FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

2 cats on palm

先月、かかりつけの獣医さんからフィラリア予防のご案内のハガキをいただいていたので、靚靚の体調も見てもらいついでに、動物病院に行ってきました。

フィラリアと言えば、蚊を媒体とする犬の病気…と思っていたのですが、どうやら昨今、猫にも罹る可能性があるとのことで、家から一歩も出さない飼い方をしていても、蚊の侵入は防ぎ切れないと思われるので、飼い主として、これはやっとかねば!なわけであります。

寝ずの用事で出掛けていた夫の帰宅を待って(遅くなるなら一人で行こうと思ったけど、帰宅時間を聞いたら『もう着くから待ってて。』と言われたため)、ハーネスをつけた靚靚を抱きかかえて車で出発。

靚靚も日頃、元気いっぱいでよく遊びよく寝るいい子なのだけど、いかんせん、「アンタそれでいいんですか」と思うほど小食で、しかもこの数週間、まだ1歳に満たないと言うに、体重も減っている!!これは一度診てもらわねばっつーわけで、フィラリアのお薬をもらいに行くついでに診察と相成ったわけであります。

時期的に子猫の診察時期とわんこのフィラリア予防の時期と重なったためか、待合室でちょっと待って、ようやく診察。いつもの副院長先生が今日も担当。ロシアンブルーの阿龍と違い、骨格的にも何かと気になるスコティッシュ・フォールドの靚靚なので、過保護かも?と思いつつも、やっぱり専門の人に診てもらうのが飼い主としても安心。今回はちょっと出費…だけど、安心には代えられないので、血液検査もしてもらうことにしました。

アニマルナースのおねえさんがしっかり保定した靚靚を、先生がちゅうううっと採血。靚靚、痛かろ、ごめんよ、辛抱してけろ。猫バカ炸裂な飼い主夫婦。

今回初めて知ったのですが(ワクチンの時はそうじゃなかったので)、採血の場合、一旦アルコールの綿花で採血箇所を拭き拭きするのですね。その様子を見ていた私、思わず、

毛だらけな猫でも、拭くんですね

と先生に聞いちゃいました。すると、「こうやると、毛が湿って、皮膚が見やすいから血管も見つけやすいんです。」ですと。ほーぉ、なるほどー。さすがプロ、靚靚の小さい前足の毛をかき分け、ささっと目的の血管のありかを探し当てておられました。

触診や、口頭でのあれこれ応答などを経て、しばし検査の結果を待ちます。すると、若いおにいさん(学生さんぐらいかな?)が一人、キャリーを持って待っておりました。そしてその手には、なんと、

手乗りーずが2匹!!

手乗りーずとは私が勝手にそう言ってるだけですが、手のひらに乗るほどの小ささの子猫ちゃんが2匹、彼の手の中にいたのです。なんとかわいい!!!!

白毛にブルーの被毛がはちわれになった、なんとも可愛い子猫ちゃん。おにいさんはその子たちが可愛くてしょうがないといったふうにニコニコと大事そうに抱えています。その後、私たちが待っている間、手乗りーずの診察の番になり、診察室に消えていきましたが、手のひらサイズとは思えないほどの鳴きっぷり。

びええええええええええええ!!!!!

もっのすごい勢いで鳴いています。靚靚ですらあんな大きな声で鳴いたのは聞いたことないぐらいに。そりゃあれこれ診察されたらイヤですよね。ちらっと診察室の様子を見てみましたら、使い終わった注射器が2本、診察台に置かれていて、ああ、ワクチン打ってもらったのか、それであんなに鳴いていたのか、と察しがつきました。

ブリーダーやペットショップで買ってきた猫だと、最初のワクチンは大抵済ませてありますので、どうやら捨て猫なんでしょう、あの手乗りーず。見た感じ若そうなのに、えらいな、あのおにいさん。これからも大事に育てていくんだろうなぁ、きっと可愛がってもらえるね、いい人に拾われたなぁ、手乗りーず。

さて検査結果が出ました。

全て異常なし!!ヽ(´ー`)ノ

よかった、これで一安心。小食なのは、どうやら猫にありがちなむらっ気のようです(多分)。
先生ともいろいろ話し、どうやら靚靚には当分まだまだ高カロリーな子猫用フードを与えてもよさそうだという結論になりました(ますます阿龍に食わせられない)。フードのサンプルを少しいただいて、フィラリアのお薬もいただいて、やっと帰宅。何せ靚靚は車が大っ嫌い。鳴き続けて喉が渇いたのか、帰宅してすぐ、お水をごくごく。ごめんよ、お前のためやねん、そう人間は思っていても、彼女には通じるわけもなく(苦笑)。

その後、もらってきたお薬を早速にゃんズに。体重で薬の種類が違うようで、阿龍には大きめの錠剤が出されておりました。以前、避妊去勢をした彼らに薬を飲ませるのを難儀したので、今回もどうなることかと思いましたが、阿龍は相変わらず口に入れたものは何でもゴックン、靚靚は人間が気を抜いたら舌でプッ!と吐き出そうとする有様でしたが、2匹とも無事ちゃんと飲ませることができました(ホッ)。

ひとまず今月はこれでOKです。あと7ヶ月、頑張ってお薬飲んでね<にゃんズ
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 19:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1083-9fefc61e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT