FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Harry Potter and the Order of the Phoenix

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団
http://harrypotter.warnerbros.co.jp/site/index.html
Harry Potter and the Order of the Phoenix(UK)

公式サイト貼っておきますね。イギリスが舞台のお話しだからUKの方もペタっとな。

いやー、このカテゴリへのエントリー、超久しぶりです。
観たい観たいと思っていたハリポタ、やっと観れましたー(DVDだけど)。

もうね、ハリポタ大好きです!ハリポタ以前に元々ファンタジー好きなんですけども。
早いもので、もう映画の方も5作目。ああ、あと2回見たらお話し終わっちゃう…。
ハリー達、すっかりいいおにいちゃんに成長してますね。ハーマイオニも相変わらず可愛い。

さて前置きはそれぐらいにして。
DVDもまだ出たばかりだから、あまりストーリーに触れるとネタバレですなぅ。

いやしかし、ファンタジーな魔法の世界と言えど、なかなか重たい内容になってきてますね。ああハリーの苦悩はいつまで続く。何と言う業を背負ってしまったんでしょう。架空のお話しなのに、ストーリーが進むごとに、ハリーがかわいそうになってきます。唯一の血縁一家はとりあえずどうしようもなくいけずだし、クリスチャンの世界では親同等に大切な存在だと言われてる名付け親はああだし、何かあるとすぐその類まれな能力つーか魔力のせいもあって、誤解ばっかされちゃって。

何も悪くないのになあ、ただ両親が凄腕の魔法使いだったってだけで。まあ、そういう両親だったって辺りで、生まれもって人並み以上の素質を備えてしまったのもあるんだろうけど。あれれ、魔法の世界で"人並み"なんて表現も変だぞ?

とりあえずハーマイオニは何かあるとすぐ飛び付いてきてハグする子だなあと思っていたら、Wikiにもそんな記載があって笑っちゃいました。そっか、そういうクセなのか。私が男子同級生だったら誤解しちゃうよあんなかわいこちゃんだもの。

原作をかいつまんで読んでたりするのでこの先のストーリーも多少はわかってるから、それらを合わせて考慮すると、今作品は、ラストへ向けてのとっかかりに過ぎないでしょうね、もっともっとダークなことがいっぱい起きますから…。

子供向けと思ったらほんと大違いです!生活のために書いたお話しだとはとても思えませんね。

そうそう、魔法族は普通の人間のことをマグル、ってあの世界では呼んでますが、このマグル(Muggle)って、すっかりイギリスでは市民権を得た単語として通用しちゃってるらしいです。魔法は現実世界にはないものですから、例えば何かの専門分野などで、「私はマグルだからよくわからなくて。」みたいに使うそうですよ。なるほどねー。

よし、今度の英会話で使ってみようw


追記:今作品で出てきた、「必要の部屋(あったりなかったり部屋)」って原文では?と思ったら、"come and go room"とありました。うわー、訳者さん大変ですね。ストーリーを知ってる方からすれば、「なるほど!!」と膝を打つところですが、いきなりこの言葉を見てもナンノコッチャ??ってところでしょう。

ちなみにこの部屋、大変都合のいいお部屋でして、強く欲すると必要なものを中に備えて現れてくれるお部屋なのです。さすが魔法の世界。

そうそう、こんなエピソードも。
偶然かどうかはわかりませんが、この部屋が現れる場所(一応決まっている)の前で「トイレ、トイレ…」とおろおろしていたら、この部屋が現れて、中に入ったら、大量のおまるがあったとか。

ダンブルドア校長…('A`)
やっぱりお茶目な爺さんですなw
Theme:ハリーポッターと不死鳥の騎士団 - Genre:映画

| Movies & Dramas | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1511-0756010f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT