FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A triangular fight

はー、疲れた~。

今日はいつかやるぞやるぞと思いつつ今まで放置していた、我が家のベランダもどき&窓、網戸掃除を遂行!

ここは廊下沿いにある4間ほどの長さで、人が1人通れる程度の幅の板張りで、鉄の手すりが表側に、廊下側には木製の手すりがあるという、何とも珍しい空間で、何しろ2階と言えど、道路に面しているので、長年の廃棄ガスの煤だの何だので相当汚れておりました。網戸は何度か洗ったりしたのですが、やっぱり木製の手すりが気になって気になって。

で今日、休日。夫に網戸を外してもらい、そのまま階下へ持って行ってもらって洗い、表側からの窓掃除、手すり洗いをガシガシ頑張りました。

いやー、すっごい大変。汗だくかつドロドロになりつつ、どうにかやり終えました。

やってみると、思っていた以上に手すりもきれいになり、これでまた朝方の靚靚の遊び場がなおさら彼女にとって居心地いいものになったことでしょう(と思いたいw)

掃除を終えて、汗だくの体を拭き、一息つくと、もう夜7時を回っています。そーれ急いで支度して、阿龍を医者に連れて行かねば~~~~!

リードをつけて阿龍を抱きかかえ、夫と一緒にいつもの病院へ。相変わらずわんこで込み合う待合室。今日は何とドーベルマンがいるじゃないですか。

もう阿龍ったら、ぶるぶる震えています(ゴメンヨー…)。
私よりかなり若そうな女の子がリードを持っていて、時々そのドーベルマンをたしなめつつ、てな感じでしたが、正直、あんまりしつけが入ってなさそうな…。

ある程度大きな犬や、使役犬にも使われる犬種などは、訓練学校に預けてみっちり飼い主の言うことをよく聞くようしつけたりすると聞いているので(や、私は犬のことはさっぱりですが)、あまりに奔放なドーベルマンの動作に、内心ヒヤヒヤしちゃいました。

大きさにして半分ぐらいの、アメリカンコッカスパニエルちゃんにカッカッカッカッカ!とじゃれようと?したり、飼い主の女の子が「はい、じっとして。」と言っているのに、そわそわそわそわ。

この病院は、場所柄わんこの散歩コースにあるようで、待っている間も、表の道はいろんなわんこが通ります。

ラブラドールちゃんがおばちゃまに連れられて前を通ろうとした時、スパニエルちゃんがガウガウガウガウガウガウ!と激しく吠え出したもんだからさあ大変。ドーベルマンちゃんもカッカッカッカッカと足元をそわそわさせて、こりゃどうなるんだ?てな状態に。

うちのおっさんたら、小声で、

チャララ~~♪チャララ~~~♪

仁義なき戦いのテーマを口ずさむもんだから、こっちが酸欠になるかと思いました(-_-;)。

三つ巴の争いてか。

そんなこんなでヒヤヒヤしつつ、ようやく診察。目の状態をチェックしてもらって、経過も良好かつ順調。もうお薬は要らないでしょうとの先生の言葉にほっと一安心。相変わらずフケ野郎なので(´ヘ`;)、そのことを先生にまた相談してみると、「今のところ皮膚に何かあるわけでもないですし、体も問題なさそうなので、シャンプーしてもらうしか。」とのこと。一応、処方食のサンプルもまたいただいて、清算して帰宅。

前は、ヒルズの処方食のサンプルをいただいたけど、今度はウォルサムだー。ここのも結構いいって聞くので、阿龍に合うとよいなぁ。

あ、そろそろシャンプーが切れてたっけ。注文しとかないとー。
Theme: - Genre:

| Incidents | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1166-7652744d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT