FC2ブログ

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月

≫ EDIT

F.L.U.T.D

先日、ミクシィ日記にもちょっと書いたのですが、阿龍のこと。

ストルバイト(尿結石)かも!と慌てふためいてしまいました(汗)。
なぜなら、猫トイレを片付けていた時、阿龍のものと思われるおしっこ(砂に排泄していますからだんご状になってますが)を見たら、2~3箇所、キラっとラメっぽいものが見えたのです。

だんご状になったものを割って崩してもチェックしたのですが、よくわからず。結晶化したものがおしっこと一緒に出て、それが肉眼でもキラキラしているように見える、とどこの猫飼い本やガイドサイトでも言われており、私もそれぐらいのことは事前に知識として頭にはありました。

で、結石のせいで、排泄行為がうまくいかなくなり、そのまま放置しておくと、全くおしっこを出せなくなり、出せなくなってしまうと、尿毒症になって、ものの2日3日ほどで猫は死んでしまう…、ということも、頭にありました。

大慌てでネット中駆けずり回りました。参考になればと、トイレ砂に混ぜて使う、ペーハーチェック出来る砂もオンラインで注文したりもしました(結晶が出る時はおしっこがアルカリ性に傾いているので、もしそうなら色が変わって知らせてくれるもの)。

ラメっぽいものが見えた時はそりゃもうパニクってテンパってしまいましたが、情報を可能な限り集め、なおかつ阿龍の現状を観察していると、ちょっと勇み足だったような。

あれから彼の排泄物を目を皿のようにしてチェックしていますが、血尿でもないし、ラメっぽいものも全く見当たらないのです。

よくよく思い返せば、体重管理もしているし(ウェイトオーバーも原因の1つらしい)、おしっこのペーハー変化の一因である、ごはんのあげ方も、時間を決め、1日に2度きっかりあげています(出しっ放しにしていつでも食べられるようにしておくのも一因だと言われています)。運動不足も関連性が懸念されていますが、それも日々完全室内飼いと思えば、相当彼は暴れまくっています。部屋や廊下も彼が思う存分ダッシュ出来る面積はありますし、猫にとって重要と言われる上下運動に関しても、うちには猫からすれば段差だらけで、常に阿龍も靚靚もピョンピョン跳ね回っています。

個体の元々持ち合わせている体質、というのを除けば、今結石になりそうな要因は見当たらない…。ごはんの内容にしたって、ジャンクなお口の靚靚はともかく(ちょっと気難しい)、阿龍には常にいわゆるプレミアムフード(猫下部尿路疾患対応のもの)をあげているし…。

いえいえだからと言って楽観はしてはいないです、もちろん。

いわゆる猫下部尿路疾患に関する症状も片っ端から調べましたので、向こう数日、いつもより厳しい目で阿龍の様子を見てみます。ですので、もちろん、阿龍がちょっとでもトイレでの様子が変だったりしたら、即いつもの病院に連れて行く心積もりでいます。

今のところ、全くいつもと様子が変わらないので、あの私が見た、ラメっぽいもの、は見間違いだったのかな…、いや見間違いであってほしいと思うばかりです。

当面今までより水分補給をしてもらうよう、いろいろ工夫してみます。
スポンサーサイト



Theme:愛ネコたちの生活 - Genre:ペット

| Mew Mew | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年11月