FC2ブログ
  • 03<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • >>05

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Reconnaissance?!

偵察キタ━━━━(゚∀゚)━━━━??(聞こえ悪くてすみません(^^;;)

今日、夜、なんと阿龍ママが生まれたキャッテリーのマダムがうちのお風呂に来られたそう。
その時お店番をしていたのは義母さんで、「息子夫婦呼びましょうか。」と言ってくれたそうなのだけど、辞退されたそうな。

でも、やっぱりあれこれ聞いてこられたみたい。どうしてますか、太ってませんか(ギクッッ!!)
元気で先からいる猫ちゃんと仲良くやってますか…などなど。

いやー、わざわざお越しいただくとは~(^^;;
もちろん元気いっぱいやんちゃいっぱい食欲いっぱい(焦)、先からいる靚靚と毎日楽しくやってまーす。

自分が繁殖させた猫の血を引いた子まで気になるもんなんですねぇ。意見はいろいろあるのだろうけど、いい方に考えれば、それだけ猫に対しての責任感?みたいなのが強いってことなんでしょうかね。

阿龍を迎える前、たまたまここのキャッテリーに問い合わせをしたら(コネ等一切なく、ネットで調べました)、うちとあまりに近所だったため、じきじきに「うちから出した子が子猫を生んだばかり」と情報を教えてくださり、キャッテリーとして立ち上げたばかりの「きららキャッテリー」にいたのが阿龍。

マダムは「♂がアレ(=イマイチって意味なのかな(^^;;)だけど、♀の方はすごいきれいな子だし、生まれた子猫も♀に似てるから、ショーに出せるわよ、よかったらお宅もショーやらない?」と夫に言って来たそうだけど、さすがに…そんな経済的余裕はないですって。スミマセン、マダム。

相当ご自分が繁殖させた猫たちに自信を持っておられるようで(でも確かに一目瞭然の美しい猫たちばかりです)、阿龍ママを初めて見た時の衝撃はいまだ忘れられません。以来、ロシアンブルーをどこのペットショップで見かけても、「…(-ω-;)ウーン」って思っちゃいます。

これだけ近所(徒歩圏内)なんだもの、中途半端な手抜きな飼い方は出来ない、ずっとそう思ってきたけど、やっぱりその通りだった…(もちろん阿龍だけじゃないです、靚靚のことも)。

大きな庭やドッグランを併設していたりするケンネルと違って、本格的に運営すればするほどインドアで、周辺にあまりその様子もわからない?キャッテリーの仕事。阿龍を迎えに行ったきららさんとこは、まだ始めたばかりで、普通のおうちだったけど、マダムのとこはどうなんだろう。いつでも見学にいらして、とおっしゃってたし、多分阿龍の成長もすごく気にしてらっしゃるようだから、近々阿龍を連れて、お邪魔してみようかしら。なんせ徒歩圏内だし。

今もまだ阿龍のおばあちゃんだかおじいちゃんだか、もしくはおじさんおばさん?がいるだろうから、阿龍を横に並ばせてみて、眺めてみるのも面白いかも。


参考までに、阿龍ママの生まれたキャッテリー
LiSiO Cattery

無許可で宣伝みたいなことしちゃったけど、万一不都合あったら、上記のリンクはいつでも削除します~<マダム
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1101-9ebaa7c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT