• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

He is the best foot warmer

一昨年ぐらいの冬頃から、「人間の部屋にはなぜかそこだけやたらぬくいところがある。」と学習し始めたうちの阿龍。

そこだけやたらぬくい、というのは、ホットカーペットだったり、人が寝ているベッドだったりするのだけど、去年辺りからどんどん猫的にも?図太くなってきて、寒がりな阿龍は、私がベッドに横になると、隣にやって来るようになりました。

で、今年。気が付いたら毎日私が床に就くと、そそくさとベッドに上がってきて、まず枕の周りを鼻先でつんつんクンクン。私が布団をかぶっているということを理解しているので、私と布団の間を見つけると、そこに顔をぐりぐりつっこんでくるので、「はいはい~。」と布団をちょっとめくってあげると、するするーっと人の体の上をのしのし這って、私の両足の間(これが定位置)でぽてん、と横になり、人の足にもたれかかって脱力→そのままうつらうつら、がもう就寝儀式、みたいになっておりました。

そして最近の阿龍。
布団をめくってもらうのももうもどかしくなってしまったのか、私のわき腹辺りからダイレクトに布団にもぐってくるようになりました。

多分、私が寝返り打つたび

布団から蹴り出される→私が熟睡してると布団めくってもらえない→でも布団に入りたい

∧∧
( ゚д゚)ピコーン☆
横からだったら入れるやーん♪

と学習したみたいです。なんと可愛いやつ。

そんなわけで今日は起きしな、阿龍がぐりぐり潜入してきて、ちょうどそれで目が覚めました。足元にこやつがいる時、布団から出るの、筋違えそうになります。寝起きで体硬いし。

でも攣りそうになりながら、出来るだけそーっと体を起こすのが近頃の起床行事。猫ってものすごく暖かくて柔らかくて、この時期は罠そのもの。何度「あーん、もうこのまま阿龍行火で寝てたい!」と思うことか(笑)。
Theme:猫のいる生活 - Genre:ペット

| Mew Mew | 16:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1506-3809d6a7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。