• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

S H I N O B I   HEART UNDER BLADE

このカテゴリも最近ご無沙汰なので1本投下。

S H I N O B I HEART UNDER BRADE

ロードショー中から、ポスターを見て「気になるな~。」と思っていた1本。先の休日、夫がDVDを借りてきてくれて一緒に見ました。いつもありがとうダンナ。

もうDVDがリリースされてるので、ちょっとネタバレ的なことを書いちゃいますね。

あらすじとしては、大雑把に言うと、忍者版ロミオとジュリエットってな感じですかね。

お互い、自分の育った忍の里のゆくゆくは頭領となる身分で、でも偶然に出会い、惹かれあうものの、互いの宿命はそれを許さず――――。

そーんな感じです。いつの世も世界中のどこででも、こうやって影の存在は、その時代時代の長に利用されるだけされて(この暗躍があるから長でいられるのに)、用がなくなってしまえば疎ましがられてしまうのですね。

このお話しは、家康公が天下統一をして、戦国時代が終わりを告げた頃の時代設定。

まぁ、夫の影響で、日常的にコッテコテで濃ゆーい中華時代劇だのアクションだのを見ているので、そっち系にすっかり目が慣れてしまい、かなりこの映画、薄ーい感じがしましたけども、まぁ、制作側の着眼点は悪くなかったかもです。

ただ、日本のお話しで、実在した超有名人が出て来るような設定なのに(家康公とか)、なーんか日本が舞台と思えない印象でした。日本でもない、かと言って中国とか韓国でもない、アジアには違いないのだけど、アジアのどこかわからない。そんな感じの。

私は時代劇はいつも「装束」にかなり注目してしまうのですが、予算の関係なのかなぁ、みんななんかペラく見えました。中華系大作の、HEROやLOVERSのあの豪華さを観た後ですと、なおさらです。

せっかく日本のお話しなんだから、正統派な装束を持ってきてほしかったなー。どの役柄の人も、妙にアニメキャラを実写にしたようなチャチさ加減だったのです。

特に主人公の鍔隠(つばがくれ=伊賀系)という里の次期頭領である朧(おぼろ)の装束と、卍谷(まんじだに=甲賀系)という里にいる毒女、陽炎。まるで時代劇系のゲームキャラっぽく見えました。形に起こす前のキャラデザインの走り書きみたいなイラストが目に浮かびましたもの。

アクションシーンは、ワイヤー多用など、「ありえない動き」がたくさん出て来て、私はそれなりに楽しめました。ただ、せっかく「何世代にもわたり、血をかけあわせて子を産し、常人ではない技を扱える者」がいるという設定なのだから、もっと派手にしてくれてもよかったと思うけどなぁ。

ありえない技、動きがいっぱい出てくる中、椎名桔平演じる、薬師寺天膳、かなりウケてしまいました。中の人はミミズだったとはw

椎名桔平って、例えるなら、ゲイリー・オールドマン的なポジションなのか?!

それから、さっきも書いた、朧という女性。これがまたありえない技を繰り出す!(でも映画の中では1度だけ)

破幻の瞳!!(はげんのひとみ)

これはどうやら自分で好きに繰り出せる技で、その技を繰り出している時(黒目が妖しく青く光る)の朧と目が合った者は全て、体中の神経、関節を壊されて絶命するという、大変アニメチックな大技(爆)。

スゴイヨスゴイヨw目が合っただけでぶっ壊れちゃうのよ。一目会ったその日から恋の花咲く…ではなく、おっ死んじゃうのよ。しかも悶絶死。壮絶。

結局、幕府に一杯食わされて、双方ズタボロになり、朧は大事な玄之助(敵対する卍谷の次期頭領で恋人)をその手にかけてしまうし(玄之助は自ら朧に殺されるのを望んだが)、朧は忍の命とも言える己の技、破幻の瞳を封印してしまうし、何だかな~~(-ω-;)ウーンって感じのエンディングでありました。

全体的に及第点、てとこかな(^-^;


そうそう、タイトルも気になったのだけど、SHINOBI、すなわち忍者、なわけで、アルファベット表記するなら、忍者も数えられる名詞だし(a ninjaで通用するもんね。具体的に言うならa professional spy (in feudal Japan)←オンライン辞書より)、このSHINOBIも同様だろうから、SHINOBIS、が正しい表記だと思うのだけど、何でかなぁ。

aもtheもつかないし…。英会話習いに行ってるので余計そんなどうでもいいこと?!が気になる今日この頃でした。

あ、それから、DVDを見てから、公式サイトを見に行ったのだけど、ごめんなさい、余計萎えてしまいました…。登場人物それぞれの秘話みたいなのが読めるのだけど(しかも結構なボリューム)、その文体があまりに素人くさくて…。深い設定が理解出来たのはよかったけどね。残念なり。
Theme:映画・ビデオ・DVD日記 - Genre:映画

| Movies & Dramas | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/228-b8c51079

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。