• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Animal planet

いつもなら木曜はレッスンを受けに行かないのだけど、この頃間隔が開き気味だし、お邪魔してきました。

超超久しぶりのA(その1)先生が今日の担当。相変わらず軽口だぜ、この先生は。

いまだに「またどつきあいしてるの?風呂屋で?」とか言ってくる。

でもいつものF先生とは全くタイプが違う先生なので、これはこれで楽しませてもらってます(笑)。

今日はフリートークが主なレッスンだったので、思いつくままにおしゃべり。今年2月から4月まで丸々3ヶ月、故郷のシアトルに里帰りしていて、やっと最近このカフェにも復帰なさった先生なので、里帰り中のエピソードもいくつか話してくれました。

シアトルからすぐの小島で友人たちとシーカヤックで遊んでいた時のエピソード。バチャバチャとカヤックを漕いでいたら、すぐそばに何かの物陰。

「シャチが出た~~~~!!」

慌てて一旦その場を離れて見物していると、どうやらシャチはお食事中。大きな口を開けてバリバリ。それを見て震え上がる先生たちご一行。しかしそこはお調子者の?!アメリカン。仲間の誰かが

「おい、あのシャチに触ってみようぜ。」

そんなことを言い出し、そろそろーっとカヤックで近づいて、背びれの辺りを触ってみたら、思いがけずいいさわり心地。

「ヒャッホ~~~!!」てな感じでノリノリでいたら、しっぽを大きく振りかぶって、ざっぶーん!

などなど…、大変楽しそうに話してくれたのはよかったのですが、
よく食われずに済んだもんだ(-"-;)

時間がなかったので話せなかったけど、つい最近、タイムリーなことに私もシャチの映像を見てたのですよ、スカパーのアニマルプラネットで。この話、したかったなー、A先生ビビらせてやりたかったw

どこの島だったかは忘れちゃったけど、とにかく海岸線にびっしり野生のアシカが群れを成して住んでいるところに、時々腹ペコのシャチが現れて、砂浜にいるアシカに飛びかかり、そのまま波に引きずり込んでムシャムシャ…。

まぁ、絵面だけ見たら、グロいですよ、残酷です。んで、シャチって結構頭脳派?!なのですね、満腹になっても、最後に1匹、アシカを捕まえて沖の向こうへ連れて行く。ちょっと傷を負わせて、自力では逃げられないようにして。

ある程度群れの仲間ももうたどり着けない沖まで出たら、瀕死のアシカで何をするかと言うと…、

キャッチボールです、食後の腹ごなし。

くわえたアシカを ぶっはーっと潮ごと吹き飛ばして、波の向こうに放り投げる。投げたアシカのところへすぐさま泳いでいって、またくわえて同じことをする。飽きるまでずっとずっと。

これがまたきれいに見事にくるくる旋回しながら飛ばされていくのです、死にかけのアシカ(涙)。

そのうちアシカの体力の方が先に尽きてしまうので、そうなったら、食後のデザート代わりに頭から丸呑みして、お遊びおしまい。

野生の世界とはこうも過酷なのですね。アニマルプラネットというチャンネルはそういうことばっかり延々流しているので、苦手な方にはつらいチャンネルでしょうが、野生動物の現実を知るのには手軽なチャンネルで私は時々見てます。この前の某民放の動物園再生ドラマもよかったけど、サバンナのリアルな映像もよいよ!

今度A先生に会ったら、いやがらせ半分wでアシカ話してやろーっと。
Theme:日記 - Genre:日記

| Incidents | 19:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/298-12b4e629

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。