FC2ブログ

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月

≫ EDIT

Get on with it!

先日、私のメインマシンをメンテしまして、この前の休日は夫が彼のマシンをメンテしまして。
PCデスクの模様替えも相まって、かなり双方のPC周りがすっきりしてきたこの頃であります。

一度セットアップすると、数ヶ月はそのまま使用するので、セットアップ時しかやらないことって結構頭から抜け落ちてたりします。夫など覚えがいいから、一度しくじったら、次回では、あんまり下手やらかさないですが、私はその辺鳥頭なので、何度でもやらかしてしまい、たかだかOSの再インストールごときですったもんだしてしまいます。あかんなぁ。

夫のもはや前時代スペックのWin機も、ついにシステムを置くHDDをSerialATAに換装し、読み書き速度も速くなり、まだまだこの調子で使っていけそうです。ハード的に壊れない限り、当分大丈夫そう。後はReadyboostを勧めたいのだけど、どうかなぁ。

さて、夫に貸し出してたUSBのキーボードやマウスも用事が済んだので戻ってきました。ルータもポート全部にLANケーブルが挿さってたのを、1つ空けてもらって(iMacはwifiに)、いよいよ休眠中の私のサブマシン、チューチューさん再生計画の準備が整ってしまいました。UbuntuをインストールするためのUSBメモリも既にあります。もう後はセットアップするだけだ~~。

これでUbuntuの操作、扱いに慣れたら、miniちゃんをVistaとのデュアルブートにして、メインOSをUbuntuにしてみたいのだけど、まだまだ先の話かな~。スペック考えたら、Ubuntuで使えば安定しそうなんだけど。今のところ、冬だからか、初期のままのVista使いで問題はないけど(熱的に)、タイプしてると、画面表示が一呼吸遅れて表示される辺り、9Xの頃(システムリソースが足りない状態みたいな)を思い出して一人苦笑い…。

あと、miniちゃんは標準バッテリーとLバッテリーの2本構え(ここは非常に評価したい)ですが、Lバッテリーは脚付きで、これが本体をチルトさせるのが排熱にも一役買ってる模様。もうこのLバッテリーは外さない方がいいのかも。もう1本、在庫があるうちに手配しておいた方が賢明かしら。

夫が2つのOS(WindowsXP、MacOS)、2つのマシン(DELL、iMac)を並べて使っているので、私もWindowsVistaとUbuntuを並べて使ってやろうと目論んでおりますが、うまくいくやらどうやら。

ほんとはMacOSの扱いも慣れておきたいけど、それはまだまだ先の話…。
スポンサーサイト



Theme:パソコンな日々 - Genre:コンピュータ

| PC and so on | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年03月