FC2ブログ
  • 06<<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>08

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

Virbac

久しぶりに、お店番の時、モバイルしませんでした。
じっくり読みたい雑誌がたまってしまっていて、たまには番台でぺらぺらと。

うーん、知らないことだらけやなー(´ヘ`;)。自分なりに新しい知識を仕入れても仕入れても、全然追っつかないですよ。既に脳みそのキャパシティはとっくに超えちゃってるしな~(-_-;)。

ふつふつと腐敗ガスを出してるような脳みそで、どうにかこうにか今に至っておるわけです。

せめてこの鼻風邪が治まってくれればなー。すごいモチベーション下がります、全ての。


それでも生き物は待ってくれないわけで、気合入れて、トイレの砂の交換とか頑張りましたけども。火曜日、仕事終わってから、夫と2人でせっせと阿龍の洗濯もしたし。

そうそう、猫シャンプー。
以前、阿龍がどうもフケ症のようで、お願いしている病院の先生に聞いたら、「これ使ってみてください。」と言われたやつで今はわしわし洗ってあげてます。

確かにすっごいきれいな仕上がり!洗い終わって、ドライヤーで乾かしてあげた直後の阿龍の毛並みのなんと惚れ惚れすること。どこもかしこもピカピカで白く輝いております。この時ばかりは、今もどこかのショーに出て頑張っている、阿龍のママの容姿を思い出します。

♂ってこともあるし、ちょっと地肌が脂っぽいのかなぁ、阿龍は。ごはんの影響も大いにあると聞いているので、カロリーも控えめのものをあげているんだけどなぁ。

少し前に、先生から薦められたシャンプーがなくなりそうだったので、楽天で買って来たのですが、すごい発見、っていうかすごい無知だった私ら(苦笑)。

Virbac(ビルバック)社の製品を使っているのですが(動物病院関係者、犬猫飼いさんならよくご存知ですね)、最初に病院からもらってきたのは小さいボトルで、ラベルしか貼っていなかったのです。まぁ、猫のシャンプーの仕方なんて、ネットでもどこででも調べられますし、人間の赤ちゃん同様、耳、目などに液やお湯が入らないように気をつけて、すすぎはしっかり、まぁそんな程度にしか今まで認識しておりませんでした。

ところが、この動物病院でしか大抵取り扱いのないVirbac社製アイテム。ネットであれこれ見ていたら、楽天内にとある動物病院が出店していて、あっさりオンラインで買えることがわかり、早速オーダーして届けてもらったのを見てびっくり(しょっちゅう使うだろうと、大きいボトルを買ったのです)。

しっかり地肌をマッサージして洗ったあと、よくすすぎ、2度目のシャンプー後、そのまま10分放置してからすすいでください。

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
2度目のシャンプーの後でそのまま放置ですと!
大きいサイズの製品には、取り扱いや、正しい使い方、使用上の注意などなどがちゃんと記載されていたのでした…。アイヤー、オバハン知らんかったわ。

阿龍をシャンプーしてあげる直前にそのことに気付き、今回から、その方法で洗ってあげました(汗)。ちょうど換毛期でもあったし、シャンプーしたことでごっそり抜け毛も取れて、むくむく阿龍さん、ちょっぴりスリムになりましたヽ(´ー`)ノ

その10分放置、ってのを一体どうしよう?!と一瞬考えたのですが、洗濯ネットに入ってもらって、首だけ出して(爆)、ファスナーを閉め、そのまま我慢してもらいました。

まー、これが嫌がる嫌がる。シャンプーまみれの状態でごろんごろん転がる暴れる。
ひとまず常にチェックしながら、人間2人はその間に自分たちの体を急いで洗いました。

その後、しっかり洗い流して拭き拭き、そしてドライヤー。
説明書き通り!今までで一番美しい被毛の阿龍の出来上がり。大変だったけど、こんなにきれいになると、こちらとしてもかなりの満足度です。

当面この正しい方法で時々シャンプーしてあげて、それでもフケが軽減しないようであれば、また先生に相談やなぁ(;´Д`A ```
今はエピスース(敏感な皮膚向け)なんだけど、もっと合うものがあるかも。

洗って半月ぐらいはきれいなんだけどなー。靚靚見習ってちゃんと全身毛づくろいしてくださいな<阿龍
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://linggaai.blog20.fc2.com/tb.php/1047-0173ee05

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT