• 08<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>10

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Birthday dinner for me at Santa Maria Novella Tisaneria

今年は誕生日が水曜で、ちょうどお休みであります!ワーイ

そんなわけで、去年からお店を手配してありました。
お気に入りのガスパールもいいかなと思ったけど、ちょっと手配するのに出遅れて(超人気店なのです)、ならばと、去年10月にnanaiさんとランチしたら、とてもよかった四条のサンタ・マリア・ノヴェッラ。

今日はここでディナーしてきました。

まずはこちらが本日のメニュー。

厚手のトレーシングペーパー製。わざとかすれさせる演出(夫曰く)。通常メニューとは違うようです。日付入りなので、使い回せないってのが特別感が出てよいですね。

つかみはバッチリ、ってところでしょうか?

苦手な食べ物はございませんか?と事前に確認してくれるのもありがたいですね。私はさほど苦手なものはないので、今日はしっかり楽しもうと思います。


鱈の白子のフリット。

表面はさくさくこんがり揚がってて、中はとろけるギャップのある食感。うーん美味しい!
白子をこういう食べ方したのは初めてでしたが、いけますねー。

これはあくまで個人的な私の勝手な解釈ですが、白子って結構アダルトな食材かなと思うんです。でもこういう揚げ物でタルタルのようなソースをかけると、途端に何だか若々しいですね。あえて言うならドレスダウンしたとでも言うか。ちょっとファーストフードにつながるものがあるような。

おうちでも出来ないかな…これ。



ひらまさのカルパッチョ。
菊菜をジェノベーゼ風にしたソースやら、えび芋をフリットにした付け合せなどなど、これはおうちじゃなかなか出来ない&思いつかない、さすが!なお料理。

ジェノベーゼは大好物なのですが、菊菜でやるのも面白いと思いました。これは逆にぐっと大人味。ほろにがなのが全体が引き締まっていい感じ。えび芋チップスがすごい軽快な歯ざわりで、いろんなところに気を配っているなぁという印象でした。


お次はトルテリーニのコンソメ仕立て。かわいらしいです。

トルテリーニの中身は京丹波の地鶏ミンチ。いちいち細かいのが嬉しいです。

トルテリーニぐらいなら、家でこねこねちまちま作れないこともないけど、このスープは一から作るの大変だな…。

つい、美味しいものを食べると、家でも再現出来ないかなと考えてしまいます。



じゃーん。きのこのタリアテッレに黒トリュフがふんだんにトッピング!

もちろん、お店の方が食べる直前にテーブルの上でしゃしゃしゃっとスライスしてくれた、フレッシュなトリュフ!すっごい香り立ちです。いい匂い~~~!

きのこからしっかり味が出ていて美味しいったら。もっちりしたパスタも食べ応えじゅうぶんで。いやー、ありがたやありがたや。

天然物の平目のヴァポーレです~~!
ヴァポーレとは蒸し物のこと。キャビアの塩気と一緒にいただくとちょうどよかったです。

飾られてるのは京大根をカットしたもの。ほぼ生の大根の歯ざわりと風味が口の中をさっぱりさせるので、食欲が止まらなくてヤバイです。

途中、グラスで赤、白と交互にお代わりしながらいただき、添えられているパンもお代わりして片っ端から平らげる有様…w



鴨のローストです~!
どれもこれも美味しいです。お肉の焼け具合もちょうどいいし。この外側の焼けたところと、中のピンクのコントラストって、本能にダイレクトに訴えるある意味卑怯な色合いだと思いますw

日本料理も素晴らしいけど、イタリアンも素敵だな~~~。


さっぱりすっきりお口直しのソルベ。

フランボワーズの色が美しいです。日本人の作るイタリアンは、ポーションが絶妙ですね、全てにおいて。当たり前なんですけどね。日本人が日本人のために作ってるのですから。

結構しっかり食べる方だと自覚はしていますが、ちょうどデザートが運ばれる頃になると、いい頃合でお腹も膨れてきていて、さすがだなぁと毎度思います。

多分、イタリア人が食べてもきっと美味しいと思うんだけど、量は足りないんだろうなぁ、やっぱり。




さあドルチェ。
デコレーションしてあるのでちょっとわかりにくいですが、向かって左側はダックワーズ。
メレンゲを使った焼き菓子は特徴のある食感。これ大好きなんです。イタリアンでフレンチなデザートとは、最近流行りのフュージョンなのかな。天草という品種のみかんは今回初めていただきましたが(この皿では右側のジェラートがそれ)、大変の味の濃い美味しいみかんでした。普通の果物屋さんに売ってるかな?あったら買ってみたいです。

いやー、10月のランチのことを覚えている店員さんもいて(恥ずかしい~~><)、居心地のいいお店でした。またそのうちランチで来たいです。ごちそうさまでした<夫
Theme:日記 - Genre:日記

| Incidents | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1886-fb2810ae

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。