2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Theme: - Genre:

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Cotton blanket

うわー、もう6月も末なのねー。。゙(ノ><)ノ ヒィ
早いなぁ、今年も前半があっちゅーまに過ぎていってしまいました(ハラホレ)。

月も替わるし、キリのいいところで、定期的な寝具交換をば。わっせわっせとカバーをひっぺはがし、新しいものと取り替えて、ふう、すっきり。世間の皆さんは、どれぐらいのペースでカバー類を交換しているのかな。週ごとぐらいにやるのが普通なのかしら?それとももっと頻繁?

冬場の寝具はボリュームたっぷりで、洗濯するのも干すのも一苦労なので月1回ぐらいがせいぜいなのだけど(ば、ばっちぃっすか?(゚Д゚;))、この時期は、半月ぐらいでもう自分的に限界になるので取り替えている状態です(それでもばっちぃのかな(´ヘ`;))。

夏場はとにかく暑苦しいのはダメなので(寝苦しくなるし)、さっぱり系素材が気持ち良いですのぅ。今回、初めてニットスムース素材のカバーを使ってみたけど、盛夏になるまでならちょうどいい感じかも。悪くないです。

盛夏の頃は、やっぱりサッカー素材とかがさらっとしててよいかなぁ。多分次の寝具交換で、今使っている肌がけ羽毛布団は引っ込めて、綿毛布かタオルケット辺りのみにするのだろうけど、パッドシーツはサッカー素材にしたいところだなぁ。

しかしながら…、ベッドリネンもこだわりだすと、収納場所が大変ですな(-_-;)
スポンサーサイト
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Apollo+

サロンを後にして、さーて今日は何を食べようかしらね?と、夫と2人、蒸し暑い京都の町をうろうろ歩く。いつもなら前日なんかにネットである程度チェックしていたりするのだけど、今日はなーんも情報なしだったので、なかなか決まらず。

1軒、以前から気になっていた和食のお店に行こうとしたけど、行ってみたら、もう今日の営業は終わっていて、あらま残念。このお店はまた次回に、だなぁ。

事前に何のネタもなく、街をうろついても、案外あっさりと見つからないもんなんですねぇ、お店って。木屋町もふらふら歩いてみたけど、イマイチ「お?」と思うところもなく(あるはずなのに)、祇園方面にも行ってみたけど、これからお座敷、な舞妓はんとすれ違ったぐらいで、どーもあっさり決まらない。

結局「三条の方とかどう?」と方向を変え、てくてく歩いてようやくとあるお店を発見。モダンな和風っぽい感じ。営業時間もまだ大丈夫みたい。よし、ここに決定!

テーブルについて、「あー、やれやれ。」なんせ暑かったんですもの。汗をふきふき、やっぱりまずはビールでしょう、当然生!

喉が渇いてるのもあって、とにかくおいしい~ヽ(´ー`)ノ
しかもおいしい注ぎ方してるとみた!こりゃよろしいです、とっても。さあさあ、いろいろ頼んでいただきましょう。お腹空いたー。

食べたものの中の一品。
蓮根とささみのサラダ。

見た目もさることながら、これはおいしかったー!パリパリの蓮根チップスの香ばしさと、さっとゆでた蓮根のシャキシャキの食感の差も楽しめるし、ささみの梅肉風味マヨネーズドレッシングもさっぱりしていてなかなか。ちょっとしたテクニックだけど、これはおもてなしにも使えるなー。いつか家でもやろう。



飲んで食べて、一旦帰宅。にゃんズの様子を見て、今日は久しぶりにカラオケ!イエーイ
もうずいぶん長いことカラオケなんて行ってなかったので、閉店の朝5時まで騒いで遊びまくりました。ふー、ストレス発散!さすがにちょっと酒が回ってしまいました~(ノ∀`)

来週はもうここ京都は祭りムード。7月と言えば祇園祭。夜は一人なので、何して過ごそうかな~。たまの単独行動も悪くないってもんで(  ̄ー ̄)


追記:タイトルは、ごはんを食べてきたお店の名前です(アポロプラス、と読み三条堺町にあります)。
Theme: - Genre:

| Incidents | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Asymmetry

貴重な休日。
あれもしたいこれもしたい、あそこにも行ってみたい、あ、あの買い物をしなきゃ、いい加減、部屋の片付けもやらなくちゃ、いやいや休みの日ぐらい時計を気にせずベッドでうだうだしていたい~~!!などなど、やりたいことは尽きないのです。
仕事柄、休みの日じゃないと出来ないことが多すぎ(仕事帰りにどこかへ寄って、などは不可能←自宅兼職場の環境だとしょうがないですよね)て、収拾つかなくなっているとも言いますが。

結局、当初の予定では、「ヘアサロンに行って、その後映画を観て、食事」のはずが、家を出るのにぐずぐずしてしまって、映画を観るのは次回、っつーことになっちゃいました。

天気がイマイチなので、お気に入りのミュールは今日は封印。足元悪い路面で、万一汚してしまっても気楽なサンダルで行くとします。年甲斐もなく?やれ見せブラだのサテンのランキャミだのチュールのスケスケ蛇柄キャミだの着込んでお出掛け。多分10年ぐらい前なら、大顰蹙ないでたちなんだろうなー、30女でもこんな格好できて、今はええ時代ですぢゃ、と思いつつタクシーにて四条方面へ。

ひとまずさらっとドラッグストアに寄り道していざサロン。相変わらずスタイリストのにーさんと夫はおバカトーク。あまりにおバカすぎていつもながらあっぱれ苦笑い。ま、ここのにーさんと夫は幼馴染だしなー、こっちはこっちでそれなりに楽しませてもらってるから、よしとしときます。

すっかり髪も伸びて、ロングでゆるふわカールな今の状態をかなり気に入っていたりするので、今回も同じオーダー。両サイドの髪を毛先からじゃなく根元からロッドを巻いてパーマをかけるとルーズに外巻きっぽくなってよい感じです。

後は前髪の長さがもうちょっと欲しいとこだなぁ。最近は前髪って、分量厚くふわっとおろすのが流行り?なのかな、そういうお嬢さんを街中でもよく見かけていて、可愛らしいなぁと思うのだけど、おでこの狭い私にはちょっと難しかったりします。なので、ざっとかきあげる程度にするのが関の山…。っちゅーことなので長さが欲しいわけです。しばし我慢ですのぅ。

こういうゆるいウェーブなヘアスタイルなので、ほんとはヘアカラーも入れて、もう少し見た目もライトな感じにした方がもっとハマるんだろうなと思うけど、顔のお肌と頭皮はつながっているから、あまりにハードにカラーを入れ続けていると、顔のたるみが早くなるとどこかで聞いてから、怖くて毛染め出来ましぇん~(-_-;)。何を今更、と私の20代の頃を知っている人はここを読んでつっこんでるんでしょうけども(汗)。

そして夫。スタイリストのにーさんにそそのかされて勧められて、左半分だけごっそり髪がなくなっておりました(爆)。にーさん曰く、アシメトリーがイケてるとかなんだとか…。左右の横顔がすっかり違う人になっちゃってます。

阿修羅男爵??

むーん、なかなか斬新でいいとは思うけど…、あんさん来月からお囃子ですがな、そんな頭で浴衣だいじょーぶなん?
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Brackets

相変わらず歯医者通いは続いてます。

昨日の診察でついにいよいよ歯列矯正への準備が始まりました。ドキドキー。

上下の歯の型を取ったあと、下の左右犬歯とその外側隣の歯に何やらくっつけられました。処置中、もっのすごいボンド臭がお口いっぱいにツーン…。

ボンドとかシンナーとかマニキュアとか、いわゆる揮発物系のにおいは個人的に大好きなのですが、さすがに口の中ではいただけなかったです。

昨日の処置はそれだけだったので、あっという間に完了、んでもって500円。

さて、この4枚の歯に何やらくっつけられたモノ。先生の話によると、犬歯に挟まれた4本の歯(正面から見て真ん中にある辺り)も1本抜いてから、同じものを歯にくっつけるんだそう。

こっちは素人なので、もうされるがままと言いますか、先生に一切をお任せするしかどうしようもないので、イマイチわけもわからず、今日に至っております。

で、この歯にくっつけられた何か。グーグルでもっていろいろ調べてみました。なるほど、矯正用のブラケットなのですね。よーく見てみると、ちゃんとワイヤーを通す穴らしきものも見られます。ふむふむ、そういうことなのねー。

てっきり金属製のものを使われると思っておりました。審美性を考慮してくださったのかな?ネットで調べた限りですと、どうやら私の歯に取り付けられたブラケットはセラミック製のようです(透明だったり白っぽかったりなので目立ちにくいです)。

しかしこのちっとも慣れない異物感は…、かなり不快です(-_-;)。
常に下唇の中がゴロゴロしてるような感じで、人と話すだけでも不快感アップ。人と話すのが主(風呂屋の番台ってのはそういうもんです)な仕事をしている私には結構なストレス。でもしょうがない。

話す時はまだ不快感があるだけで我慢のしようもあるのですが、一番困ったのは、ものを食べる時。いつものように普通に咀嚼すると、左側のブラケットがある方だけ、すぐそばの唇を噛んでしまうのです。「痛っ!」と思って、しばらくは気をつけて、右側だけで咀嚼するよう意識してみても、気が抜けると、すぐ「ガリッ」と噛んでしまって、このままじゃ口内炎になりそう(苦笑)。

うーん、思いがけず面倒かも…、これ…。

せっかく虫歯を全部駆逐した(はず)ので、左右均等に咀嚼するよう心がけていた矢先にこれかー。

いやいや、これも歯のため、めげるなくさるな<私

次回、真ん中の歯を抜き、新たにブラケットを取り付けて、ワイヤーで引っ張ってもらえばまた状況変わるかもしれん。

と自分に言い聞かせることにします(もっと面倒なことになりそうな予感…は気がつかないふりをしておきましょう)。
Theme: - Genre:

| Incidents | 23:44 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薑葱油

香港でのB級グルメがお好きな方なら、1度は弁当のお持ち帰りをしたことがあるかと思います。

弁当、というのはあくまで日本人の感覚での話し。あちらの人は「冷や飯=お供えされたご飯」を連想させるので、冷めた飯は仏さんの食べ物っつー認識があるそうですので、日本でいうところの弁当っつー概念はないかもしれないです。

なので、日本でよく見かけるホカ弁屋ってのはなく、いわゆる普通の食堂が「日本でいうところのテイクアウト(←この言い方も和製英語なのであまり使いたくないです。香港のB級グルメ好きなら、外買(ほいまい)と言わないとw)」っつー形で、自分とこの商品を発泡スチロールの入れ物に入れて売ってくれるわけなのですな。

私、大好きな外買があるのです。白切鶏(ばっちーがい/いわゆる蒸し鶏)をぶった切ったやつを豪快にごはんにのっけたもの。うまいんだこれが。申し訳程度に?ちょっぴり油菜(やぅちょーい/青菜の茹でたもの)が添えられているのもまた嬉し。

白切鶏には、必ずあるソースがかけられるのですが、これがまた美味しい。
知人の香港人ともこの話題で一度盛り上がったことがあるのですが、「しょうがねぎソース」、そう彼は言っておりました(日本語がやたら堪能なので、私にわかりやすく日本語にして言ってくれたと思われます)。

何度も香港を訪れ、その度味わい、その「しょうがねぎソース」の中身を、「んー、刻んだ葱とおろした生姜に、何かしら旨味のあるもの、それとオイルだな。多分ピーナッツオイル。」そう自分なりに分析はしておりました。

ある時、ある書籍で、その旨味のあるものの正体がわかり、去年暮れ、NYに遊びに行った時、チャイナタウンでそれを見つけ、ちゃっかり自分用土産に買って来ていたのでした。

それは何かと言いますと…。誰もが知ってるクノールのチキンスープの素。日本向けに売られてるやつではないです。

クノールって、英語のつづりだとKnorrですが、繁体字圏だと、家樂牌(がーろっぺーい)と表記するのですね。クノールのチキンスープの素、パッケージには、家樂牌鶏粉(がーろっぺーいがいふぁーん)と書かれておりました(いつものように読みはテキトーです)。

さて、このチキンパウダー。そろそろ使ってみてよーと、夫にリクエストしてみましたら、ちゃんと蒸し鶏のソースにこのパウダーを使って、しょうがねぎソースを再現してくれました(超嬉)。ちゃんとピーナツオイルも、葱も生姜も揃っていたので、バッチリでした。

ああ、香港の外買をまざまざと思い出します。チャチな発泡スチロールの入れ物に入った、みっちりみちみちな外米のごはんと、油分も旨味もたっぷり過ぎなジューシーな白切鶏。気持ちしょっぱめな薑葱油(きょんちょんやぅ/これが『しょうがねぎソース』の香港での名前)がたっぷりかかっていて、ついついお腹いっぱいでも完食してしまう、魔のごはん。

家でもある程度再現できるじゃなーいヽ(´ー`)ノ

うわー、嬉しい。この頃、自分の中の血中香港度が下がってきていたので、これでしっかり補給できました。

まったくもってありがたい話しですが、このところ、うちのダンナはあれやこれやとごはんを頑張ってくれてます。以前も中華系の人ならごはん代わりに食べる饅頭(あまり甘くない、中身のないおまんじゅう)をこねこね作ったり、先日も、生地から自家製のピザなんかも作ってくれました。

あわわわ、そのうち料理スキルが逆転する日も近い?!
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Water of silvervine flavor

うひゃー、誰もが知ってる、猫の好きなまたたびって、英語だと、銀のワインって意味なのですねー(今調べて初めて知りました)。


さて、今春新しく発行されたある雑誌を定期購読しております。

その名も「ねこのきもち」(親ばかすぎだぜ)。

本屋の店頭に並ばない、定期購読者のみに宅配される猫の専門雑誌。
正直、内容は値段の割にちょっと薄いかも、なんて思いつつ(でも実用的な情報もちゃんと載ってます)、可愛い猫たちの写真に和む日々。雑誌ですので、記事の合間に広告が入っているのですが、とてもそそるものを見つけてしまいました。

またたびWATER

んまー、またたび風味の猫用飲料水ですってよー、買ってみたいかもー。

現在、我が家では、自宅近所のペットショップが毎月22日ににゃんにゃんデーと称し、ポイント2倍キャンペーンをやっておりますので、にゃんズのための買い物は月1回。でも、今月は阿龍の誤飲事件があったせいで行けず、土曜に夫と2人、仕事の合間に彼らのごはんの買い出しに行って来たのでした。

ありましたー!またたびWATER!早速1本試しに買ってみました。見た目、人間用みたいな500ccのペットボトル入り。キャッチコピーに、ねこのどならすなんて書いてあります。うちの子たち、お気に召すかしら…。

お水の容器を洗って拭いて、ちょっとだけ、このまたたびWATERを注いで、にゃんズに差し出してみました。すると…。

あれ?これいつものお水と違うにおいがするー。そんな感じで鼻をフンフン言わせた靚靚が、

ピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャピチャ



止まらない勢いで、ごくごく飲んでます。おお!すごい!このドリンク!

相変わらず、食い意地は張っているのに、お初のものはおっかなびっくりで、ちょっと食わず嫌いな傾向のある阿龍は、おそるおそるぺろぺろしています。靚靚ががぶがぶ飲む様子を見て、彼も驚いている模様。

うわー、とりあえず靚靚には初手からして、かなりよかったみたい(リピート決定…)。
靚靚は、時々おやつ代わりにあげている、アカディ牛乳が結構好きで、お水より、いい飲みっぷりを見せてくれていたのですが、あっさり吹っ飛ぶぐらいの勢いで、このまたたびWATERを飲んでおりました。もう1歳になったし、ミルクは要らないかもね。時々、このドリンク、買ってあげなきゃ、なんて親バカな私は悦に入っております。

気がついたら、ネットでケース買いしたらいくらかな?なんて探してたり(自爆)。

このまたたびシリーズ、ヘアボールコントロールのゼリーや、尿臭カットドリンクなども発売されていて、ヘアボールコントロールのゼリーは、ちょっと試してみたいかも?なんて早速ワクワクしてたりします。

ちょっとこのドリンクをネットで見てみたら、「うちの子は見向きもしなかった。」なんてブログをやたら見ましたが、「えー、なんでー??」と思うぐらい、靚靚はこのお水が気に入ったようです。

これから京都は暑い暑い夏を迎えます。あまり水気を必要としない猫族でも、熱中症や、泌尿器系の病気を防ぐためにも、こうやって水分を与えていかないとなー、と思う、猫バカ澪佳なのでした。
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 23:15 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

She is wild

この頃、明け方の廊下のお散歩だけでは飽き足らず、廊下沿いにあるベランダにも出たがる靚靚小姐。

阿龍も出たがるけど、阿龍の脚力を知っている私と夫は恐ろしくて滅多なことでは出せません。どこへ飛び移っちゃうかわかったもんじゃないから。

その点、靚靚は、猫にあるまじきどんくさい子なので、時々監視はもちろんしていますが、思い切った行動を滅多なことで自分からしようとしないので、割と好きにさせています。

ここは京都のど真ん中ですが、明け方から早朝にかけて、雀やその他、結構野鳥の鳴き声がします。もちろんカラスの声も。

廊下の窓を少し開けておいてあげたら(網戸は閉めたまま)、網戸にしがみつくように、靚靚が伸び上がって、鳥たちに夢中になっております。やっぱりどこか野生が残ってるんでしょうね、狩りの本能が呼び覚まされたんでしょうか。

ある日、すぐ近くで雀がチュンチュンとけたたましく鳴いており、何気なく靚靚の方を見やりますと、

クルルルッ、クケケケケケケッ

何とも面白い声を出して鳴いているのです。しかも、口をやや横に開けて、クワクワクワクワッ!って感じで細かく動かして。

うわー、面白いー、この子。初めて見た時、思わず夫を呼んで、「見て見てー、靚靚、壊れちゃったよー。」なんて言いながら眺めていたものでした。

スコティッシュフォールドは、こういう鳴き方をよくするらしいのですが、まさかうちの子も…とは思ってませんでした(他の猫種でもいるみたいです)。

以来、私と夫が仕事を終えて部屋に戻ると、靚靚はしきりに「くぅん~、あぅん~。」と鳴いて、「ねぇねぇ、鳥さん見たいの。お部屋から出して~。」とおねだりするようになりました。

今ブログトップのロゴ画像に使っている靚靚の写真は、まさにクケケケケッと鳴こうとする瞬間の様子なんです。ベランダのエアコン室外機の上が今の靚靚の指定席。ここにお座りして、近くを飛び交う雀や野鳥を見ては、「クケケケケケケッ」とご機嫌でしっぽをぱたぱた。

阿龍はと言いますと、鳥がそばを飛んでいる様子が目に入ると、とにかくぢっと凝視はしますが、靚靚みたいに鳴いたりはしないです。猫種でこんなにも行動が違うものなのですね。

小柄でおとなしくてどんくさくて、ごはんも少し食べたらもう飽きちゃって、「はい、あーん。」ってしてあげないと食べてくれないお嬢様靚靚だけど、野生と言う意味では、みっちり筋肉質で力強くてすごい運動量で、食欲旺盛な阿龍より相当ワイルドみたいです。

いやー、猫って毎日眺めていても飽きないですねヽ(´ー`)ノ
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 07:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Spellbound

毎晩のウォーキング。
夜道は危ないからか、それとも私だけが運動らしきことをしている状態に密かに焦りを感じているのか?夫が毎度付き添ってくれております(前者だということにしときますw)。

せいぜい小一時間程度の早足ですが、それでも汗びっしょり。もっと歩くことに慣れたら、現状の首にタオルにプラスして、ペットボトルの水、も携帯しようかしら、なんて思う今日この頃。

喉が渇いてきたかな、そう感じ始めた時点で、人間の体は軽い脱水症状に似た状態になっているらしいので、汗をかくことをする時は、15分前後をめどに水分補給をした方が、体の思いがけないトラブルを防ぐ確率が上がるんだそうで。

どうやら私はいわゆる「基礎代謝」のあまりよくない体みたいですが、毎晩のお風呂掃除の賜物か(謎)、汗はやたらよくかくようになりました。そりゃもう、日常のちょっとしたことで汗が出ます。真冬でも、せっせと部屋中掃除機をかけているだけで汗だくになっちゃいます。結婚前はそんなことなかったのになぁ。

入浴時でも、出来るだけのんびりゆったりお湯に浸かるように心がけていますが、それだけでも相当汗かいてます。同じようにお湯に浸かってる夫はあんまり汗かいてないのになぁ。

さてウォーキングから帰ると、ひとまず水分補給して、汗を拭きます。ここでシャワーでも浴びられればとてもすっきりするのだろうけど、一休みしたら、またお仕事なのでなかなかそうもいかず、ドラッグストアで売ってる、汗拭き用のウェットティッシュで全身ふきふき。今は何かと便利なアイテムいっぱいあるので助かります。ささっと拭くだけで、ひとまずさっぱり。拭いた後もさっらさら。今思うと、こういうアイテム、学生の頃欲しかったよなー。体育の授業の後とか、絶対使ってたと思う!

