FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Neko no jikan

さて、先の投稿にも書いたように、やっと実家関連の用事を済ませました。そしてここはせっかくの大阪。前から行きたかったところへ寄り道します!(こういう鼻先にニンジンみたいなのでもないと腰の重い私)


天満にある『猫の時間』です。大阪における(いや全国的にか?)猫カフェのパイオニアと言ってもいいぐらいのお店です。

…行ける限り可能な猫カフェは今まで足を運んでいる私ら夫婦なのです。台北、香港、大阪…(東京にもそのうち行かねば)。ここのお店はとっても有名でずいぶん前から評判は聞いておりまして、何が何でも行かねばと思っていたのが今日実現しましたヽ(´ー`)ノ

ほぼ向かいの関西テレビの駐車場に車を停めて、いざいざ。


週末、すごい混んでるらしいです。平日でよかった…。


おお、通路沿いにこんな看板が。期待ワクワク。やや怪しげ?なエレベーターを上がると、なお怪しげ?な"一見さんお断り"的雰囲気が。ここまでだとすっごいヤバそうです。こんなテナント入って大丈夫?(なんて失礼なヤツ!)

土足禁止のお店のようで、お客さんのと思われる靴がいくつか並んでました。よし入るぞー。入り口でスリッパに履き替えて、カウンターに向かうと、お店のおにーさんがいくつか説明してくれました。なるほど何でもとりあえずは前払いなのねん。平日夜は、フリータイムなのでチャージじゃないのは気楽でよいですね。では早速猫たちのいっぱいいるエリアへ…。

お、隻眼だけど、グッドルッキンなラグドール、かな?毛がふわふわ~(BJ君って言うんですって)。

毛の状態の良さから、どの子もとても健康そう。このお店がどんなふうかちょっと書くと、お店の半分はカフェエリア、もう半分は猫と戯れるエリアとなっていて、カギのかかる引き戸で仕切られています。

以前はこんなふうに分けずに営業していたそうですが、まぁ飲食物を出すわけですし、こうしておく方が何かといいのかな。

さて、いろんな子たちを撮ってきました。ぺたぺた貼っていきます!


トーティシェル(サビ)のバーミーズのハナちゃんと、バイカラー(タキシード)のエキゾチックショートヘアのししまる君。


可愛い!キジトラ(ブラウンマッカレルタビー)のスコティッシュ・フォールドのむぎちゃん。


チョビ髭(でも女の子!)が印象的なバイカラーの立ち耳スコのにこたまちゃん、先のむぎちゃん、スコ座り(こういうポーズをそう言います)で毛づくろい中。


泥のように眠っている、レッドタビー&ホワイトのロングヘアスコののりたま君。


この子もおねむ。バーミーズのチャイ君。


やっぱりこの子も眠い(笑)、カメオカラーのラグドールのカイ君。


とっても野性味あふれるルックスのベンガル、マライアちゃん。


こんなボードが貼り出してありました。これでここにいる猫スタッフの名前と種類がわかるようになっています。いろんな子がいるんだなぁ~。

当然ながら猫にも個性がありますし、相性の問題その他ストレスなどなどあります。生き物ですもんね。

お店のスタッフさんたちは、その都度、お休みさせたり、潔く引退させたり、新たな猫を連れてきたりと、いろいろ工夫しながらカフェを運営されてるようです。なるほどなー。何かと大変なことも多いんでしょうねぇ、さぞ。


アタシにかまうなよー、てな表情の、ブラウンタビーのアメショの茶々ちゃん。


猫リビングエリアの様子。人も伸び伸びくつろげます。


そろそろ一旦休憩して、お茶でもいただこうかな。カフェエリアに戻って飲み物をオーダー。これ、『のりたま』っていう名前のオレンジティー。他にもここにいる猫たちの名前のついた飲み物があれこれ。

こちらのカフェエリアは照明も落とし気味で、とてもまったり出来ます。いやしかし、猫っていう生き物はどの子もどの子も片っ端から、催眠ガスをほわわわ~~~っと放出しているので、そばにいるとつられてこっちまで眠ーくなってきます。ぽやぽや~。

一応、引き戸で仕切られてるとは言え、こちらのカフェエリアにも、



これまた寝っぱなしのペルシャのぷー君、まったり卵のように座ってくつろいでいる、スコのすみれちゃん。


こんな感じでお茶を飲んでいても、常に視界のどこかに猫がいます。はー、たまりません。こんなお店、京都にも出来ないかしら。

あっという間に2時間近く経っていて時計を見てあらビックリ。じゃ、そろそろ帰りますかと出口へ行ったら、猫たちがぞろぞろとお見送り。エレベーターそばの貼り紙にこの時気付きました。

"猫を連れて帰らないでください"

でもこんなにかわいいと魔が差すぜ~~。もちろんお持ち帰りしないけど。そういや11月に行った香港の猫カフェの小骨ちゃん、元気にしてるかなぁ。急に思い出しちゃいました。あのカフェもよかったー。

店を出て駐車場に戻り、この後はそのまま京都まで帰りました。

またそのうち遊びに行こう、このお店。
Theme:今日の出来事 - Genre:日記

| Mew Mew | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1238-07eb6d86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT