• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

I weave about mileage program

一連のJAL関連の情報を見て、悩む悩む。
この数年、JALのマイレージプログラムに参加し、自営業なのも幸いし、年に1度しか飛行機乗らない割りに、そこそこ貯まるマイルのおかげで、去年も一昨年も無料特典券をもらえて、タダ乗りで旅行出来た我が家。

JALは経営再建する方向。この先JALのマイルを貯めようとするのは、効率悪い行為に成り果てないのか。

航空マイレージを貯めようと思って、JALを選んだきっかけは、航空キャリア数あれど、まず日本の会社が一番カードの使い勝手がいいだろうと思ったこと。そうなると選択肢は2つ。ANAとJAL。ANAはマイルを貯める方法が多方面に及んでいて貯めやすい。が、しかし、貯めやすい分、特典券を申し込むのに難儀する(倍率が上がる)と。JALだとそこまで貯めやすくはない分、特典券が比較的取りやすいらしいということと、路線が私たちの旅行したい方面に延びていたのがその理由。

JALに決めてからは、あらゆる支払いをJALマイルが貯まる方法にまとめ(夫の協力なしには出来ませんでした)、日頃の出費も出来る限りカード払いにして、こつこつ貯めてきておりました。

マイルを貯めるのにも、いろいろコツがあって、ただただクレジットカードをやみくもに切ればいいってものでもなく、どのカードをどういうふうに使うかってのがありまして。会費無料のカードなどもいっぱい出回ってますが、やはり会費取るカードの方がマイルの貯まる率も高めなわけで、どのカード会社を選ぶかってのでも、先々大きな差が出ます。

そりゃ一番いいのは、こまめに飛行機に乗るのが、一番いい利率でマイルが貯まっていくわけですが、出張族でもない我が家、地上であの手この手で貯めていくしかないわけです。

お金を残すには、クレジットカードの類を一切持たないこと、と言い切る評論家もいますが、仮に私たち夫婦の生活で、全て現金生活(商売的にむしろ一番手軽)をしていたら、2年も続けて旅行の時に、ビジネスでチケットなんて取れてないでしょう。どこかで帳尻合ってるんだとは、理屈ではわかってますが、やっぱりなかなか乗れない席は嬉しい小市民です。

現在、真ん中クラスのJALカードをメインカードとして、セゾンを組み合わせてマイルを貯めてますが、念のため、ANAも貯めようと思えば貯められるラインを作った方がいいのかな…と考え始めております。

さすがにあまりにカード作るのは、与信枠にも限度ありますし、持ち過ぎるのは感心しないので、ここで悩ましいわけです。ANAってほんと気軽に貯められるんです。極端に言えば楽天で買い物するだけで貯まります。

さりとて、JALが今あんなだからって、一気に何もかも振り替えてしまうのもどうかなと思う昨今。

手持ちのJAL用カードのステータスを下げて(会費節約のため)、ANAのラインも手配しちゃおうかな…。

あと、問題なのが私のカード。会費が高いんです。いろいろ付加サービス目当てでやや無理目に作ったものですが、会費が割に合ってないとも思っていて。空港のラウンジが使えるのは魅力だけれど、カード名義者のみのサービスだから、大体夫と行動してれば、もう1人分は実費だし…。ぶつぶつ。

となると、楽天のゴールドカードにでも鞍替えかなー。うーん、それもどうなんかな。
Theme:ひとりごとのようなもの - Genre:日記

| Talk Nonsense | 20:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/2202-b6592606

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。