FC2ブログ

2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月

≫ EDIT

About my cats

珍しく、ブログに書くような出来事のなかった我が家です。平々凡々、それはそれで幸せなことなんだろうけど…。

ここ、FC2ブログでは、プロフィールの欄もかなり自由に書けるみたいなので、我が愛猫のこともちょこっと載せてみました。相変わらず使える写真があまりなく、使い回しなのはゴメンナサイ、ってところですが。
私の撮影技術がイケてない上に、片時もじっとしてくれないうちのにゃんズのナイスショット!ってのは、ほんと大変です…。


さて、にゃんズのプロフィールはとりあえず最小項目だけ?にとどめてあっさり書きましたので、性格の違いなどはこっちで補足させていただくことにします。


●靚靚([青見][青見])

とてもおっとり。いつもぴんと尻尾を立てて、優雅な動き。
おっとり過ぎて、飼い主をして「偽セレブ」と言わしめるほど。元々の体質?のせいか、もう1歳というに、いまだ子猫のよう。
鳴き声もか細く、切なげでつい人間は何でも言うことを聞いてしまうマジックを持つ。

高いところは得意でなくw 切羽詰ると、飼い主を呼びつけ、肩や背中、時として、片膝ついた状態を踏み台として移動していく。

偽セレブと呼ばれているくせに、食べ物はジャンクフードがお好き(その辺りが所詮『偽』たる所以か)。
プレミアムフードは気が乗らないとあまり食べず、銀のスプーン(これ安いのヨ…)がお好み。猫用のかにかま、にぼしも大好き。

やはり女の子は人間も猫も同様のようで、しょっちゅう引っかく。何かあるとすぐ爪を立てる。結構痛いです…靚靚さん…。

機嫌のいい時も悪い時も常にごろごろぐるぐる。飼い主が寝る時無理やりベッドに連れ込むと、しばらくはそばに横になり付き合ってくれる優しい子。

基本フード:カルカントップピュリナワンともに子猫用(食が細いのでいまだ子猫用)


●阿龍

とってもおしゃべり。気がつくと何やら「んな、んな。」と独り言。
食欲旺盛なくせに、食わず嫌いなところは出自がおぼっちゃんだからか。しかし一度食べて味を覚えたものは、次からはしつこくねだりに来るのはやっぱり食い意地が張っているせいか。

靚靚のことを思うと、あからさまに甘えん坊。ちょっと相手しないでいると、すぐスリスリスリスリしてきて、ごろんと腹を見せる。撫でようと手を出すと、自分から顔をこすりつけてぐりぐり攻撃。

かなりの確率で、「阿龍~♪」と呼ぶと、「んな~?」と返事し、そばにやって来るのも甘えん坊な感じ。

靚靚の猫種「スコティッシュフォールド」は通称「スコ座り」と言う、まるで人間が座っているかのようなポーズをよくすると言われるが、うちの靚靚に限っては、それは全くなし。

むしろスコ座りをするのは阿龍で、まるで人間のように、後ろ足を前に投げ出し、前屈でもするかのような姿勢で、せっせと毛づくろいする様は、中の人はおっさんなのだなと思わざるを得ない。

飼い主が気を抜いて、食餌などいい加減になると、即ウェイトオーバーになりがちな阿龍だが、基本的には筋肉質で、猫にありがちな「たるんたるんな皮膚」はあまりなく、跳躍や疾走など、猫と言うより、もはや野生の肉食獣のようなしなやかな動きを見せ、時々飼い主の度肝を抜いてくれる。

骨格もしっかりしていて、手足も太め、立派な爪を持つ阿龍だが、人間にはよほどのことがなければ決して爪は立てないとってもいい子。人の体をよじ登る時も、爪を立てずに登ろうとするので、しょっちゅうずり落ちてしまう健気なところも。

どうやら木で出来たものを口に入れてしまう悪いクセ?があり、飼い主としては気が抜けない今日この頃。

基本フード:ウォルサム減量サポート、ロイヤルカナンインドア27、ヘア&スキン33



いやー、猫と一口に言っても、全くタイプが違ってて、毎日飽きないです。かかりつけの獣医の先生をして、「気の荒い子が多い。」と言わしめるロシアンブルーですが、うちの阿龍はとてもビビり。診察時も先生の手を煩わせることもありません。靚靚はもっとおとなしくて、動物病院でもとても可愛がってもらってます。生まれた時から2匹とも人間の家で過ごしているからか、あまり人見知りもせず、初対面の人間の前でもそう臆することもないです。

しかし…、毎日突発的に始まる運動会は…(´ヘ`;)
そりゃもう大暴れ。ガラス障子のガラスを木っ端微塵にするほど力有り余ってるからな~、阿龍は。

飼い主側に出来ることは何でもするから、ずーっとずーっと楽しく長生きしてほしい、大事な家族です。
スポンサーサイト



Theme: - Genre:

| Mew Mew | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年10月