• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

BOLT

ボルト

たまには違うカテゴリーもエントリーを。
先日、DVDがリリースされたので見ました。実は、先の旅行の帰りの飛行機で、何となく見たら、とても引き込まれてしまったので、改めてゆっくり見てみたわけです。

いやー、ディズニーは外さないですねぇ。子供向けかと思わせて、大人も見て楽しめる。以前もカーズミスター・インクレディブルを見てとてもよかったので、今回も安心して見ておりました。あ、そーいや、レミーのおいしいレストランもディズニーでしたね。あれもよかったなぁ。レストランの厨房に不衛生の象徴とも言えるネズミってどないやねん、ってトンデモ設定ではありましたが。

ディズニー独特の画風(どの映画もキャラ絵がよく似ています)は日本独特のアニメに慣れた日本人にはどうだろうとも思いますが、気にしなければ、最後までのめり込んで見ていられます。

実は、飛行機でチラ見した時、全くボルトに関しての情報を持たずに見たので、冒頭部分で少女に彼女の父が電話で緊急事態を告げ、お前のペット(これが犬のボルト)を改造したから守ってくれる、と伝えた時点で、「ええええー!」ディズニーでそんな設定アリ~~?しかもその後はしばらくハリウッドばりのアクションシーンが立て続け。

思いっきり引き込まれてしまいました。その鮮やかさに。

とにかくボルトがいじらしい。ひたすら少女を守ろうとする。ひたむき過ぎて、自身のスーパーパワーの存在を疑わず。とことん男前のキャラでした。吹き替えで見ましたが、口調も男前な感じでぴったり。

でも、旅の仲間となる猫の存在もすごくよかったです。普通の犬の生活を猫なのにちゃんとボルトに教える。毎度、犬としての行動がわからないボルトに根気よく付き合う。この映画は愛に溢れてるなぁとひしひし。

もう1匹の仲間、ハムスターも、お調子者かのように見せて、その実、とても熱いキャラ。今までのつらい日々のせいで、いつでもちょっと斜に構えてる猫との対比が強調されて、すごくいいバランスでした。

旅の道中の挿入歌(月に吼える)ってのも、ロードムービーぽくてよかったな~。フタを開ければ全く普通の犬だったボルトの、少女との劇的な再会シーンの直後に訪れる絶体絶命の危機の時の火事場のクソ力を発揮したボルト、ほんとやばかった~(褒めてます)。無事救出された後は、アメリカン好きする演出かなーと少々感じましたが、ま、許容範囲内でしょう。

とにかく年いってきて、なおかつ猫を飼ってる生活の私には、こんなアクションの多い映画でも、ところどころ涙腺がゆるむ映画でした。出てくるみんな(犬、猫、ハムスター、そして飼い主の少女)がいじらしい。これだけでダメです(褒めてます)。

ここまで来ると、3Dアニメと言えど、完全に大人向けですね。刺激が欲しい向きには物足りないでしょうが…。
まだ見ていないディズニーとピクサームービー、片っ端から見たくなりました。
Theme:DVDで見た映画 - Genre:映画

| Movies & Dramas | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/2144-b93c3b09

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。