• 05<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>07

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Go round New years greet my family

毎年元旦の我が家は大変なのです。
何しろ前日の大晦日は通常通りに風呂屋を営業してますから、何もかも全て終わったら、いつも通り、夜が明けているのです。

で、年にせいぜいお正月とお盆、この時ぐらいはさすがの私も自分の実家に顔を出しに行くので、寝ずのまま向かうことになるのです。

元旦しか休みがないし、2日はもう初風呂の営業なので、全くと言っていいほど時間なんてありません!

それでもどうにかギリギリまで片付け物などを済ませ、大阪に向かって出発しました。ふー。

いざ着いたらまだ従妹たちが到着してないとのことで、実家そばのファミレスにて、軽く朝ごはんなぞ食べ、コーヒーを飲んで眠気と戦う…。

さて昼前になり、親戚一家も到着。お決まりのご挨拶をして、まずは墓参りへ。従妹たちとまともにゆっくり顔を合わせるのは2年ぶり。同じ年に結婚した従妹ももう二児の母で、すっかりいろんな面で逞しいおかあちゃんになってて羨ましい限り。

墓参後、叔母が気を利かせて「良かったらこの後、うちに寄らない?」と声を掛けてくれたので、久しぶりだしお言葉に甘えてそちらへ向かう。

突然だし、予定外だったので「お茶も要らんからね!」とは叔母に言ってはいたが、さすがその辺細やかに気のつく叔母なので、上手に叔父にレンタルビデオを返しに行くふりをさせて、ケーキを買いに行かせておりました。相変わらずさすがやな、すんまへん、おばちゃん><

何より従妹と久しぶりにゆっくりいろいろ話せたのがよかったです。従妹とは、姉妹…とまではいかないけれど、やはり血縁者の気安さと言うか何と言うか。そのうち従妹の嫁ぎ先も尋ねないといけないな~。

その後、日も暮れて、叔父たちが「メシ食って行け~!」といつもの調子で気ぃ良く声を掛けてくれたけど、この後、京都に戻って今度は夫の両親宅でご挨拶が待っているので、そこは丁重に断り、叔父宅を後に。

予定していたより早くいろんなことがサクサク片付きちょっと怖い気もしながら、帰宅。少し休憩して今度は夫の両親宅へ。徒歩20秒ナリ。お雑煮とお節を少々いただいて、まんまお客さんのまま、嫁らしいことは何一つせず、そのまま自宅へ。

いやはや親の顔も仲良しの親戚の顔もたまには見たいものなのだけど、やはり自分ちで夫と2人、そして愛猫たちを愛でつつのーんびりしているのが一番ですなぅ。とりあえず疲れました…。往復の道中、運転手してくれた夫に感謝感謝。来年は別に電車で行ってもええかもね。
Theme:謹賀新年 - Genre:日記

| Incidents | 20:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1593-90ecc128

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。