FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Birthday dinner

Gaspard's puddings


先月26日付の投稿分でも書いたように、私の誕生日ディナーってんで、予約していたGaspard zinzinに行って来ました~!

本店よりもまだ小さい2号店、ザンザン。何よりうちから歩いていけるのがお気楽です。カウンター数席と、2人がけのテーブルがいくつか。コートを預けてテーブルに案内してもらいます。あまりに小さなお店なので案内してもらうまでもない…感じでもありますが、

お!テーブルの端っこにこんなネームプレートが。シャンパンボトルのフタをちょちょいと加工して作ったかわいいイスに○○様、と。

ささいなことですが、こういうのってちょっと嬉しいな~。

メニューを渡され順に眺めていきます。ここはガスパールの2号店でちょっとメニューなんかも少なめなんだそうですが、いやいやどうしてどうして、どれもこれも美味しそうですよ!ワクワク。

前菜とメイン+ちょこちょこあれこれ、なプチコースもありますが、これは一切お任せなんだそう。これもとてもそそられたのですが、今日は誕生日ディナーっつーことで夫に甘えて、全てカルトでシェアしつついただくことにしました。

コロンとしたアミューズ。スターターとしてまずはフィンガーフード。

指先ほどのとてもかわいらしいサイズのシュー。中身はカモとチーズのムースが。


キャロット・ラペ
これ好きなんです。フレンチ系のデリではとてもポピュラーな一品で、大抵何かのつけ合わせだったり軽いランチのサラダ代わりだったりすごく地味なものですが、あるとつい食べたい私。家でも出来るものだと思うけど、このラペるのがなー(´ヘ`;)

例えるなら、フレンチ風のにんじんなます?!さっぱり甘酸っぱい。まるでお刺身のツマのように極細にカット(=ラペ)されててお見事。レーズンとくるみがとてもよく合うんです。


砂肝と茸のソテー 半熟卵添え
半熟卵とあるから、ゆるーいゆで卵かなと思ったら、(多分ラップを使ったと思われる)茶巾にした、ポーチドエッグです。ほぉほぉ。

こんな一品もおうちでぜひやってみたい。

大抵こういうのは、この卵をざっと崩して食べるのがお約束。では早速。


半熟の黄身って、なんと優秀なソースなんでしょう。

ゆるい黄身がとろーり。美味しそう!むむ!こんな砂肝は初めて!砂肝なので、ザリザリシコシコした独特の食感と思ったら、すごく柔らかい。茸とも相性よく、これは( ゚Д゚)ウマー

どう処理したらこんな砂肝になるんだろう。茹でこぼすだけじゃきっとこうはならないよね?

私は酒飲みなので、こういう一品だとワインが進むなぁ~!

カエルもも肉のムニエル 焦がしバターソース
今日は何となく、「普段家で食べられない肉系」ばかりチョイスしてみました。香港ではお粥や土鍋ごはんでよく食べるので、私たちにはなじみのあるものですが、こういうアレンジでいただくのは初めて。

ニンニクやハーブの効いた香ばしいバターの風味がたまりません!


さっとフィンガーボールを出してくれたり、シェアしつついただいているので、お皿を取り替えてくれたり、サービスもなかなか。一緒にいただくパンにつけるバターもエシレだったりして、これまたワインが(以下略。

鹿ロース肉のポアレ カシスソース 根セロリのピューレ添え
新婚旅行以来の鹿です!今日はジビエってます。
家畜じゃない動物の肉というのは何かとクセがあったりするのですが、今回いただいたのは美味しかった~!ジビエって、フルーツ使ったソースが多いですね。カシスって鹿に合うんだなー。

食べ応えあるしっかりサイズ。根セロリのピューレというのは初めて食べましたが、ほろ苦さがカシスと相まって美味でした。


ドンブ産ウズラのロティ エストラゴン風味
最後の一皿はこれ。思っていたよりしっとり美味しいお肉でした。むかーし、身が固くて食べるのに一苦労したあのウズラとは全く別物…。

ウズラって鳩より丸っこい鳥だと思っていたのですが、思っていたより足が長いのですね。


どれもしっかりした味付けで、私のような酒飲みや男性にはぴったりですね。普段イタリアン転びなお店でよく食べるので、つい「た、炭水化物…。」と思いがちですが、たまにはこういうのもいいな。

グレープフルーツのプリン
先日お持ち帰りして食べたあのプリンです。さすがにお店でサーブする時はちょっとアレンジしてありました。しっかりお肉をあれこれいただいたので、かなりすっきりしました。

トッピングにやはりグレープフルーツ風味のグラニテ、その下にジュレ、そしてプリン。3つの食感の違うグレープフルーツを一緒にいただくとなんとさっぱり。


最後にエスプレッソとプティフール(小さな焼き菓子)。このプティフールに添えられた小さいビニール袋でビックリ。ここまででも結構なボリュームでしたので、「食べ切れなかったらどうぞお持ち帰り下さい」ってことなんですね。些細なこういうサービスが、「おおっ!」と唸らせる、最後まで抜かりのないお店でした。

しかも、コーヒーも飲み終えると、さっとおかわりまで出してもらえてまたビックリ。なるほど人気のほどがうかがえました。ここなら気のおけないお友達を連れて来るのにいいなぁ。リピート決定!

さて2号店でここまでバッチリだと、さすがに本店が気になります。近いうち、本店も行ってみよう。

大変結構な夕食でした。ごちそうさまでした<夫

※前回、クリスマスディナーに出掛けた時、ものの見事に食べたものを酔っ払って忘れてしまっていたので、今回はしっかりメモして帰って来ました。
Theme: - Genre:

| Incidents | 23:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

京都にお越しの際はぜひ

>>kasumiタン

いやー、誕生日ディナーつーても、当日なんて出来っこないから、いつも直後の定休日よ?w
(うちも休みの少ない商売だし)

お料理は…、うーん、得意とは思ったことないけど、根が食いしん坊で、飲兵衛だから、お酒に合うものを食べたい欲は人一倍かも!

外飲みも好きだけど、家飲みも好きなのよぅ(ノ∀`)

| 澪佳 | 2007/01/13 05:39 | URL | ≫ EDIT

ステキ~。お誕生日のディナーなんてホントにうらやましい。
しかもお料理もめちゃおいしそうで確かにワインがすすみそうですわ。
澪佳タンはお料理も得意なのねー。私はただ見るだけで、とても自分で作ってみようとは思わなかったよ。

| kasumi | 2007/01/12 21:55 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1203-a215548b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT