• 09<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>11

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第278回「今までに見た一番怖い光景」

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当です。今日のテーマは「今までに見た一番怖い光景」です。

幽霊や、怒り狂ったお母さんや、あってはいけない出来事。あなたが今までに見た、一番怖かった光景や出来事を、今日のテーマにしてトラックバックしてください。

学生の頃に良くやりましたが、朝起きたら既に遅刻の時間を余裕で過ぎていたときの時計を見たときなど、背筋が凍る思いでございました。しかもそれが大事なテストの日だったりするとなおさらです。時計の見間違いかな?と思って何度も見てみるのですが、ダメです。今日、夢の中でその状態を再現してしまい、死ぬかと思いました。夢でよかったですが、夢でもあんな怖い思いはこりごりです!

あなたはどうですか?トラックバック、お待ちしてます!
第278回「今までに見た一番怖い光景」



怖い思い…。年相応に?何度か経験あります、それなりに。
その中で一番怖かったこと…、うーん、決められないなあ。


その1:友達の車に乗せてもらっていて、大事故に遭った時
事故に遭っている真っ最中は、景色が走馬灯のようにゆっくりぐら~りと、時間軸が狂ったように感じられるとはよく言いますが、まさにそのとおりでした。「ああ、ここで私死んじゃう!」本気で思いました。

その2:所用で大阪某所を一人タクシーに乗って移動していた時
確かお正月でした。時刻は宵の口でしたが、道は空いていて見通しもよく、ぼーっと車窓を眺めていると、道の向こうに大きなバイクが転がっていて、「あ、事故!」と思わず呟いたと同時にバイクを運転していたであろう若い男性が倒れているすぐそばをタクシーで通り過ぎたのですが、「ヒッ!」とすくんでしまうぐらいの血だまりが出来ていて、縮みあがった私にタクシーの運転手は「ああ、ありゃダメですな。」とぼそっと言ったのがなお怖さ倍増で…。

その3:結婚したばかりの頃、洗面台で身支度をしていると
背後にすごい気配を感じ、ふと顔を上げると、私の後ろに誰かいるのが目の前の鏡に写り、声にならない声を上げそうになりました。家にいる誰かではありませんでした。遺影でしか拝見したことのなかった、夫の祖母でした…。どうやら孫の嫁がどんなやつなのか気になって見に来られたようです(汗)。

どれも思い出すだけで今も背中がひや~っとします。順序つけがたいですね。

出来ればもうこういう場面に遭遇したくないものです(-_-;)
Theme:FC2トラックバックテーマ - Genre:ブログ

| Track Backs | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1364-ff06a811

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。