FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

A surgical removal

今日も医者通い。
思い切って2件。先に行ってみた方は今日初めて行ってみた病院だったけど、何か…、イマイチ合わないっぽい。個人病院にしては、こぎれいにしてあるし、設備もそこそこに見えたし、何より家から近くて、今後何かと便利かも、って思ってただけに残念。

確かに私はいつも大抵「健康そう、元気よさそう」に見られるし、自分でもそう思ってるけど、「そんなことぐらいでこんなとこ来ないで」オーラがプンプン出てるように感じて、うーん、次回はないなぁ、ここの病院。

お次はあのガングリオンぐりぐりしてくれた整形外科。今日は医者のハシゴだー。

前回、ほんと痛いやら怖いやらで散々だったのですが、今日改めて診察を受けてみると、前回ほど怖い印象はなく、何かあったら時々来てもいいかな、ぐらいに気持ちが変わってきました。

腰と両手首の状態をチェックされた時、「なんて荒っぽい先生!!」とひるんでしまったけど、しょっぱな手荒い洗礼?を受けたせいか、今回は無意識にいろいろ覚悟を決めていたのもあったのでしょう。思いのほか、今日は「しばらくお願いしてみようかな。」って思えるようになってきました。

この前、大騒ぎで取ってもらったガングリオンなのに、先生の処置後のチェックによると、

「もう溜まってきてる。」

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
そ、そうなの?取り切れてないだけと思ってたら…。思い切って先生に、「この調子だと、また取ってもらうことになりそうなので、切ってもらえないでしょうか?」と言ってみると、

しばらくカレンダーとにらめっこした後で、「そうしましょうか。」とあっさり決まりました。切って取るだけ、そう言ってしまえばそれだけですが、それでも万一のことを考えてと、採血と尿検査。案外お仕事丁寧なのかも。ここの医院。

ちょっと手首を切るだけでも、手術室を使うことになるので、スケジュール上、予定はずいぶん先。でももうこれでおさらばかと思うと、迷いはありません。

右手首の方は、様子見しながら、ぼちぼち力のかかることもやってみて、痛み止めも飲んで…、当分それでいくしかないみたいです。骨が浮いてきているから、サポーターなどを着けて、少しホールドしておくと痛みも楽になる、とのこと。サポーター買ってこないとなー。

帰宅してから、その辺のことを義母さんに報告すると、ずいぶん昔に同じことをした義母さんはしきりに、「きれいな手なのに、傷が残るようなことを…。」と気の毒がってたけど、いやー、温存しておいて何かと邪魔と思い続けているより、よっぽどせいせいするだろうから、やっちゃいます。

夫にも話したけど、この辺は既婚者の強みというか、気楽さというか。独身の頃だったら、手首のしかも手の甲側なんかに縫い痕が残るなんて思ったら、躊躇したかもしれないです。夫も理解してくれているので、何も悩むことなく、処置できそうです。
Theme: - Genre:

| Incidents | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1096-f9af52d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT