• 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

How to make up

今日はちょっと女子向けな内容です。

もうすぐ運転免許の更新に行くので、悪あがきをしようとw、先日コンビニに行った時、ちょっとagehaを立ち読みしてみました。agehaとはご存知、小悪魔ageha、キャバ嬢がこぞって教科書にしている?!ファッション誌。

写真用の特盛メイクなら、これにかなうものはないだろうと、半ばネタ的にも面白いので、たまに見かけると、ちょっと中を覗いてしまいます。いやはや毎度毎度すごいんだこれが。

もはや説明不要ですが、彼女たちの辞書に、TOO MUCHという言葉はないのです。ただただスゲー@@

とにかくアイメイクとヘアセットにかけるその情熱。ネイルもすごいageha嬢たちですが、ネイルはサロンでもやってもらえたりするから、とにかく自分でやる範疇であろう、目元とヘアスタイルはマジで恐ろしいぐらいのテクニックです。

私らの世代の母親世代が、ちょうど所帯を持つ前ぐらいの写真って、やたら厚化粧に見えたり(私の母も多聞に漏れず)したものですが、あれは今を思うと、化粧品の品質のせいもあったと思うのです。今、当時を思えば、比べ物にもならない高品質な化粧品を使える時代に、あそこまでがっつりと顔に塗ったくれてしまう、もう一種のアートだとすら感じます、あれ。

子供の頃、泥だんごを作るのに、ちょっとでも堅い粘土状の土を探して丸めて、乾いた砂をまぶしては形を整えて…、

あれに似てる気がします。

しかし、いつも感心するのが、今の化粧品って、化粧下手の人でもそれなりに仕上がるように出来てるのですが(要は薄付き)、そんな仕様のものをあれだけごってり顔に乗せられるもんなんだなぁと。私もたまに、どれぐらい厚く出来るかやってみるのですが、とてもああはなりません。地の問題(元の素肌の状態)なのかなぁ。若い肌だとああ出来るのかしら(悲)。

一応、それなりに道具はあるので、次の休みでちょっと頑張ってみますが、オモロイことにならへんかなぁ><
前に、ものは試しと、ギャルがやってるみたいな黒々アイラインでお目々を太く囲んでみたら、鏡の中に、ケラリーノ・サンドロヴィッチがおわしまして、がっくり(嘆)。まあ、若い頃から似てる似てるとは言われてましたけどね。うわー、これはヤバイと思ったのは久々でした(苦笑)。

まあ、めげずにいろいろ試してみます。免許証、ちょっとでもいい写りだといいなー。
Theme:ひとりごとのようなもの - Genre:日記

| Talk Nonsense | 20:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/2171-5a8e158d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。