• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Walk on crutches for my first time

やることはいっぱいあり過ぎるのですが、ちょっと現実逃避でエントリー。

もう数日経ってしまいましたが、火曜深夜遅く(日付は水曜)、閉店作業をしこしこ遂行しておりましたら、風呂に入り口でツルッと足を滑らせ、右足だけなぜか、トンビ座りするような感じに足を折ったまま、尻餅ついてしまいました。手は動かそうにもバケツを持っており…。

それはそれはもう「ギャッ!」っと思わず叫ぶ激痛で、しかし作業中だし、骨が折れたわけでもなさそう(未経験ですが、多分そうならわかると思います)、慌てて立ち上がり(義父さんの視界の中にいたのもあり)、大丈夫ですーとか言いながら、その日はいつも通りに終わりました。

そして次の日。昨日よりとっても痛い。立てるし歩けますが、ケンケン状態。びっこ引いてしまいました。でも、痛めた箇所(右膝)は別に熱を持ってるわけでもなく、腫れ上がったわけでもなかったので、時間の経過で治るものかと思い、予定通り(休日でしたし)、夫と映画を観に出掛けました。ピョコピョコしながら。足が目立たないようにマキシドレスなんかで隠したつもりになったりもして。

本当はこの時点で医者に行けばよかったのですが、患部が腫れ上がってないので、深く考えてなかったのです。

それから明けて木曜日。我が家での一週間の始まり。ほんとなら今日医者に行こうと思いましたが、店番を替わってもらう夫が夜用事で不在なのは前からわかっており、「なら金曜にするか。」ぐらいに考えてましたが、夫や義母さんが、店番ぐらいどうにかなるから行って来なさいと言ってくれて、近所の病院までケンケン自転車(歩くより早いと思って)で行って来ました。

で、受付にてかくかくしかじか言いますと、まずレントゲンを撮らされ、私の痛がりようを見た看護師やリハビリの先生が松葉杖を持ってくるではありませんか(杖の前は車椅子にしようかと言われたが全力で阻止)。うげげげ、私、そんな大怪我ですのん?痛いけど、一応ピョコピョコ歩いてますが。

そして順番が来て、整形外科の先生とご対面…。
事情を話して診察開始。レントゲンではやはり思ったとおり骨には異常なく(ホッ)、軟骨系だろうということで(レントゲンに映らない)、痛む箇所を確認しながら、先生は、グニグニと患部をツボ押しがの如く押していきます。もう痛いの痛くないの。これまた「ギャー!!」と思わず叫んでしまいました。いた、いたたたたた…と、思わず半ベソになりつつも堪えてますと、ゴリゴリッ、グニグニッ、何だか中華の時代劇で見るような手付きで、膝の関節をぐぐぐーっと押し込んだかと思ったら(やっぱり激痛でここでも絶叫)、あら不思議。さっきまであんなに痛かった膝、完治はさすがにないですが、大方3割がた、痛みがなくなったではありませんか。ミラクル!

すると先生、「さっきよりましになったでしょう。半月板が割れて重なってたんですよ。」しれ~~っと言わはる。

ちょ、ちょっと何ですかそれ今の。
まいりました、お皿割れてたなんて。あーあ。こりゃ数日じゃ治らないのね…;;

で、これ以上はMRIを撮らないことにはちゃんとした診断は出来ないということで、それまでのつなぎでシップと、どうしても患部が疼いたりした時のための鎮痛剤、そしてさっき使い方を教わった松葉杖を借りて帰りました。

しかし、行きは自転車で来た私です。しょうがないので、自転車に杖を積んで、ゆっくりケンケンしつつ押して帰りました。

もうね、松葉杖ついてるだけで、義母さんやら風呂に来るお客さんたちが驚くったらないです。本人そんな大怪我したつもりないし、そもそも自分がすっ転んでのことなので自業自得だから、めっちゃ恥ずかしいです。

人生初の松葉杖経験は、こんなふうにやって来ました。一生縁ないかもなんて思ってたのに。でもある意味いい経験になりました。ケガも痛いけど、松葉杖がどんなに使うのしんどいかなども身をもってわかり、今後、松葉杖の人を見かけたら、今よりもっと親切にしようなんて思ったりもして。

あと、ケガの時の階段の上り下りのコツも教えてもらい、何かと為になった木曜の夜でした。
いやー、病気だのケガだの続く時は続くもんですな…、クワバラクワバラ。
Theme:主婦の日常日記 - Genre:日記

| Incidents | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/2353-a529366d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。