• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FC2トラックバックテーマ  第853回「しょうがを使った美味しい食べ物・飲み物」

FC2トラックバックテーマ  第853回「しょうがを使った美味しい食べ物・飲み物」


定番としては、豚のしょうが焼きなんて美味しいですね。白いごはんがいっぱい食べたくなります。
子供の頃、あんまりしょうがって好きじゃありませんでした。でも年寄り所帯だったのもあり、やたらしょっちゅう口にしていたのを覚えています。

豚のしょうが焼きというやたら美味しいものは子供の頃食べたことありませんでしたが、煮魚、そうめんの薬味でついてくるおろししょうが、ばあちゃんの買ってくる飴にはしょうが味のもあったように記憶しているし、何より揚げた天ぷらを買って帰ると、必ずその中に1つは毒々しい赤いしょうがの天ぷら(紅しょうがの天ぷら)が入っていて、幼心に憂鬱でした。

しかし味覚は年とともに変化していくもので。

もう中年まっしぐらの今、紅しょうがだけはちょっと今もあんまり好きではないけど(辛さに酸っぱさが加味されてるのがダメかなと自己分析)、いわゆる普通のしょうがに関しては、大体どんなふうに使われていても美味しく(むしろ欲しい)いただけるようになりました。

で、お題。
このブログでも時々話題にしておりますが、姜葱油!(きょんちょんやう)
これが最高~に美味しいです。料理と言うより「たれ」のカテゴリにあたるものですが。

中華料理のメニューなんかでは、日本語で「ネギしょうがソース」なんて書かれてることもよくあります。使い方としてはソースですが、オイルベースなので、たっぷり使っちゃうともたれるかも。たっぷりの刻んだ青ネギに同じくたっぷりのおろししょうがを用意して、香港のスーパーならどこにでも売られてる、鶏粉(チキンストックのインスタント)をわっさわっさと振り入れ、ピーナツオイルをどぼぼと入れて混ぜて全体がなじむまで置いとけば、似たようなものが出来ます。鶏粉に塩気がありますが、ちょっとしょっぱいぐらいの塩気が美味しいと思うので、そこは後で好みにしてみてください。

似たようなものと書いたのは、正式レシピを知らないからです。でも大体同じようなものが作れます。青ネギが塩気とオイルでくたっとした方が美味しいです。

日本だと、鶏粉がなかなか手に入らないでしょうから、顆粒やパウダー状の中華だしの素などで代用出来ると思います。

さてこの姜葱油、どう使うか。王道で、ぜひ蒸し鶏のたれとして食べてみてください。ごはんとも合うので、香港風に、ごはんの上にスライスした蒸し鶏を乗せて、このたれをかけても絶品です。

もうすぐ現地で食べられると思うと、そわそわしちゃいます。がっつり食べてくるぞー。
Theme:FC2トラックバックテーマ - Genre:ブログ

| Track Backs | 19:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/2106-1f9636a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。