しかし汗だくになって面白い出来事がありました。
ウォーキングから帰った夫がちょっと一休み、とベッドにごろんと横になると、いつの間にやら阿龍がトコトコやって来て、鼻先をフンフンさせたかと思うと、脇の下めがけてぐりぐりと鼻をつっこむのです(爆)。

そりゃもう、「アンタどうしたの。」ってな勢いなのです。くねくねぐりぐりごろごろ、まるで身悶えてるような有様で、ひたすら夫の脇の下に顔をつっこんだまま、体をよじるのです。

ひとしきりぐりぐり堪能した後は、そのまますぴーすぴーと寝ちゃったりします。

夫曰く、「阿龍の鼻息で俺の腋毛がそよぐ。」と言うほどですので、相当阿龍は夫の脇の下が気に入ってしまったようです。

あ、夫の名誉のために言っておきますが、夫は決して腋臭なやつではありません(笑)。

あまりにこの行動が可笑しいので、この頃、夫が大の字に横になったら、阿龍を抱っこして連れて行ってやったりもします(爆)。連行されるとさすがにちょっと反応が悪いのですが、やっぱり気がつくと、夫の脇の下に頭をつっこんでうっとりしております。

靚靚はちーっともそんな反応示さないのになぁ。阿龍てば、日頃夫を警戒しているくせに、こういう時だけ、超甘えっ子♪なんだから~。
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Modeler

最近夫が夜な夜なちまちまプラモデル作りを始めました。

や、別にこれが初めてと言うわけでなく、ずいぶん昔からプラモ作りは趣味の1つだったそうで、今まさに、「プラモ作りたい」ウェーブが彼のところにやって来たんだろうと思われます。

今いる自分の部屋は、元々田の字に並んだ4部屋の襖を取っ払って1部屋で使っているわけですが、元々の部屋の間取りを生かし、

「どーんとテレビを置いてリビングエリア」
「ベッドを置いて寝床エリア」
「PCデスクを並べてなんちゃってSOHO」
「スチールラックと大きな机、オープンラックの上にターンテーブルを2台並べておっさんのヲタクスペース」

そんな感じで使っておりまして、この数日、仕事が終わって一段落すると、この「おっさんのヲタクスペース」に置いてある机に座り、何やらしこしこかりかり作っているようです。

しかし、我が家には今猫が2匹。夫なりに作業後の片付けは気をつけているようですが、机の下に、スクラッチした(と思われる)プラモの破片がパラパラ。夫が早々に床に就いてからそれに気付き、ひとまずさっと掃除機かけておきました。

なんせ、阿龍の誤飲事件があったばかりですし(;´Д`A ```

卓上クリーナーとかあるといいかもなー、なんて夫が言い始めましたし、いよいよ本気でマキタのコードレスクリーナーの購入を検討しようかと思います。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tunny tunny

先日、父の日のプレゼントに買った本マグロ大トロ、1キロ買って、半分は我が家で楽しむ日がやって来ました~ヽ(´ー`)ノ

結構な量ですので、マグロ尽くし…まではいかなくても、お造り以外の食べ方もしようってんで、前日、アボカドやら何やら買い物を夫にお願いしておきました。

そうそう、にゃんズ、そろそろ1歳なのです。今月の22日が靚靚の、23日が阿龍の誕生日。当日だと時間が取れそうにないので、今日一緒にお祝いしちゃいましょう。

夕方ちょっとアクシデント(すぐ下の投稿)もありましたが(汗)、どうにか大丈夫そうだし、そろそろ人間もお腹が空いたので、準備にかかります。

去年のクリスマスも作った、猫用ケーキ(否、つくねですw)。
鶏ミンチを味付けなしでこねてタネにしてレンジでチン。超お手軽。

マグロと一緒に食べる予定のアボカドは皮と種を取ってざくざくカット。

昨日から解凍しておいたマグロ。さあどうしてくれよう?立派(すぎる)な脂身なので、皮と共にちょっと切り取ります。刺身包丁がないけど、ま、いいや~。ひとまずスライス。


あ。また写真撮るの忘れたorz


kiriのクリームチーズも一緒に食べる用に買ってもらったので、さあお膳に運んでまったり食べましょうヽ(´ー`)ノ

あまりに立派なサシのマグロだったので、スライスした何枚かの切り身はさっと油をしかないフライパンであぶってみました←これがまた肉か?ってほどおいしかった!

指の先ほどの大きさにマグロをちぎって、にゃんズの前に差し出してみると、ふんふんにおいをかいで、即ぱくり。マグロのにおいがまだするからか、人の指先をずっとぺろぺろ。かわいいやつらめー。

いやー、成人病まっしぐら(苦笑)な今日のメニューでした。
また何かの折にお取り寄せしてもいいかなー。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 22:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A toothpick

それは私の不注意から起きたアクシデント。

昼過ぎ、のろのろ~っと起き出して、夫が買ってきたサンドイッチで朝ごはんにし、しばしゆっくりしたら、にゃんズのごはんを出さねばな~と、うだうだしていた時のこと。

コンビニでごはんなどを買うとくれる箸袋。必ず爪楊枝が1本入れてありますよね。大抵使うことないので、お箸を取り出したら、そのまま捨てちゃうのですが、この時に限って、ぽろっと落ちてきた爪楊枝をお膳の上に出しっぱなしにしていたのです。

ふとお膳の方を見ると、阿龍がお手手で爪楊枝をチョイチョイと転がして遊んでいます。あ、危ないな、片付けなきゃ…と思った瞬間、

パキッポキッ

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
かぷっとくわえたかと思うと、そのままモグモグ((;゚Д゚)ガクガクブルブル

きゃあああああああああ。。゙(ノ><)ノ
慌てて爪楊枝を取り上げ、口を開けて中を見ましたが、爪楊枝らしきものは見当たらず。取り上げた爪楊枝、尖った方から3分の1がすっかりなくなっています(怖)。急いで周辺も探してみましたが、かけららしきものも見当たりません。

の、飲み込んでる!!Σ(゚Д゚)

ぎゃー、どうしよう。噛み砕いて飲み込んでいれば、多分木で出来たものだし、すんなりお尻から出て行ってくれるだろうけど、万一、丸呑みしていたら…。

ガクガクしてきちゃいました。時計を見ると、午後5時前。いつもの動物病院の診察ももうすぐ。これは連れて行くしかない~~!

5時になってから、まずは電話。するとやっぱり「万一のこともありますから、連れて来れるようでしたら、診せてください。」とのこと。昼寝でとろとろまどろんでいた夫から診察券をもらって、いやがる阿龍にハーネスをつけて、車かっ飛ばし、連れて行きました。

やはり時期的に、ちょっと混んでいたけど、順番を待ってようやく診察。緊急な診察はお得意の院長先生に診ていただきました。

先生もいろいろ触診しながら、「まだこの時間ですと、胃の中にあると思います。胃の位置が外から手で触ってチェックできないところにありますし、レントゲン撮りますね。」とおっしゃるので、お任せしました。

ちょうど阿龍はごはん前。爪楊枝事件の後、何も食べさせず連れてきたのでその旨も伝えると、「それは都合がいいです。」と先生は阿龍を抱っこして、レントゲン室へ消えていきました。

しばらく待って、先生が診察室に戻られました。レントゲン写真を見つつ、「確かに今空腹でしょうね、胃はぺったんこです。」と言った後、体のあちこちを指しては一つずつ、説明をしてくださりました。飲み込んだ(と仮定して)爪楊枝が木で出来ているので、ちょっとレントゲンでは場所によっては見つけにくいこと、しかし読影時にコントラストのわかりよい箇所には、それらしいものは全くないことなどなど…、

まとめると、現状、大丈夫そうだという結論だそうです(´▽`) ホッ

肉食動物の猫は爪楊枝を消化出来ないので、2日ほど、便をチェックして、それらしいものが出ていれば問題なし、今後、うずくまる、元気がない、餌を食べたら吐く、などの症状が出れば、またすぐ連れてきてください、ということになりました(よかったー!!)。

当初、誤飲と電話で伝えたので、電話に出られた看護士さんが、「飲み込んですぐならお薬を飲ませて吐かせるなどの処置もあります。」と言っておられましたが、なんせ飲み込んだ(と思われる)ブツが爪楊枝、しかもとんがった方、なので、無理に吐かせると、万一吐いて出てきたとしても、食道などを傷つける恐れもあるので、今回はやめておきます、とのことでした。

しかし…、院長先生曰く、

猫ちゃんは、木で出来たものにはあまり興味を示さないんですがねぇ

うへぇ(´ヘ`;)
しかも「うちの病院で爪楊枝食べた猫ってのは僕、初めて診ました。」ですと。
犬なら結構よくある事故なんだそうです。竹串を飲み込んじゃった犬の手術は、何度もされたそうです。

む?た、竹串…?

そう、犬なので、アウトドア系レジャーに連れて行く飼い主は昨今とても多いのです。キャンプでバーベキュー、飲んで食って注意力の散漫になった人間のそばで犬がつい、バーベキューをぱくり。それでの事故がこれから時期的にまたあるかと思います。ですって。


要は、爪楊枝にしても、竹串にしても、「何か食べ物を刺してある場合。」つい刺してあることがわからずかぶりついちゃって事故、になるわけで…。

全くまっさらで食べ物のにおいもついてないと思われる普通の爪楊枝に食いつく阿龍って_| ̄|○

そんなにお前はいつもいつも腹が減っているのか~~~~!!!

そうそう、レントゲン写真を見ていたら、阿龍のお腹からお尻にかけて、もわもわっと白っぽいむにょむにょした影がみっちり詰まっておりまして、先生に、

「これはなんですか?(大きさからしてありえないのですが、まるで回虫みたいだったのです)」と尋ねると、

「ああ、これは便です(ニッコリ)」

全部うんこか_| ̄|○
お前の腹の中は全部うんこなのか~~~~~ヽ(`Д´)ノ

へろへろしてしまいましたが、ひとまず大丈夫そうだし、阿龍も元気そうなのでよしとします…。

これからは私ももっと部屋の中のもの、気をつけなきゃな…(-_-;)
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 19:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Rehabilitation & walking

先日からずっと整形外科に通っております。

「週に2~3度はリハビリに来なさい。」と先生から言われたので、店番の時間も義母さんに調整をお願いして、どうにか時間作って行ってます。

メニューは通うたび増えていって、現在、腰の牽引、電気をビリビリ当てるやつ、レーザーポインタみたいなやつを患部に当てるやつ(これは手首)、腹筋に、背筋そらし、この5つ。大体待たずに順々にこなしていって、小一時間ほどの内容。

先週の診察の時、

毎日、30分は最低歩いてください。出来れば1時間を目標に

ついに言われてしまったああああ!!ウォーキングしろ、ですと(^^;;

要は運動不足から来る体力筋力の衰えも、腰痛を助長するから、楽になりたければがんばれ、ってことですな。

てなわけで歩き始めて1週間経ちました。いやー、思い知りました、自分がこんなにも衰えてるとは。まず初日、夫が「俺も行こ♪」と一緒に歩いてくれましたが、帰宅してからもう既に足がダルダル。階段のなんとつらいこと。

情けな~~~~~(-_-;)

その後、3日目ぐらいまでは足に身が入っていましたが、今はようやく何ともなくなりました。
毎晩、食後しばらくして10時頃、歩きやすい服装に着替え、靴下を履いてスニーカー、タオルを首にかけてのしのし近所を歩き回ってます。

大体小一時間ほど出来るだけ早歩き。帰宅する頃には汗だくです。30分ぐらい汗が引かなくてぐったり。でも心なしか寝付きも寝起きもよくなったような感じもして、今のところ、腰痛が軽くなったとかそういう劇的な効能はわからないですが、案外悪くないかもなーなんて思い始めました。

さぁ、今日ものしのし歩くぞー。
Theme: - Genre:

| Incidents | 19:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Weed party?!

去年末、初めて猫草なるものを買ってみました。
時期的に寒すぎて、発芽まですごい時間がかかり、思いのほか、「こりゃかったるいかも。」なんて思っていたのですが…。

もう6月なら暑いぐらいですし、いい加減植えてあげなきゃ!っつーわけで、ようやく2回目の栽培を始めました。

私が使っているのは、無印良品で取り扱っているこの猫草栽培セットです。2個入り210円(税込み)ナリ。安いー。

さて準備準備。でもビニール袋を開けて取り出し、このクラフトペーパーみたいな紙袋の口を開いて、水をやるだけ。

この紙袋部分は防水仕様になっていて、多少水をやりすぎてもこぼれない仕組み。

ペットショップに行けば、もうわさわさ生えている猫草も売られてますが、農薬だのかび防止剤だのが何となく心配。自分で育てる分にはそういう心配は不要なので、食べられる大きさになるのにかかる時間を逆算して、植えてあげるのです。





左上:紙袋を開けると中はこうなってます。白いものはパルプ。この中に種が入れてあります。土を使っていないので、猫がもしゃもしゃ激しく食べて転がっても部屋が汚れない仕様。

右上:ベランダに出して3日目。芽が出た~ヽ(´ー`)ノ

左下:4日目。すくすく伸びて青々してきました。成長早っ。

右下:6日目。もうそろそろいい感じ。次のパックも用意します。

≫ Read More

Theme: - Genre:

| Mew Mew | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Father's day

今日は父の日。
母の日のことを思うと、少々頭の痛い日だったりもします(^^;;

だって義父さん、お酒もやらなければタバコも吸わず。お出掛けよりも自宅周辺にいるのが落ち着く人なんですもの。背格好は中肉中背なので、衣類を選ぶとしたら、サイズには全く困らないのだけど、衣類関係は上の義姉さんがいるからあげたところでかぶるだけだし(義兄さんがアパレル勤めなので)、植木の世話などもこまめな義父さんだけど、植物関係は、長いことフラワーアレンジをやってる下の義姉さんがいるし。

そういうわけなので、ほんと毎年悩みます。

先月の母の日の品物が決まった時点で「父の日はどうするの~~。」と夫とあれこれ相談しておりましたが、楽天の中を散策しておりますと、やはり母の日より父の日の方が世間の皆さんもお悩みのようで(サラリーマンパパですと、ネクタイとか筆記具なんてチョイスも出来ますが、うちみたいに自営でワイシャツすら滅多に着ない環境だとあんまり必要でもなかったり)、飲まない吸わないおとうさんには、

消えもので

ってのがかなり目に付きました。んん、どうしてもそうなっちゃうよなぁ。甘いものも結構好きな義父さんなのは知っているけど、デザート系のものって、結構何のイベントがない時でも買って来たりするから、今回は甘くないお取り寄せでいってみようかな。

年齢的にお肉よりはお魚がいいんじゃないかという夫の意見を参考に、楽天の中の海産物カテゴリとにらめっこ。

普段滅多に口に入ることのないであろう、天然本マグロしかもトロ部分!を500gほど買うことに決めました。いやー、届いてみないと実物はどうだかわからないけど、まるで霜降りお肉みたいなビジュアルですよ!←楽天での画像

夫が「こんなうまそうなマグロ、うちでも食いたい…。」と言いますので、味見も兼ねて、我が家の分も夫がポチりました。わーいヽ(´ー`)ノ

夜、仕事食事が一段落してから、夫に届いたマグロを持っていってもらいました。

よくよく中を見ると、確かにその辺のスーパーなんかじゃまずお目にかかれないサシたっぷりなマグロです。こりゃ期待できそう。

冷凍で届いているので、我が家でいただくのは今度の休日、ゆっくり味わいたいと思います。
Theme: - Genre:

| Incidents | 21:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Change for the worse?!

どうなってるの?

あの長いメンテが終わってから、メンテをしたはずなのに、妙に動作が重い<ブログ
ロゴ画像なんかも開かない(アップし直したりもしたのに)。

よそさんのブログで、しょっちゅう巡回しているところ(リンクしてあるところとか)も、画像を貼ってくれてるのに、見られない。

ムキー!!ヽ(`Д´)ノ

これじゃ全然使えないじゃないのよっ!!



今、私の頭の中で、「ブログを引っ越す…?」ってのがちらついております(-_-;)
Theme: - Genre:

| PC and so on | 23:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Server maintenance

昨日は長い長いメンテでしたね<エキサイトブログ

そういう時に限って、怒涛のように投稿したかったりするのです(天邪鬼…)。結局投稿できずじまいで(否、明け方には復旧してましたが、すっかりテンションが下がってしまい)、寝る前、ちまちま片付け物をして、調べ物を少々して寝ました。

で、今日。
早速エキサイトブログの更新情報をチェック。むー?機能追加とかのメンテじゃなかったのー?
あまりに長いメンテだから、サイズアップ、とか、より一層動作が軽くなってるとかそういうのを期待してたのに~。

しかも自分とのブログでもそうですが、更新ボタンをクリックすると、カレンダーが出たり消えたりする!!なんでー!!

普段巡回しにいっているお気に入りブログもそれぞれ、画像がちゃんと出てこなかったり、それ以前にページを開くのが重たく感じたり…。


本当にメンテだったのか??


社長~~、機能は少なくても、サクサク軽いのがエキサイトブログのウリでしょー!よろしゅう頼んまっせ~!
Theme: - Genre:

| PC and so on | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Flower box

A wedding gift


正確な日付だと、17日なのですが、寝る前のことなのでこの日付で投稿します。



ああ~、ちびさんの結婚式がもう今度の日曜に迫ってる!!もう今日にでもどうにかしてしまわないと!!!

結局あれから悩みに悩んだ末、当日、会場に届くよう手配することに決めました。
ちびさんには大変申し訳ないですが、ちょっとバクチです。何度も彼女の『結婚準備』カテゴリを読んで、あるお祝いを贈ることにしました。

本来、よくある結婚祝いの場合ですと、カードにしてもお花にしても、『白を基調にパステルカラー、サムシングブルーにちなんだパステルブルーなど、全体のイメージとしては、花嫁さんのイメージを損なわない清楚で可愛らしいもの』を使うのが王道と言いますか、ある種お約束かと思われますが、その辺も一味違うちびさんは、

大人っぽく、夜っぽく

などとテーマを決めて、パーティの演出の準備をしておられたので、この王道の線では、多分思いっきりハズすだろう、そう踏んで、黒いボックスに真紅の薔薇(プリザーブフラワー加工)を詰め込んだものにカードを添えたものにしました。

個人的に、生花は大好きなのですが、結婚という言葉のイメージから、永久、永遠、の雰囲気で、プリザーブフラワー(まるで生花のような見た目なのにとても長持ち/造花ではありません)なら、そういう感じにフィットするかも?とチョイスしてみました。

まぁ、当日、会場でどうなるかは、もう本番しだい、ですけども(^^;;

でも気持ちが伝わるといいなぁ(〃▽〃)
念のため、前日に会場に配達されるようポチって、ひとまずホッとしました(*^^)。

お式、披露パーティ、そして2次会と、目まぐるしい1日で、帰りの荷物を増やしてしまったけど、どうかささやかなお祝いですので、お許しくださいね>ちびさん
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 07:35 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

At a brasserie

ずっと前から気になっていたお店。

そこは家から歩いて3分ほどの距離にある、小さなブラッセリー。
何となく雰囲気が良さそうで、ここに来てからずっと「いつかここでごはん食べたいな。」と思いつつ、早3年。

あまりに近所なので、何気なくしょっちゅう前は通り過ぎていたのです。

そして先日。
いつの間にやら、違うお店になってしまっていたのです…(´・ω・`)ションボリ

でも、違うお店になったとは言え、やはり今回も小さなブラッセリーなのは変わりないよう。
雰囲気はそのままに?店名が変わって新規開店!みたいな感じ。

ようやく今日、このお店にごはんを食べに行くことができましたヽ(´ー`)ノ

夫と2人、思い切ってドアを開けると、かなり若いおにいさんが1人、お出迎え。外観のイメージで、もっと狭いお店(キャパ5人程度の)だと思っていたら、中に入ってみると意外や意外、10人は座れる作りになっていて(それでも狭いことには変わりないですが)、カウンターに並んで座り、手渡されたメニューをのぞき込みました。

イマドキにありがちなイタリアンと折衷なメニューが少しある、それでもメインはフレンチのちゃんとしたものが店の規模(そしてこのおにいさん一人が切り盛りすると考えれば)を思うと、結構品数もあるのがわかり、まず驚き。

だってキャパ10席程度でしかもこんな場所(かなり隠れ家的お店)なのに、ラムだの鴨だの扱ってるなんて!!(正直嬉しいw)←子牛とかもありました♪

今回、初めて食事をするわけだし、ここは1人3000円のコースメニューを2人分オーダーしてみました。(この内容で今後リピートするかどうかおおよその目安になるかと思って)

メインディッシュはプリフィクススタイルだったので、夫はラムを、私は鴨をリクエストして、私はハウスの赤、夫はノンアルコールのカクテルでまずは乾杯(*^ー^)ノ▼☆▼ヽ(^ー^*) チン♪

軽めの前菜とサラダをいただき、魚のお皿。今回は太刀魚のグリル。確かにちょっと一等地からは外れてる場所だとは思うけど、この手のコースメニューって、お魚とお肉が一度に出るって、まあそう滅多にないと思うのです。だって3000円なんですもの。その後かぼちゃの冷製スープをいただき、パンをぱくついていると、いよいよメインのご登場。場所柄、そう行列が出来るほどのお店ではないと知っていたので、「どんなメインを出してくるのだろう?」と少々訝しげに思ってた私でしたが、思いのほかきっちりお仕事してありました( ゚Д゚)ウマー

鴨肉は身離れもよくて食べやすく、ラムの一皿もかなりのボリューム。ああ、ワインをボトルで頼んでおけばよかった、そう思うぐらいの一品でした。

その後、デザート(しかも選ばせてもらえる!)もしっかりいただき(ここでも驚きなのが、デザートの時、コーヒーじゃなく、『よろしければデザートワインをサービスさせていただきます』とおにいさんが言ってくれたのです!)、大喜びでデザートワインを味わいつつ、デザートを平らげ、それからコーヒーをサーブしてくれたのでした。

いやー、自宅から徒歩3分、なのに3000円でこの内容のフレンチがいただけるなんて!

かなり感動!!

これは…、リピート確定です。
パンも後から聞いたら自家製とか言うじゃないですか。みっちり中身の詰まった、食べ応えのあるパンでした。お代わりしちゃったぐらいですもの(*ノノ)

食べ物屋事情はまあそれなりにわかっているつもりですので、何気なくチェックの視線をキッチンに送っていましたが、業務用の出来合いでも別にありがちだろうと思われる、スープなんかも、ちゃんとタッパーに入れてあったりしたので、あれも自家製かと思われます(規模が規模なので、いちいち移し変えているとは思いにくい)。

何より、若くてとても料理人と思えない雰囲気のおにいさんがくるくるせっせと少々パニクりつつ(ごめんなさい、ちょっと楽しませてもらいましたw)孤軍奮闘しているさまがしっかりワインの肴になるのです。

多分このコースメニューはそうそう変わらないだろうから、今度はカルトでいってみたいと思います。

んー、いつにしよう?
ここのお店なら、余裕で1人フレンチが出来ちゃいます♪


追記:
なんせあまりに小さなお店だったので、一皿一皿写真に撮りたかったのですが、すぐ目の前におにいさんがいらっしゃるし、とてもそんな度胸はありませんでした(´ヘ`;)
次回、せめて1皿ぐらいでも写真に収めてこようと思います。
Theme: - Genre:

| Incidents | 18:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

燕子

ああ、もう6月も半ば!

去年一昨年と可愛らしい姿を見せてくれていた燕が今年はとうとうやって来ませんでした(´・ω・`)ションボリ…
2年続けて我が家の玄関先で子育てをしていたので、今年も5月の連休が明けたぐらいから、「まだかなまだかな~。」と楽しみに待っていたのに。

もしかしてにゃんズがいるから、警戒したのかなぁ。表にはまず出すことのないうちのにゃんズだけど、燕たちには猫のにおいがわかっていたのかもしれないなー。

しかし、今年はどうも何かがおかしい。

先日、羽虫の大量発生も起きたし、裏の土地で工事しているせい?だからなのか、アリがわんさか上がってくるし、義母さんの話によると、燕も去年と比較にならないほど、周辺を飛んでいないんだそう。

確かに言われてみれば、うちの通りではほとんど飛んでいなかったような…。6月にもなれば、すいすいと虫を狩るために飛び回る燕の姿が日中は当たり前のように見れたのに。

来年はどうなんだろうなぁ。諸事情あるし、なおさら微妙かも(-_-;)
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 16:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天龍八部

またハマってしまったドラマがあります。
私のことですので、言うまでもなく武侠ものですがね(爆)。

またまたスカパー、チャンネルneco。今度のも、金庸原作。

天龍八部(チャンネルnecoの特設ページ)

んもー、面白いったらたまらんです。
前回の射鵰英雄伝も相当面白くてハマりまくったけど、今度のはすっごいシリアスな展開が多く、続きが楽しみでしょうがないです。

実は、放送開始とともにDVDもボックスで売り出されたのですが、いつの間にやら夫があっさり買ってしまっていて、放送はまだ8話までしか進んでいないのに、物語の前半分はしっかり見ちゃいました(いやー、ますます面白かった!)。

なんせ話しが長いので、来月後半部分のDVDが販売されるそうですが、待ち切れないぞー!

主演の1人、胡 軍(フー・ジュン)演じる喬峯(きょうほう)のかっこよさったらないですよ。決して男前ではない(や、だんだん男前に見えてきます)ですが、とにかく豪傑。全てにおいて豪傑。

放送中だし、先に書いたリンクであらすじやキャストはわかりますので、ここではあまり触れませんが、いやー、チャンネルneco、やってくれるなぁ。
Theme: - Genre:

| Movies & Dramas | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A wedding gift

うーむ、悩む悩む…。

来週の今日は、ちびさんの結婚式だー!!

ちびさんの結婚が決まった時点で、「気持ちだけでもお祝いがしたい。」とはずっと思っていて、ずいぶん前彼女に、「披露パーティはどちらで?住所を教えていただけないかしら?」と、会場の場所もちゃんとうかがってはいたのでした…が。

どういうお祝いをするかと言う以前に、急にあれこれブワワワワッ!と考え始めてしまいました、私。

お祝い自体は、せめてメッセージを添えたカードでも贈らせていただこう、そう思っていたのですが、ちびさんの結婚準備カテゴリを改めて読み返すと、急にいろいろ悩んでしまったのです。

まず、相当演出その他いろいろ等、凝っておられる。

しょうもないカードごとき贈っても、かえって会場で邪魔になるのではないか。

そう思い始めると、うーんうーん…と、カード1つすら決められないのでした。

ネットの中を駆けずり回り、何かいいものはないか?探し回ること、この数日。

結局自分では決められず、夫に「かくかくしかじか、で、どうしよう??」ともちかけてみました。結婚式をした人ならおわかりかと思いますが、お祝いだの何だのと当日は当のご両人、相当帰りの荷物がてんこもり。しかもくたびれていること必須かと思われるので、余計なことはしたくない。なので、私の頭の中では、

「当日と、新婚旅行の出発日に少し間が空いているみたいだから、結婚式、披露パーティを済ませた次の日ぐらいに、自宅に届くようにしてあげたら、彼女の負担は少しでも減るのではないか。」

そういう結論に達していたのです。しかしそこで夫の答えは全く異なるものでした。

「結婚のお祝いなのに、当日本人に届かないのはどうなの。」

うわーん、どうしよう!その意見も確かに一理ある…。


一応、今日の時点で、何を贈ろう、とはおおよそ決まりつつありますが、いつ配達されるのか、日程をまだ決められずにいます…。

かと言って、もう期日は目の前に迫っております。ああ、どうすればよいのでしょう…。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 22:24 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Reconnaissance?!

偵察キタ━━━━(゚∀゚)━━━━??(聞こえ悪くてすみません(^^;;)

今日、夜、なんと阿龍ママが生まれたキャッテリーのマダムがうちのお風呂に来られたそう。
その時お店番をしていたのは義母さんで、「息子夫婦呼びましょうか。」と言ってくれたそうなのだけど、辞退されたそうな。

でも、やっぱりあれこれ聞いてこられたみたい。どうしてますか、太ってませんか(ギクッッ!!)
元気で先からいる猫ちゃんと仲良くやってますか…などなど。

いやー、わざわざお越しいただくとは~(^^;;
もちろん元気いっぱいやんちゃいっぱい食欲いっぱい(焦)、先からいる靚靚と毎日楽しくやってまーす。

自分が繁殖させた猫の血を引いた子まで気になるもんなんですねぇ。意見はいろいろあるのだろうけど、いい方に考えれば、それだけ猫に対しての責任感?みたいなのが強いってことなんでしょうかね。

阿龍を迎える前、たまたまここのキャッテリーに問い合わせをしたら(コネ等一切なく、ネットで調べました)、うちとあまりに近所だったため、じきじきに「うちから出した子が子猫を生んだばかり」と情報を教えてくださり、キャッテリーとして立ち上げたばかりの「きららキャッテリー」にいたのが阿龍。

マダムは「♂がアレ(=イマイチって意味なのかな(^^;;)だけど、♀の方はすごいきれいな子だし、生まれた子猫も♀に似てるから、ショーに出せるわよ、よかったらお宅もショーやらない?」と夫に言って来たそうだけど、さすがに…そんな経済的余裕はないですって。スミマセン、マダム。

相当ご自分が繁殖させた猫たちに自信を持っておられるようで(でも確かに一目瞭然の美しい猫たちばかりです)、阿龍ママを初めて見た時の衝撃はいまだ忘れられません。以来、ロシアンブルーをどこのペットショップで見かけても、「…(-ω-;)ウーン」って思っちゃいます。

これだけ近所(徒歩圏内)なんだもの、中途半端な手抜きな飼い方は出来ない、ずっとそう思ってきたけど、やっぱりその通りだった…(もちろん阿龍だけじゃないです、靚靚のことも)。

大きな庭やドッグランを併設していたりするケンネルと違って、本格的に運営すればするほどインドアで、周辺にあまりその様子もわからない?キャッテリーの仕事。阿龍を迎えに行ったきららさんとこは、まだ始めたばかりで、普通のおうちだったけど、マダムのとこはどうなんだろう。いつでも見学にいらして、とおっしゃってたし、多分阿龍の成長もすごく気にしてらっしゃるようだから、近々阿龍を連れて、お邪魔してみようかしら。なんせ徒歩圏内だし。

今もまだ阿龍のおばあちゃんだかおじいちゃんだか、もしくはおじさんおばさん?がいるだろうから、阿龍を横に並ばせてみて、眺めてみるのも面白いかも。


参考までに、阿龍ママの生まれたキャッテリー
LiSiO Cattery

無許可で宣伝みたいなことしちゃったけど、万一不都合あったら、上記のリンクはいつでも削除します~<マダム
Theme: - Genre:

| Mew Mew | 23:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Magnetic resonance imaging

先日通っていた整形外科からの紹介で、ついにMRI検査を受ける日がやって来ました。

MRI-Magnetic Resonance Imaging

というわけで、磁気共鳴画像のことなのですね(グーグルで調べました)。

紹介を受けた先は、このリンクの場所に併設されている、診療所とのこと。

何だかえらく大げさですよ(´ヘ`;)。カタカナの研究所なんて、縁あるわけおまっかいな。いまだ我が家の周辺の地理がおぼつかない私、夫に場所を聞いてみると、「ああ、はいはい。」とすぐわかる場所のよう。「送って行ったるわ。」と言ってくれたけど、周辺に車を停められそうなところはなし、紹介状にもお車でのお越しはご遠慮くださいとあるので、タクシーで行くことにしました。

さて予約時間も迫ったので、大きな通りに出てタクシーに乗り込み、運転手さんに紹介状に書かれてある案内図を見せると、「ああ、パストゥールさんね。」と迷いもなく車を発進させました。

15分ほどですんなり到着。いざ着いてみたら、その診療所は京大のすぐそばだったのでした。

早速受付カウンターでいろいろ説明を受け、問診表を書き、セルフ(笑)で血圧を測って、看護士さんに案内されて更衣室。いわゆる術着に着替え、とっても入院患者ちっくになったところで、いよいよ検査。ネットで一応どういうものかは調べていたので、「寝ているだけ」「全く痛みのないもの」とはわかっていましたが、大きな箱のような機械の真ん中にぽっかり穴が空いていて、その前に人が一人寝られる程度のまるでベンチのような寝台が目の前にどーんとある様子は、妙に不気味な感じがしました。

言われるまま横になり、ナースコールみたいなのを握らされて(途中気分が悪くなった時、これで呼ぶんだそう)、するするーっと機械の中に入れられました。

目は開けていても閉じていてもいいそうなので、体はじっとしたまま、目で見れる範囲全て見てみたのだけど、ただただクリーム色の狭い空間があるのみ。一応天井部に青いラインが一本。これは中心線の目安になるものなのかな。

頭の方からつっこまれてるので、余計そう感じるのか、何とも言えないこの閉塞感を味わいながら、じっとしておりました。

しかし!担当職員さんも事前にちゃんとおっしゃってたけど、この検査、うるさい!!
痛くもかゆくもない楽な検査なのはわかるけど、とにかくうるさい!!何なんだろ、この騒音。

ズンドコズンドコズンドコズンドコ…と、まるで目の前でドラムセットでも叩きまくってるようなうるささ。それをベースにしばらくしていると、ギュイーンギュイーンギュイーン!と立て続けにまるで大音量のエレキギターですよ。耳壊れるかと思ったー(;´Д`A ```

まるでスタジオてな音量で、痛くもかゆくもなくてもどうも気持ちのいいものでなく。

しかもこんな狭いところに押し込められている寝かされているので、ストレスたっぷり。状況と言えば、タランティーノの映画、「キル ビル」2作目のほうの

棺おけに入れられて、そのまま埋められてしまった主人公

まんまあんな感じ。ブライドの気持ちがちょっとわかった気がしました(-_-;)

そんなこんなで大体15分ほどで検査終了。フィルムが出来上がるのを少し待って受け取り、またタクシーを拾って帰宅。

そしたら夫が「見せて見せて。」と言うのです。ま、見ても何ともないだろなー、と封を開けると、ほー、体の真ん中からタテに真っ二つにした状態がくっきり。ぶっちゃけキモいです。あまりにはっきりわかりすぎて。

その後、ひとまず手元に置いていてもしょうがないので、整形外科に持って行き、ひとまず終了。

週明け、診察の時、先生なんて言わはるんやろなぁ、何ともなければええんやけど。



( ゚д゚)ハッ!
せっかく中見たのに、写真でも撮っておけばよかったー。ブログのええネタになったのに。
Theme: - Genre:

| Incidents | 18:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I'm quite satisfied with the result, but......

Let's permming


いやー、すっごいいい感じ!顔洗って、お化粧して、マスカラぬりぬりしてみたら、なんともきれいにつくじゃないですかヽ(´ー`)ノワーイ

ビューラーでくにくにとまつ毛をはさむ必要もないし、時間短縮出来るし、その分マスカラをつける時間にあてられるから、なおさら丁寧。いいことづくめー!!

うわー、こんないいもんならもっと早くやってみるべきだったー。

しかし、昨日のおばちゃんの言葉が気になる気になる。

ビューラーなんて何一ついいことないよ。よう考えてみ?毛抜きでまつ毛ひっぱってるようなもんなんだから

うう、一理あるような気がする。ビューラー使うたびに何本かは抜けてしまってたしなぁ、まつ毛…。

はさまないタイプのホットビューラーぐらいなのかな、ちょこっと使うにしても。何だかビューラーと名のつくものを使うのが怖くなってきた~~。

うーむ、だからと言って、パーマだと何の悪影響もないのだろうか??

この仕上がりは正直期待以上。当分やってみて様子見るしかないかなぁ。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 18:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Let's permming

うっわー、自分で書いといて何なんですが古いコピーですのぅ↑(タイトル)。
ホームパーマはベネゼルっつーことでむかーしのCMだったような。現状、パーマと言えば、世間を何かといろんなネタでにぎわせている、先日お父さんの亡くなられた、パーマ親方のラガー刑事ばり(やっぱり古い…)の斬新なヘアスタイルが記憶に新しいところかと思います。

それはさておき、れっつぱーみんぐ、髪だけではないのです。ついにやっちゃいました、まつ毛にパーマ!!

ビューラーで上げても、きれいに上がらない上に、ちっともカールが長持ちしない私のまつ毛。やはりこれはまつ毛にパーマあてるしか!気持ちが固まると同時にあちらこちらの情報、口コミなどなどを調べ回っていたのでした。

で、昨日問い合わせの電話を1本入れてみたら、明日早速予約を入れられるということなので、ものは試しと挑戦です。

予約していた2時半にぴったり到着。施術してくれるサロンは、我が家から自転車で10分ちょいにある河原町の某マンション。マンションを借りてやってるってとこらへんに、何となくあやしさも感じますが、これはこれ。好奇心が半分以上勝っていますので、言われた部屋番号のドアの前へ行き、チャイムを鳴らして中に入れてもらいました。

すると、確かにちょっとしたエステのようなしつらえにしてあるところで、おばちゃんが1人、白衣を着てお出迎え。あまりに普通のおばちゃんだったので、「だ、大丈夫なんだろうか(゚Д゚;)」と思うも、

「お荷物はこちらに。さあ、このシートに上がって楽にしてください。」

あ、あららら、もういきなりですかい!てっきりまつ毛の状態や好みの上がり具合をまずは相談してから取り掛かると思ったら。おばちゃんセンスに任せていいのだろうか??

ええい、もうまな板の鯉だー。
言われるままに施術用のシートに横になり、目をつぶっていると、目の際のあたりで、時々ひんやり、時々パーマ液みたいなにおいが、時々何だかくすぐったい不思議な感触。

元々私のまつ毛は、細い、少ない、短い、とヘレン・ケラーばり(違)の三重苦といやほど自覚しているのですが、今回もばっちり指摘されてしまいました(-_-;)。

「ここまでまつ毛が少ない人も、そういないよ。」←こっちは客なのに何ともラフなおばちゃん

あううう(-_-;)
そんなにしょぼしょぼまつ毛なのかー、がっくり。

そうこうしているうちに、どうやら施術が終わったようです。パーマ後のトリートメントの終わったまつ毛を手鏡でのぞきこんでみると…。

おおおおお!

わーいヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノわーい
きれいに放射線状に上がってる!!!(感動)
自分でどんなに丁寧にビューラーをかけてもこんなにきれいに上がらない~~!!
よくまつ毛パーマは、「まつ毛がちりちりになった」とか「カールでなく鋭角的に上がって不自然」とかいろいろ聞いていたのだけど、この仕上がりはかなりいいような気がする!

気がする、のは、生まれて初めてのことだから比較対象がないだけのことで、私自身の今の満足度で言うなら、これはかなりの高得点。100点満点で85点はあげられる。

髪の毛でもそうだけど、初めての施術だと、あまりきれいにあたらない場合もあると聞いていたから、最初の1回目がこの仕上がりなら、2回目はもっときれいにやってもらえそう。

その後、ちょうど今キャンペーンをしているとのことで、チラシをもらって帰宅。

いやー、何度も鏡見ちゃいます。今日はこのままもう何もしないでいるけど、明日、マスカラ塗ってみるのがすごく楽しみです。
Theme: - Genre:

| Incidents | 16:17 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

Break out???

いやあああああ((;゚Д゚)あああああ!!


昨日から、虫が大量発生しているのです@我が家周辺
羽虫の一種?1ミリ程度の大きさでぶんぶん飛んでいます。
白いところ、照明のあるところに涌くように集まってきていて、しかもスタミナもあまりないのか?すぐへろへろ~っと落ちてきて、まるでゴミのようにたまっていきます(キモイ)。

閉店間際、お店番をしていると、そこらじゅう、へろへろと落ちてきた虫が、もぞもぞ(キモイ)。

これぐらいの虫ならどうにか自分でも片付けられるので、ティッシュ片手に、ぷちぷちつぶしては除去、を繰り返すもきりがない。

1時間ほどの間に、多分50匹ぐらい始末したと思う(苦笑)。

その後、お風呂掃除が終わって、さあワテらも一っ風呂入るかのぅ、と改めて店を見渡したら、

ぎょえええええええ!!!!

番台周辺も、あの虫で真っ黒!(と言ってもいいぐらい、わさわさいた)
アワワワワ…。

慌てて夫を呼び、番台に敷いてある座布団なんかを「表ではたいてきて。」と頼んでしまいました。あれぐらいの虫なら、まあ自分でも…と思える程度の虫ですが、量がすごすぎ。1匹1匹はへぼくても、あんなに大量だと、さすがに鳥肌。

出来るだけ、取り除いてみたけど、いやー、気持ち悪すぎ。




と、ここまでが昨日のこと。
今日もやっぱり…(´ヘ`;)?
と思っていたら、昨日ほどではなく(´▽`) ホッ
しかし少々ぶんぶん飛んでいるので、やはりティッシュ片手に、片っ端からつぶしていきました。キリのなさそうなところは掃除機でぶんぶん吸い込んだりも。

てっきりうちの店だけ???(イヤスギー!)と思っていたら、どうやらうちの店周辺みんな同じ状況だったよう。

一体なんなの?この大量発生(゚Д゚≡゚Д゚)?
Theme: - Genre:

| Incidents | 23:36 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

A surgical removal

今日も医者通い。
思い切って2件。先に行ってみた方は今日初めて行ってみた病院だったけど、何か…、イマイチ合わないっぽい。個人病院にしては、こぎれいにしてあるし、設備もそこそこに見えたし、何より家から近くて、今後何かと便利かも、って思ってただけに残念。

確かに私はいつも大抵「健康そう、元気よさそう」に見られるし、自分でもそう思ってるけど、「そんなことぐらいでこんなとこ来ないで」オーラがプンプン出てるように感じて、うーん、次回はないなぁ、ここの病院。

お次はあのガングリオンぐりぐりしてくれた整形外科。今日は医者のハシゴだー。

前回、ほんと痛いやら怖いやらで散々だったのですが、今日改めて診察を受けてみると、前回ほど怖い印象はなく、何かあったら時々来てもいいかな、ぐらいに気持ちが変わってきました。

腰と両手首の状態をチェックされた時、「なんて荒っぽい先生!!」とひるんでしまったけど、しょっぱな手荒い洗礼?を受けたせいか、今回は無意識にいろいろ覚悟を決めていたのもあったのでしょう。思いのほか、今日は「しばらくお願いしてみようかな。」って思えるようになってきました。

この前、大騒ぎで取ってもらったガングリオンなのに、先生の処置後のチェックによると、

「もう溜まってきてる。」

Σ(- -ノ)ノ エェ!?
そ、そうなの?取り切れてないだけと思ってたら…。思い切って先生に、「この調子だと、また取ってもらうことになりそうなので、切ってもらえないでしょうか?」と言ってみると、

しばらくカレンダーとにらめっこした後で、「そうしましょうか。」とあっさり決まりました。切って取るだけ、そう言ってしまえばそれだけですが、それでも万一のことを考えてと、採血と尿検査。案外お仕事丁寧なのかも。ここの医院。

ちょっと手首を切るだけでも、手術室を使うことになるので、スケジュール上、予定はずいぶん先。でももうこれでおさらばかと思うと、迷いはありません。

右手首の方は、様子見しながら、ぼちぼち力のかかることもやってみて、痛み止めも飲んで…、当分それでいくしかないみたいです。骨が浮いてきているから、サポーターなどを着けて、少しホールドしておくと痛みも楽になる、とのこと。サポーター買ってこないとなー。

帰宅してから、その辺のことを義母さんに報告すると、ずいぶん昔に同じことをした義母さんはしきりに、「きれいな手なのに、傷が残るようなことを…。」と気の毒がってたけど、いやー、温存しておいて何かと邪魔と思い続けているより、よっぽどせいせいするだろうから、やっちゃいます。

夫にも話したけど、この辺は既婚者の強みというか、気楽さというか。独身の頃だったら、手首のしかも手の甲側なんかに縫い痕が残るなんて思ったら、躊躇したかもしれないです。夫も理解してくれているので、何も悩むことなく、処置できそうです。
Theme: - Genre:

| Incidents | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Ennui

何の変哲もない一日。
30過ぎると、そういう一日こそありがたいと思ったりもする今日この頃。

とりあえずこんな体調なので、ルーティンのお風呂掃除はパスさせてもらってるのだけど、その分ちょっと空いた時間で、目に付いたところを片付けてみたり、結局あんまりゆっくりできてないような。

阿龍のケージを拭き掃除していて、多分彼のものだと思われるヒゲを発見。猫を飼うまでちっとも知らなかったのですが、猫のヒゲって、結構抜け落ちるものなのですねぇ。ま、考えれば、ヒゲも毛なわけだから、生え変わるもんなのでしょう。

時々、靚靚とじゃれ遊びがヒートアップして、靚靚も阿龍も時々、ヒゲがちぎれてたりもします。

阿龍は相変わらず甘えん坊で、私が「阿龍~。」と呼びかけると、大抵そばまでトコトコやってきて、顔をすりすりしてきます。可愛いです。部屋の中でうろうろすると、足元にまとわりついてきて、ちょっとストーカーぽいかも。

そう思うと、靚靚はマイペース。気ままに日がな、思うように過ごしております。呼んでも私の方を見はしますが、「なぁにぃ?用もないのに呼ばないでぇ。」とでも言いたげな、何ともアンニュイなこと。

朝方以外は、大抵けだるそうにしていて、てろーんと床に寝そべっていたり、ベッドでごろごろしていたり、座椅子に陣取っていたり、ほんと、お嬢様。

ああ、私も猫になりたい(爆)。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 22:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

See you again, my aunt

長い間持病を患っている叔母が、諸事情により、叔母のお姉さんの元(東京)に引っ越すことになり、もうそう滅多に会いたくても会えないというわけで、妹と示し合わせて、お見舞いがてら、会いに行ってきました。

叔母のお姉さん、それだけ見ると「???」でしょうが、話は簡単。私の父方の叔父が叔母のところにお婿に行ったからなのです。

今年18になる従妹がいるのだけど、彼女もバイトをしつつ、厄介になる場所が見つかったってのもあり、叔母のお姉さんが叔母の世話を一手に引き受けてくれたようです(そうそう出来ることじゃないと思うので、本当に頭が下がります)。

ちょうど今日、午前中、妹が京都方面(しかも我が家の近所で)に私用があるとのことで、じゃ、こっちでおちあって一緒に行きますかと話はついていて、今日はいつもより頑張って早起きて、身支度して妹の到着を待っておりました。

昼過ぎ、携帯で「今用事済んだし、そっち向かう。」と連絡もらったので、家の表まで出て行き、妹と合流。電車で行くって言ってたのに、珍しく車。あらまー、今、私、手首を痛めてるし、すまんのぅ、おまえさんが運転してくれると助かるぜい(当初の予定では、電車でやって来た妹をうちの車に乗せて、叔母宅へ向かう段取りでした)。

妹の車に乗り込み、ひとまず誕生日プレゼントという名の不用品押し付けをし、いざ出発(爆)。そこそこ混んでいる道をぶんぶん走って(妹の車の方がポテンシャル高いのはわかるけど、妹の運転は相変わらず怖かった/冷や汗)、どうにか叔母宅に無事到着。

お邪魔すると、長いこと会ってなかった従妹も来ていて、久しぶりに叔母やお世話をしてくれているお姉さんとゆっくりあれこれ話せました。

いつ、とは今は約束できないけど、そのうちきっと引越し先にも会いに行くからねと叔母に言って、叔母宅を後に。

その後、妹の車で大阪駅そばまで送ってもらい、ここでドロップ。
あのー、今更やけど、やっぱりおまえさんにはその車はでかすぎると思う(-_-;)<妹

ひとまず即JRに乗ろうかと思ったけど、ここ大阪駅周辺はデパートだらけだし、ダンナに「今からJRで帰る」と連絡した時に「何か買って帰ろうか?」と聞くと、「おやつ♪」と言うので、早速阪急百貨店にするするっと入り、地下のスイーツ売り場にて少々お買い物。このところ体調不良などなどで義母さんたちにも助けてもらってるので、離れのみんなの分も買っていざJR。

JRと言えば、例の脱線事故…が記憶に新しいですが、やはりその影響なのか、いつもなら多少のことでは遅れない(であろう)快速電車が5分の遅れと電光掲示板に表示が。くどいぐらいにホームのアナウンスで駅員さんが、

「まことにご迷惑おかけしております。」

って言っていたのがやたら耳に残りました…。

うとうとしながら京都駅。小雨模様だったのもありタクシーで帰宅したら午後8時過ぎ。
ふー、なんだか今日はくたびれました~(^^;;
Theme: - Genre:

| Incidents | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Dr. shopping?

今日は私の妹の誕生日だったりします。えーと何歳?w

妙齢ですので実年齢はさておくとして、ちょうど明日、里の身内関係で用事があるので、妹がうちに来ることになっております。なので、ちょっくら妹に何かあげられるものでも探すとしますかね(という名目で不用品を押し付ける、とも言う)。

ところで、昨日診察してもらった右手首、何だか診察前より痛いです(´ヘ`;)。
日常の動作一般、何でも出来てはおりますが、やはり力がかかるとしくしくします。パームレストに手のひらを乗せて、指先だけで操作出来るPCは、使ってても全くなんともないのですが…。

しかし、ダンナはもちろん、手首の痛みを知った妹や、メッセで話したNobuも開口一番、

それってパソコン触りすぎ?(ニヤリ)

って言うんですけど~~!!
なんでなんで~~!そんな私ってパソコン漬けの日々を送ってるように見られてる?
ちょっとショックです、それ。そもそもダンナにしても妹やNobuにしても、結婚前からの私の状況知っているわけですし、正直、独身の頃ほど使い倒してないと思っていたので。今は以前ほど時間も取れないので、どうしても空いた時間のすき間すき間で、ネットで情報を得る(要はネットサーフィンですね)してるのがせいぜいなのになぁ。

以前はウェブやったりして、エディタも使いつつ、HTMLも手書き修正したりしていたので、寝る時間以外はずっとモニタとにらめっこ、とかが当たり前だったのに。

そもそも手首イワす前に何か具合悪くなるとすれば、腱鞘炎だろーてな気もしてますし。

それを言えば、10代の頃なんて、そもそも10年以上ピアノも習ってたわけだし、肘から先は結構酷使していたと思うんだけどな…。

一体この手首の痛み(骨が浮いてるとかいう)、なんでこんなことになってるのやら。はてさて。

しかしもう週末なので、診察受けるにも週明け。土日はこのまま我慢だなぁ(´ヘ`;)。

腰の方は、牽引が効いたのか、ずいぶん楽に(´▽`) ホッ
リハビリの時教えてもらった体操みたいなのを時々やって伸ばしてみたり、地味~に気をつけてます。

週明け診察受けて、予約したMRIを受けて、それでも感触的にイマイチだったら、病院変えようっと…。
Theme: - Genre:

| Talk Nonsense | 23:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

I am wounded all over?!

うっわー、投稿滞ってます(焦)。
このところ、体調がすぐれないんですわ…(ドウシタモンカ)

去年の秋にもあまりに痛むから、病院に行ってきたのだけど、結局あまり効果もなく、だましだましで今まで来たら、やっぱり痛みが辛くって、ダンナに見つけてもらった整形外科に行ってきました。

ここんとこ、腰痛とはずっとお付き合いしているのだけど、なんとこの数日(1週間ぐらい?)、なぜか右手首も痛い。体重をかけたり、重いものを持ったりして力がかかると捻挫した時みたいにしくしく痛い。一体どういうことー!!

てなわけで、これも一緒に診てもらうことに。そうそうついでだし、もうかれこれ何年もの付き合いになっている左手首のガングリオンも取ってもらいましょう。

夕方1番の診察に間に合うようにトコトコ病院へ。
受付済ませて順番待ち。ひとまずレントゲン撮影から。手首も痛いって言ってあったから、今回は手もレントゲン。これは生まれて初めて。

さて私の番になりました。
出来上がったレントゲン写真では、やっぱり思ったとおり、骨自体は別に問題ないみたい。もう背骨のレントゲンは今まで何回も撮られてきたけど、「あー、はいはいここですねぇ。」みたく指摘されるような箇所は今までなかったし(それで安心しているわけではないけど)、最後に撮ったレントゲンは去年の10月で、さすがに半年強じゃ、劇症的に何かしら悪くなってるとも思えなかったので、これは予想どおりの見解。

しかしやはり整形外科の先生ですな。今回私の痛む箇所をあちこち触診して、

「MRIやります。」ですと。

うへぇ、MRIって、アレでしょ?大きな箱みたいな機械の中に、寝かされた状態の私をずるずるーっと滑り込ませていろいろ見るやつ。

大げさやなー(´ヘ`;)と一瞬思うも、MRIを受けたことはなかったし、これでもしかして原因がわかるかも?と思うと、即、検査日の予約を入れてもらうことに。

今回かかった病院ではその施設はないので、違う診療所に出向くことになって、ちとめんどい気もしないではないけど、こればっかりはしょうがない。健康には代えられないですな。

そばにいた看護婦さんがてきぱきと予約の段取りなどをして、注意事項を書いた用紙を渡してくれました。するとそこには、

刺青をしている方は、その箇所が火傷する場合があります

((;゚Д゚)ガクガクブルブル
そうそう思い出した、MRI検査って、皮膚下に故意に入れた色素に反応して、最悪の場合、そこの皮膚が爆ぜたりするって、どこかで読みましたわー。ま、今のところ、刺青だのその手の類は全くないので問題はないけど、やっぱり本当だったんですのぅ。ひょええ。

さて腰痛の方の診察が終わって、次は右手首。
手首をひょいと掴んで、先生はいろいろ押したりにぎにぎしたり、もみもみしたり。

すると、手首にコリっと出ている骨を指差して、「ここ、浮いて来てます、使いすぎですね。」

え、ええ!
どういうことですか、それは。ケロっとした顔で、「力のかかることはしないでください。」って言わはるけど、主婦してたらそんな悠長なこと言うてられへんねんつーの。あちゃー、敵んなー(´ヘ`;)。

結局一時しのぎとして、痛み止めを打ってもらうことになり、ぷちゅーっと注射されました。こういう関節の痛みの時に打つ注射って、これまた生まれて初めてなのだけど、これはなんか…すごい不思議な感覚。予防接種とか、部分麻酔の注射とは全く別物。まず痛い。痛い上に、じわーっと感じる妙な痺れ感。でも麻酔の注射とはやっぱり違う。痺れてくるのだけど、痛みが薄らぐことはなく。うわーん、気持ち悪いよー。

ふうっ、打ち終わりました(ヤレヤレ)。
打った箇所をテーピングしてもらって、「これから向こう1日は打ったところを濡らさないように。お風呂ももちろんだめ。家事とかでやむなく手首が濡れそうなら、手袋するなりしてください。」とのこと。

め、面倒なことに_| ̄|○
っちゅーか、お化粧どうやって落とすんすか。顔も洗うなってことなのね…。

さて、最後は長年の友(違)、ガングリオン。実害のない腫物なので、日頃気にならなければ放っておいていいものなのだけど、私の場合は左手首(手の甲側)で、腕時計をはめると当たって痛い。26歳ぐらいの頃、一度取ってもらったのだけど、またじわじわ大きくなってきていたし、ついでなのでお願いしました。

ガングリオンて、見た目、ちょっとした瘤、みたいな感じで、中身は何かっつーと、透明なゼリー状のものがたまっちゃうもので、初めてそれに気付いて、慌てて医者に行った時、その時の先生は、

「こんなのね、木槌(整形外科には脚気チェックなどで必ず置いてあるアイテム)でガーン!とどついてやればいいんですよ。」

って笑いながら言うから、「ひえええ、先生、冗談はやめて~。」と思ったけど、空の注射器を出してきて、ちゅーっと瘤の中身を吸い出して、ひゅるひゅる瘤がへっこんで元に戻ってはいおしまい。で、「なるほどー、ガングリオンはこうやって取るのか、それにしても怖い冗談言う先生だな。」的な認識だったのです。

ところが(-_-;)。
今回の先生はもっと原始的だったのです。

いきなり人の左手首を両手でぎゅっと掴んだかと思うと、

「ほれ出ろ~!ふんぎゅ~~~~~~!!」

唸り声を上げて、手動で瘤をつぶそうとしたのです(怖)。
私、自分で言うのもアレですが、結構『痛み耐性』ってやつ、ある方だと思うんです。そこそこ肉体的に痛みを感じても、割と歯を食いしばってられる方だとずっと思っていたのですが、これはたまりません。

んがががが!せ、先生、すすすすすんません、痛すぎます!!(涙)

思わず叫んでしまいました。それでもその手の力をゆるめない先生(恐怖)。

あまりの痛みに耐えかねて、「せ、先生、我慢できないです、注射で吸ってください!」と懇願しました。するとようやく、「しょうがないですねぇ。」と、ゴソゴソ注射器を出してくれました。

ところが!!
そんなの見たことないよってぐらい、針が太くて立派な注射器なのです。大げさに聞こえるかもしれませんが、畳針ぐらいありそうなのです。あまりの痛さに、その時はそれどころじゃありませんでしたが、改めて落ち着いて思い出すと、

馬用ですか?

って感じの立派さでした。しかし私の頭の中では、「これで注射程度の痛みで処置がおさまる。」とホッとしていたのでした。

またもやところが!!
ぶっちゅーっと針を瘤に突き刺したかと思うと(ここまでは予想圏内の痛み)、そばにいた看護婦に、

「はいそこ(針をさした箇所)をもみあげて!絞り上げて!」

言われたまま、指示通りに踏ん張る看護婦…。もうね、この年になって、痛さで涙が出るとは思いませんでした。いい年して、半泣きですよ、マジで(苦笑)。

あまりの痛さと恐ろしさに、処置してる患部を正視できませんでした。顔を背けたまま、「い、痛いいいいいいい!!!!」と、大の大人が涙交じりでわめき散らし、それでも先生は必死にその手を止めず、看護婦もその手をゆるめることなく処置は進められ、どうにか除去は終わりました(ヘロヘロ)。

ぐすぐす言いながら、「あ、ありがとうございます。」と言って、診察室を出ました。
しばらく待って、腰部の牽引をしてもらって、会計して帰宅。

うーん、ガングリオン除去ってこんなに痛いものだったの?
多分数年後、また瘤が出来てるだろうから、もういっそのこと切開してもらおうと思います…。

帰宅してからグーグルでいろいろ調べてみたけど、名前の語感のせいなのか?

宇宙戦隊ガングリオン

とか、

無敵戦隊ガングリオン

なんて速攻で出てきたのは一体(-_-;)
Theme: - Genre:

| Incidents | 19:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Korean BBQ

ほんとなら、今日、お休みのうちに徹底的にやってしまおう!と言い合っていた、お店の大掃除。でも昨日気合入れて頑張ってやり遂げたので、今日はまるまる予定が空きました(嬉)。

しかし昨日張り切りすぎたので、もう今日はゆっくり好きなだけ惰眠を貪って、その後、スタミナ補給?に焼肉でも食べに行くか~、ってことになりました。

いつもお願いしているヘアサロンのおにいさんもオススメという、木屋町某所にあるとある焼肉屋さん。ほほー、満席で順番待ち。かなりいい客の入り。これは期待できそう…。

お店の入り口に置いてあったボードに名前を書いて、しばし待ち、やっとお席ご案内!

店自体はごくごく普通の、普段着で行くような感じのラフな雰囲気。メニューを見て、いろいろオーダー。このお店のウリは、ホルモン。そう私、ホルモン大好きなのです。京都では、大阪ほどホルモンに強い焼肉屋さんはあまりないように思われますので、こういう店は貴重!

テッチャンとかウルテとか、あれこれ頼んで、いただきまーす。こういう時しか食べられない、レバ刺しもしっかりオーダー。おお!ここのレバ刺し、かなり美味しい。これはアタリかも。

いやー、食った飲んだ(ゲフ)。2人でお会計が1万超えてしまいました(ノ∀`)。
でもここのお店はリピート決定!ウリというだけあって、確かにホルモンはイケました。

その後、お風呂セットを持って、銭湯へ。今日したことって、食う、飲む、風呂ぐらいで、ほんとのんびりできました。来週の休みはどこかに出掛けるとするかな。
Theme: - Genre:

| Incidents | 20:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2005年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2005年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。