• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

The farewell lunch for Miss.R

先ほどフェアウェルランチ、行って来ました。
いつもよりうんと早起き頑張って身支度して、まずは大丸へひとっ走り。

もうすぐ渡英するいつもお世話になっていたRさんのお餞別は用意していたけど、今日は私とRさんの他に、もう一人RさんとNさん、合わせて4人での食事ということで、もう一人のRさんにもずっと何かしらお世話になっていたので、菓子折りを、Nさんとは今後もよろしくという意味で先方の負担にならない程度のプチギフトを待ち合わせ前に大丸にてゲット。

時計を見たら、よしよしまだ20分もある☆
ひとまず待ち合わせのビルに行って、屋内のカフェで一息つこう。
さっと1杯、カプチーノをすすって、さっき買った手土産をそれぞれ袋に詰め直し。準備完了。

今日のランチはCOCON烏丸の老香港酒家。Rさんに「出発までに一度ごはんでも。」と誘われた時に、ここの中華の話をしたら、食べてみたいということでここの飲茶が今日のメニュー。近畿周辺で、ここより香港ぽい飲茶が食べられるお店、私は知らないです(もしご存知の方、ぜひ教えてください)。以前、本店?が神戸の北野にあって、そこは建物もお庭も雰囲気抜群、北野と言うロケーションも素敵で、時々夫と遠路はるばる飲茶をしに来ておりましたが、もう閉店されていて、もう1軒神戸に支店がありますが、毛色の違うお店なので、もはや烏丸のここだけ。私にとっては超貴重なお店であります。

香港が好きで、香港の食べ物も大好きで、時々現地を訪れる私と夫ですが、そうしょっちゅう行けるわけもなく、私の血中香港度が下がると、ここの飲茶をいただいてチャージ…のつもりが、余計刺激されてしまって、なおさら血中香港成分が飢餓状態になる悪循環を懲りずに繰り返しております。

本場の飲茶を知る私には、ここのお店の飲茶ですら、だいぶジャパナイズされてるなと思うお料理もありますが、香港の飲茶を知らない向きには、かなり香港臭がしますので、テーブルについて、並べられる小皿や蒸籠をつつきつつ、皆さん大丈夫かしら…と内心やや不安になっちゃいました。結果的に大丈夫でしたけれど(多分)。

もうすっかり勝手に慣れ切ったつもりでいたので、ピータンなんて、そんなもん誰でも食べてるもんみたいにうっかりしており、フタを開けたら、この場で食べたことがあるのは私だけでした。そっかー、世間はそういうもんなんだとはっとした瞬間でした。慣れてしまった私には、無いともはや頼りないとすら思える八角の香りや香菜の風味、これは食べつけないと日本人の舌には美味しいと思えないかも。

いやしかし。女子4人もいたら、とにかくしゃべるしゃべる。蒸籠や焼き物のワゴンの段取りがつっかえるぐらいおしゃべりしちゃって、日頃、夫とぐらいしかしゃべる機会のない私は大変楽しい時間を過ごすことができました。

Rさん、自身のスキルアップとは言え、このところずっと定期的にお世話になっていたので寂しくなりますわ~。でもこれからのRさんが楽しみだと思っています。私も負けてられないなー。

寂しくはなるけど、イギリスに行く理由が出来たとも言えますw
滞在中に行けたらいいな。死ぬまでに一度は行きたい国リスト現在同率1位です!

え?同率?
フランスも1位w
いつかきっと。
Theme:主婦の日常日記 - Genre:日記

| Incidents | 16:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/2266-04c2f0c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。