• 07<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>09

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

台北4泊5日、11月12日~16日(その5)

■12日(土)■
~台北初街歩き~


毎回旅行では地元の電車、バスを出来るだけ利用する私たち(現地の雰囲気もよくわかるし、安上がりですもんね)。早速目の前の台北車站へ向かいます。ホテル横に地下鉄(=MRT、とこの時は思っていた)に下りる階段があったのでこれはラク!

台北の電車にも香港の『八達通(オクトパスカード)みたいなもの』があるそうなので、ぜひそれで乗り降りしたい。んー、どこで買うのかな…。券売機みたいなのではよくわからない感じだったので(もしかしたら買えたかもしれないけど)、改札そばにあったインフォメーションで「カードください。」と言ってみると、ここでもまた英語だ~~~~。

デポジット分の100NTドル有りの1枚500NTドルで無事カード(悠遊卡/EASY CARD)を手に入れることが出来ました。

台北でも、よくある海外の駅の改札のように、三叉になったバーが改札を塞いでいて、オクトパスカードのようにピッとカードを当てると、バーが解除されて自分でそのバーを下げて通過する仕組み。こういう改札を通過すると「ああ、今外国にいるんだなぁ。」って気になれますが、やっぱり日本のあのパッと開いてくれる改札は優秀だぁ…としみじみ思う一瞬でもあります(荷物が多い時実感しますよね)。

改札をくぐってまず思ったこと。

表示、案内がなんとわかりやすい!これは迷わない!いい!

つい何でも香港のそれと比べてしまいがちになりますが、香港の地下鉄のことを思うとほっんと楽勝!!

ひとまず忠孝新生站ってところで降りてみます。台北車站から2つ目、板南線。しかし公共の乗り物の場では必ずアナウンスは北京語、台湾語、英語の3つ。以前知人で台北出身の台湾人、サラに「台湾って言葉はなに?」って聞いた時、

「ん?マンダリン。」

何回聞いてもそう答えてたのにな。「マンダリンって?」と再度聞くと、「北京語、っつーか標準語っての?」みたいなこと言ってたのになー。どうやら私が思っていたより、台湾語はかなりの度合いで使われているようです。

北京語(マンダリン)と台湾語を両方アナウンスするのはわかるけど、英語まで…。もしかして台北だけだったりするのかな?台湾の中では大都市だし?しかし結構な確率でここの人たちと英語でコミュニケーションしてる気がする。日本人の語学力の無さ(私だけか(-_-;)を痛感させられます。

さて忠孝新生站に着きました。マップを見てどこの出口が一番近いか探します。さあ歩いてみるぞー(ワクワク)。

うーん、もうすっかり辺りも暗いせいか?いわゆる繁華街って雰囲気ではないような。そのうち歩いているとそういうところに出るのかな?

とにかく車道の原付の群れには驚かされます。大抵2人乗りとかで、しかも謎のマスク着用。形こそよくあるマスクなのですが、どれもこれも妙な柄物なのです。

日本と同様、交差点での停止線は、二輪が前で四輪がその後ろ。だから信号待ちの車道の様子を見ると、まるで暴走族!!

10や20できかない台数の原付がそれぞれ2人乗りで妙なマスクなんですよ?(爆)もちろん皆さんちゃんとヘルメットは被ってはったけど。

どうしても脳内BGMで「パラリラパラリラ~」とか聞こえてしまうんです(いや、可笑しがってはいけないんだろうけど。こちらの人の貴重な足なんですし)。

そんなわけで、しばらく(10~15分ぐらい?)テクテク歩いていると、どうやら繁華街らしい交差点に出ました。

リネージュ、って天堂って書くんですねおお、ここはネットカフェですな。オンラインゲームも韓国や中国、台湾でも非常に盛んです。リネージュⅡの大きな看板がやたら目立ってました。海外のネットカフェと言えば、初めて言った香港で一度利用したきり(後は自前のノートPCでのモバイルで事足りているので)ですが、台北のネットカフェってどんな感じなんだろう。そのうち行ってみても面白いかも。

香港同様、そごう、あります

おお、そごうが見えてきました。立派ですー。やっといかにも、な繁華街辺りに出て来れたのかな?マップを見て確認してみます。

うへぇ。行きたい方向と間違ってる!!

あれまー、駅から南の方へ行くはずが東の方へ来ちゃってました。ま、でもとにかくこれぐらい賑わってそうなところならきっと美味しい食べ物屋さんだっていっぱいあるはず。ぶらぶらしつつ、食べ物屋さんを物色します。
Theme:台湾旅行 - Genre:旅行

| My Suitcase | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/112-a12ca2b8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。