FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

台北4泊5日、11月12日~16日(その9)

■13日(日)■
~続・忘れ去られたテーマパーク~


さてここ、中影文化城。昔の町並みの趣のまま、セットが作られていて、映画やドラマで見るような家々がずーっと並んでいるのですが、中にはあまり入れないようになってました(危ないからかな?)。それでも数軒は中も開放してあって、雰囲気だけは感じることが出来ます。

ある一軒の前を通りかかったら、あらここだけひと気がある。どれどれ早速見に行ってみよう!

するとここは昔の中国のおもちゃを展示してありました。ほぉほぉ、影絵なんかもあります(写真に撮りたかったけど、監視しているおっちゃん?がいたので諦めました)。

何で入り口に人がいてわいわいしているのかと思ったら、竹馬らしきものを置いてあって、「ご自由にどうぞ。」みたいな雰囲気だったのでした。ちょっと仕様が違うけど、日本の竹馬と作りはほとんど同じみたい。中国の竹馬は、ではなくで出来ておりました。

うずうずうずうずうずうず。

や、やりたい!!←え?

何を隠そう、私、竹馬マスターなのですっ(あーあ言っちゃったよ)。
空いたやつに思わず乗っかりました。

ほほう、ちょっと仕様が違う分、感触が違うけど、これも乗れるぜ。ちょっとウォーミングアップ(なぬっ)してみたら、余裕で乗れました。

台北くんだりまで来て何やってんだか…おーいオバハン、どこまで行きますねん?
幼少の頃の記憶がすっかり蘇り、どこまでもトコトコ歩けます。つーかこんな寂れたところで誰も乗れずにいた竹馬にがしがし乗って歩き回る妙齢日本人♀一匹…。



改めて思い返すとすっごいビミョー…(^^;

思いがけないところで隠れた特技を披露することになりましたが、うちの夫は非常に驚いておりました。
Theme:台湾旅行 - Genre:旅行

| My Suitcase | 19:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/116-e5096837

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT