗した…。」てなポイントも感じつつ、無事初めてのキャリア、JL701便へ!
Theme:香港 - Genre:旅行

| My Suitcase | 04:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/464-b18f850a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。