FC2ブログ
  • 01<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • >>03

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

無間道Ⅲ 終極無間

見て来ました~、3部作遂にここに完結!

インファナル・アフェアⅢ 終極無間

ううむ。微妙。
やはり一作目を超えるものは出来なかったか(-_-;)、てのが全体的な感想です。
しかし、役者それぞれは皆さん貫禄あって、存在感ありまくりで、それを見るだけでも値打ちはあるかなぁ、なんて。

まだ公開中なので、ネタバレ的なことは避けますが、まず思ったこと。

エリート警官ヨン役で、レオン・ライ(黎 明)が出ているのですが、いやー、動いてるレオン・ライ見たの久しぶり。しかし、顔デカっ!!にーさん、前の日水分取りすぎなんちゃう、とか余計なこと思いたくなるようなぷくぷくのお顔。以前はもうちょっと顔立ちも締まってたように思うんだけど。

もう数年前になるけど、あれ何で見たんだっけ…、レオン・ライのプロモーションビデオをたまたま目にする機会があって、そのあまりのギャップに目が釘付けになったっけ。だってだって、


ああいうルックスで、ちょっとユーロビート調のノリノリCANTOポップ(香港歌謡曲)をぎくしゃくと手足をバタつかせてるようにしか見えないダンスをしながら歌ってたんですもの。やっぱ踊らせるなら、アーロン・クォック辺りがええんやろか(爆)


そりゃ違う意味で凝視しちゃいますってば(別に嫌いな役者さんではないんですけどね)。

それから、HEROでいきなり注目を浴びた皇帝役の人、チェン・ダオミン(陳 道明)。この人の演じた始皇帝はすごくよかった!威風堂々、帝オーラが出てたです。今回謎の男として、この映画に出演しておりましたが、どうも声が偉い人に聞こえてしょうがない(笑)。いい声だと思うんですけどねぇ。皇帝イメージが強すぎるのかな、私の中で。うちの夫は「北京語だからじゃない?」と言っておりましたが、どうなんでしょうねぇ。

※この映画のセリフはほとんど広東語なのですが、チェン・ダオミン演じる『シェン』は、大陸から香港にやって来た、北京語しか話せない人という設定になっております※

うーん、チェン・ダオミンの北京語って、他の人が話す北京語(当然ネイティブの人)より、しゅーしゅー聞こえないんです。

言葉の意味こそわからなくても、ずーっと香港映画ばかり見たりして、耳がそっちの音に慣れた状態だと、余計そう思うんですが、北京語ってしゅーしゅー、しぇーしぇー言ってますよね(笑)。

おっと相当脱線しました。
公開中の映画は、ストーリー的なものに出来るだけ触れず、思ったことを書いていく…のを密かに自分の中で決めている私のブログ、映画カテゴリなのですが、この映画は、いくらでも脱線できそうです(^^;;ハハ

この3作目も、これだけで見れば、かなりいい出来なんだと思います。しかしそう思えば思うほど、相当1作目は出来がよかったんだなぁ…、そりゃハリウッドがリメイク権買うわぁ…としみじみ思っちゃいました。

あと、3作通して外せない主演、ラウ役のアンディ・ラウ(劉 徳華)。

見れば見るほど、うちの阿龍に見えてきてしょうがなかったです(自爆)。見終わってから夫にそう言ってみると、「俺も(^^;;」ですと。どうやら同じことを考えつつ鑑賞していた模様。

DVDで3作ぶっ続けで見てみるかなぁ、そのうち。
Theme: - Genre:

| Movies & Dramas | 22:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1077-9f9b1a6f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT